飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

夏と冬の飛距離差を比べると

2018/07/04 更新
真夏ゴルフは暑いですが楽しいですね。同じコースでラウンドをしていると夏と冬の自分の飛距離差を感じますね。やはり、夏の方が飛距離が出ているように感じます。

冬に比べて、ドライバーもアイアンも10ヤードから15ヤードくらいは飛んでいると思います。もともと、飛距離が出ないゴルファーですから、自分の飛距離に関して敏感なので、余計に飛距離差を感じているだけなのかもしれません。ただ、冬よりも飛ぶからといって、スコアが良くなるのかというと、そういうわけではありません。ですから、結局のところゴルフは飛距離じゃないということなのかもしれませんね。

夏と冬の飛距離差はどれくらい?

ただ、夏と冬の飛距離差がどれくらいあるのかというのうは、人によって異なるみたいです。20ヤード違うという人も居ますし、あまり変わらないという人も居ますし、ドライバーショットに関しては30ヤードくらい違うという人も居ます。ホームコースの先輩が言うには、夏と冬の飛距離差はあるのだろうけど、それを感じているのか、感じていないのかの違いだろうと言っていました。もともと飛ぶ人は、夏と冬の飛距離差はもっとあるだろうとのこと。

これは、私の夏と冬の飛距離差なのですが、概ねドライバーは15ヤード前後違います。夏の方が冬に比べて15ヤード程度は飛んでいると思います。アイアンに関しては2番手程違うと思います。ですから、やはり15ヤードから20ヤードは夏の方が飛んでいると思います。

夏でドライバーが飛ぶというのであれば、距離の長いPAR4ミドルホールでも、セカンドショットで持つクラブが冬よりは短くなりますから、少し気持ちを楽にしてゴルフが出来ます。また、冬のときはアイアンでグリーンまで届かなかったセカンドショットが、夏はアイアンで果敢に攻めていくことができるので、とても楽しいゴルフが出来ます。

夏と冬の飛距離差

  • 2番手くらい違う感じがする
  • 距離にすると10~20ヤード前後
  • 人によっては変わらないという声もある

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、夏は飛ぶ、冬は飛ばない、その理由
関連投稿記事
ベン・ホーガンから学ぶ、適切なゴルフグリップの握り方
views 404
更新:2018年07月22日 ベン・ホーガンから学ぶ、適切なゴルフグリップの握り方 グリップが緩むとミスショットしやすい グリップ...
ドライバー飛距離アップを目指すと悩みだすこと
views 279
ドライバーの飛距離アップを目指すと、色々な壁にぶち当たります。そして、解決ができないと、余計に悩んでしまって、迷走してしまうこともありますの...
ドライバーの苦手意識を克服する
views 303
ドライバーの苦手意識を克服する 目次 自信喪失が原因 練習場では打てるけど、ゴルフ場では打てない 苦手意識を克服する 技術向...
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離
views 148
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離 飛距離アップするために柔軟性が必要 ゴルフのストレッチと股関節の柔軟性 ゴルフのストレッチと肩甲骨...
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング
views 90
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング 下半身より手が使いやすいからゴルフで飛ばせない 下半身を鍛えておくことで、下半身から動かせ...
ゴルフスイングで力を入れる場所
views 202
更新:2018年07月23日 色々な打ち方、ゴルフ技術書を読んでみたけど、なかなか飛距離アップができない、手打ちになってしまう、ヘッドが加...
ベン・ホーガンの提唱するインパクトの形
views 197
フェースローテーション、アームローテーションは必要なのかどうかという話題は、昔ほど議論になることは、少なくなってきた感じがします。私は、ロー...
ゴルフスイングでクラブを加速させるタイミング
views 1315
ゴルフスイングでクラブを加速させることが出来れば、もうすこし飛距離が伸びるような気がしますので、クラブを加速させるタイミングや方法を追求中で...
前半が悪くて 後半は好調なゴルフ | 大波小波
views 283
前半が悪くて 後半は好調なゴルフ | 大波小波 調子が悪いと感じるゴルフ 前半が悪くても諦めない 前半が悪くて、後半は良いスコ...
1 2 3 4
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ