飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

パーを拾うグリーンの狙い方

最近、40パットが切れません。パット数が悪いということは、パッティングの精度が悪くなっているのかと思っていたのですが、グリーンを狙ったショットの精度が鈍っている感じがしました。というよりも、積極性が無いのかもしれません。

 

セカンドショットの狙い方

セカンドショットの狙い方というのは、ひとことで解説できるものではありません。理由としては、ゴルフコースそれぞれ個性があり、特長があり、その時の状況やピン位置などによって狙い方が異なってくるからです。また、ゴルファーによっても全く異なる考え方で狙ってくることもあるからです。

ここでは一般的なグリーン狙い方を紹介します。

グリーンセンター狙いが無難

ピンを狙わない方が良い?グリーンセンターを狙う方が良いとゴルフ技術書などでも紹介されているのを見かけます。これは、一理あります。セカンドショットはピンを狙わずにグリーンセンターを狙っておくと無難です。ピン位置というのは、グリーンセンターから左か右か手前か奥か、それらの何れかの要素が絡み合ってピン位置が決定されます。

となれば、初めからグリーンセンターを狙っておけば、意外とピンまで近かったりすることもあります。ピンを狙っていくことは悪いことではありませんが、狙いが外れたときに、バンカーに捉まったり、OBしてしまったりというリスクのことを考えることも必要です。

グリーンエッジを狙う方法

セカンドショットでグリーンを直接狙うと、ボールが転がってしまって、グリーンをこぼれてしまう。ならば、グリーンエッジを狙って、転がってもグリーン上にボールが残るように打つというのもアリです。最近のアイアンは低スピンで飛ばせるモデルが多く、実はグリーンにボールを止め難いアイアンもあります。ボールの転がる距離をイメージして、グリーンエッジを狙うのは効果的なマネジメントです。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

アプローチの狙い方

セカンドショットでグリーンを捉えることが難しい場合は、必ずと言って良いほどアプローチが必要となります。パーを拾うゴルフでは必須な技術です。アプローチで寄せるだけなのか、ピンを狙うのか、それはボールが置かれている状況などにもよります、まずはしっかりと寄せて1パットでカップインできる程度の距離まで寄せることを最優先に考えると良いです。

アプローチでピンを狙うと、身体が畏縮してしまってトップしてしまってオーバーしたり、ダフってしまうことがあります。

パーを拾うコツ

パーを拾うコツはセカンドショットの精度よりも考え方やアプローチ技術とパッティングセンスにあるように感じます。パーを拾うには寄せて1パットの寄せワンが必要です。1パットでカップインできるところまで寄せられるアプローチと入れパーをカップインさせられるパッティングのセンスが必要です。

セカンドショットでグリーンを捉えて、2パットしてパーをとるというレギュレーション通りのスコアメイクができれば、それは良いことです。頭の中ではレギュレーション通りのゴルフをシミュレーションしていたりもしますが、レギュレーション通りのゴルフをしようとしていることが最もリスクが高いというのがアマチュアゴルファーだったりもします。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

となると、グリーンを外してしまって寄せが必要になったり、グリーンを捉えたと思ってもボールが止まらずにグリーンをこぼれてしまったという状況から如何にスコアをまとめてパーを拾うのかというのがポイントとなります。

入ってパーがとれれば、バーディと同じくらいの価値があります。入ってボギーがとれれば、パーがとれた時と同じくらいの価値があります。そういった気持ちが良いスコアでゴルフができるコツです。レギュレーション通りにゴルフをしようとすることで大きくスコアを崩してしまうのが、100切りできないゴルファーの特長でもあります。これこそ考え方でスコアが変わると言われる点ですね。

 

グリーンを狙う時の考え方

以下は、私がラウンドで考えていることを少しまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

手前に池があるグリーンを狙うときの考え方

よく行くゴルフ場には、グリーン手前に池が配置されているホールがあり、けっこう苦手なホールです。ティーショットでボールをフェアウェイセンターに持ってくると、左手前に池、右側にバンカーが配置されています。グリーンは縦にも横にも大きいですグリーンは受けており、池に向かって傾斜してます。

セカンドショットは、グリーンセンターまで概ね140ヤードくらいが残ります。ピン位置がセンターからマイナスか、プラスかによって多少は狙う距離が異なってきますが、たったの140ヤードくらいが打てなくなることが多いです。

池が配置されるだけで、こんなに難しくなるんだなとゴルフコース設計の素晴らしさを感じたりしてますが。ウォーターハザードは嫌だし、だからといって右に逃げるバンカーがある。池を嫌がって大きく打つと、グリーン奥にいってしまって、返しが池に向かって寄せることになるので、ショートすることもあります。

 

距離のある砲台グリーンを狙う考え方

距離のあるPAR4ミドルホールのグリーンです。もともと距離があるので、グリーンまでの距離も大きく残ることが多いです。170ヤード~180ヤードくらいです。グリーンセンターまで、175ヤードくらい残ることが多く、いつもは7番ウッドで打ちます。グリーンは奥行きの無い横長の砲台グリーンです。

ウッドで狙って少しでも大きいとグリーン奥に行ってしまい、ピンまで距離が無いけどボールを上げなきゃいけないような難しいアプローチが残ります。このような場合、ウッドでスライスを打って狙えると良いです。フェードでボールを止める感じです。頭の中でイメージはできているものの、なかなか難しいです。

ならば、はじめからセカンドショットでグリーン手前にボールを置いてアプローチをした方が優しいこともあります。それもピンまで距離がとれるようにボールを運んで、ピンに向かって斜めにアプローチをするという考えもあります。

 

バンカーに囲まれた小さい砲台グリーン狙うアプローチショット

私がよく行く河川敷コースのグリーンです。とにかくグリーンが小さいことと、大きなバンカーに囲まれています。グリーンまでの距離は50ヤード~80ヤードくらいが残ることが多いのですが、けっこう難易度が高いです。ショートすれば手前のバンカー、引っ掛ければ左のバンカーにつかまります。イラストには描かれてないですが、グリーン奥にもバンカーがありますので、オーバーも危険です。

右側は堤防がありますので、堤防にぶつけてキックさせるという方法もありますが、他のゴルフ場では活かすことができないテクニックです。

 

セカンドショットの狙い方考える

本当はレギュレーション通りにゴルフができるのがベストですし、それができるように練習をしている訳です。ですが、レギュレーション通りにゴルフをしようとすることが、スコアを崩すこともあります。

PAR4ミドルホールであれば、2オン2パットでパー
PAR5ロングホールであれば、3オン2パットでバー

レギュレーション通りにゴルフができないからこそ、グリーンの狙い方を考え、ミスしたときのこともイメージしながら、次の手を準備しつつ、アプローチとパッティングというショートゲームを絡めながら、スコアメイクを目指すことができればと考えています。

日々、精進
がんばります

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン