飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アイアインショット の ボール位置

スポンサーリンク

アイアインショット の ボール位置を考えて、先日のラウンドでダフってばかりいたので、アイアンショットのスイング調整及び確認をしました。スイングそのものは悪くないとのことですが、ボールの位置が左足側過ぎる(左足かかと線上)とのこと。ボールの位置があまりにも左足側すぎると、すくい打ちのようになってしまいスライスが出やすいとのこと。気付いたこととしては、どうやらボールの位置を決めるのに、左足側 とか 左足かかと線上 とか 両足の真ん中 という言葉の意味を少し誤解していた私が居ました。アイアンショットのボールの位置を考えてみました

 

 

アイアンショットでボールの位置が左足側の場合

アイアンショットでボールの位置が左足側の場合。または、左足かかと線上のあたりにボールを置いてスタンスをした場合には、ボールの手前でダフリが出やすくなります。そして、トップも出やすくなります。併せて、スライスも出やすくなります。

もともと、アイアンショットというのはスイングをして円弧を描きます。その、円弧の最下点というのはアイアンのソールが芝生に接着します。

ですので、左足側過ぎる(左足かかと線上)位置にボールが置かれている場合には、円弧の最下点を迎えた後にゴルフクラブがボールにヒットすると言う形になりますので、ゴルフクラブがボールにヒットする前にスイングが終わってしまっているということが言えます。また、ゴルフクラブがボールにヒットする前に最下点を迎えているということは、ボールの手前でダフリやすくなる(ダフっている)ということです。

ボールの置く位置が左

 

アイアンショットの場合は芝生の上からショットをしますので、ボールを置くというよりは、スイングの円弧の最下点より少し前にボールの位置が来るようにスタンスをすることが良いです。

ボールの位置が左足かかと線上というのは、ドライバーであれば問題のない場所です。ドライバーは最下点を迎えた後にボールにヒットさせることを考えていますから。私は、いつの間にか全てのクラブが最下点を迎えた後にゴルフクラブがボールにヒットするようなボールの位置、スタンスをしていました。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

 

アイアンショットの適切なボールの位置

アイアンショットで適切なボールの位置を考えると、左足側が良いのか、左足かかと線上が良いのか、右足側が良いのか・・・と色々と考えてしまいます。この、ボールの位置を決定付ける言葉が色々な誤解を生んでいるように思います。私もいつの間にか勘違いをしていたようです。
 

適切なボールの位置

 
左足側とか真ん中とか右足側という表現ではなくて、アイアンショットをしようとしてスタンスをして軽く素振りをしてゴルフクラブが芝生に擦った位置の少し前にボールが置かれるようなスタンスを取ることが良いということに気付きました。

スイングの円弧が最下点を迎える前にゴルフクラブがボールにヒットをして、その後に最下点を迎える(ゴルフクラブが芝生に接着する)という形になります。これが出来れば、練習場でボールを打っていても良い音でのアイアンショットが出来ますので、気持ちが良いです。

そして、スイングの円弧が最下点を迎える前にゴルフクラブがボールにヒットして、その後にゴルフクラブが芝生に接着するというのは、ターフを取るスイングにもつながってきます。

結局、ゴルフというのは人に伝わる言葉、伝える言葉が難しくしているように感じます。ターフを取るスイング? ボールの位置は左足側? ボールの位置は真ん中? ダウンブローに打つなど・・・実は、どれも意識をしなくても、難しく考えなくても、適切なアドレス、適切なボールの位置でのスタンスが出来ていれば、容易であるということですね。

アイアンを打つときのボールの位置
クラブ最下点を考えて、左脚(左側)にボールを置くことで、アイアンクラブがボールにコンタクトしてから、芝生に触れます。ですから、自然とターフが取れる打ち方ができるのです。
ダウンブローで打つ、アイアン

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク  

 

アイアンでトップしてしまう場合

アイアンでトップして低空の弾道で飛び出していく場合は、ボールの置く位置が左側(左足)過ぎるということです。スイング最下点を過ぎてから、アイアンクラブがボールにヒットすることになりますし、ボールの置く位置によっては、アイアンクラブがボールに届かないということもあります。

ボールの置く位置が左側(左足)過ぎる弊害
アイアンクラブがボールに届かなくて、ボールの頭を叩いてしまうこともあります。トップボールとなる場合は、ボールの置く位置が左側過ぎる可能性があるので、チェックしてみてください。

 

 

アイアンでボールの手前でダフる場合

アイアンショットで、ボールの手前でダフってしまう場合もボールの置く位置が左側(左足)過ぎることが考えられます。アイアンクラブが芝生に触れてから、ボールにコンタクトすることになります。スイングの勢いが失われたあとにアイアンクラブがボールにコンタクトするので、ボールは飛びません。

また、ボールの手前でダフる場合は、腕にチカラが入っている場合もありますので、必ずしもボールの置く位置だけが原因であるとは言い切れません。

アイアンショットでダフリが出る、トップする、スライスが出るというのは、ボールの位置が悪いだけなのかもしれません。ボールをどの場所に置いてスタンスをするかという初歩的な動作が間違っていることで起きる大きなミスショット。

小さなことだからこそ気付かないうちに、おろそかになってしまっているのかもしれませんね。ボールの置く位置をチェックするだけで、ナイスショットの確率が高まることもあります。簡単なことですが、簡単ことほど忘れがちとなります。

アイアンでボールの手前でダフってしまう場合
ボールの置く位置が左足側(左側)に置かれている場合、ボールの手前が最下点となるので、ボールの手前でダフってしまうことが多くなる。また、アイアンのダフリはボールの置く位置だけではなく腕にチカラが入ってる場合もある。

 

日々、精進
がんばります

アイアン 他の記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン