飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーのテンプラを治す

更新:

ドライバーショット(ティーショット)でのテンプラを治す方法の紹介です。

 

ドライバーのテンプラとは

ドライバーショットのテンプラというのは、ボールが飛球線方向に飛ぶのではなく、真上に飛び上ってしまい、あまり距離が出ない弾道のことです。ボールが真上に飛んでしまうので、飛距離が100ヤードも飛ばないこともあります。

テンプラの特長

チカラいっぱい、フルスイングしたところ、ボールが上がってしまって、テンプラになってしまうことがあります。フルスイングなのに、テンプラで100ヤードくらいしか飛ばないという、寂しいドライバーショットになってしまいます。また、ボールが高く上がって、左方向に飛ぶこともあります。

テンプラの由縁

ボールがあがるということから、油であげるというテンプラに語呂が似ているので、駄洒落のようにテンプラと呼び出しというのが有力な説です。

 

ドライバーのテンプラの原因

テンプラの原因は、チカラが入っているので、ドライバーヘッドがボールの下を潜っていることが原因です。この原因が、もっとも多いです。ドライバーのフェース面の上部、またはフェース面とクラウン部分の繋目にボールがヒットしていることもあり、フェース面でボールを打ててない状態です。

スポンサーリンク  

テンプラの原因は、振り遅れの場合もある

身体の捻じれ戻りの回転よりも、ドライバーヘッドの動きが遅くなり、ボールにヒットする状態です。振り遅れると、どうしても手首のコックが、ボールの手前でほどけやすくなり、ドライバーヘッドがボールの下に潜ってしまい、テンプラになりやすくなります。この場合、しっかりと体重移動をして、ドライバーヘッドを加速させると良いです。

狭いホール、狭小ホールなどで、合わせて打とうとして、振り遅れてしまった結果としてテンプラになったというケースが多いです。

ボールのティーアップが高すぎる

テンプラの原因は、チカラが入っているので、ドライバーヘッドがボールの下を潜っていることが原因です。この原因が、もっとも多いです。ドライバーのフェース面の上部、またはフェース面とクラウン部分の繋目にボールがヒットしていることもあり、フェース面でボールを打ててない状態です。

原因は、ボールを直接打とうとしている

スイング軌道を考えずに、ドライバーショットでボールを直接打とうとすると、ドライバーヘッドがボールを下を潜ってしまって、テンプラになってしまうことがあります。ティーアップが高いというよりは、ボールを直接打とうとして、テンプラになってしまうというのが原因になっていることが多いです。

その際、腕にチカラが入ってしまって、ドライバーを上から押さえつけるような打ち方になっていると、ドライバーでダフってしまって、ボールの下にドライバーヘッドが潜り、ボールが左方向に飛ぶということもあります。この場合、超高弾道で左方向にボールが飛び、左OB確定となります。

スポンサーリンク
 

フェース面の真ん中で打つのが良い

以前、ディープフェースなドライバーの場合は、スイートエリアの少し上(有効打点エリア)で、ボールを打つと縦のギア効果が発生して低スピンなボールが打てるとされていました。スイートエリアの少し上で打とうとして失敗すると、テンプラになることもありますので、注意が必要です。

最近は、ドライバー自体が低スピンなボールを打ちやすいようになっていることと、フェース面のどこで打っても、強い反発がえられるようになっているので、あまり深く考えない方が良いです。

できれば、フェース面の真ん中、スイートエリアである芯で打つことができると、強い反発で飛ばすことができます。

右肩が突っ込むとテンプラしやすい

アドレスで右肩が出ている場合、スイング途中で右肩が突っ込みやすくなります。それだけではなく、右肩が下がりやすくなったりもします。すると、ドライバーヘッドが無駄に下がってしまって、ボールの下に潜ってしまい、テンプラとなることもあります。

 

ドライバーのテンプラを直す

ボールのティーアップの高さを適切にします。そして、もっとも重要なのが、ボールを直接打たないことです。そして、スイングをしたときにスイング軌道の最下点を過ぎてから、ドライバーヘッドがボールにヒットするというイメージを持つことです。

ボールよりも少し手前にスイング最下点があるというイメージを持ちます。スイング最下点を通り過ぎて、ドライバーヘッドが上に向かっていくときにボールにヒットするというイメージで打つと良いです。そうすることで、自然とアッパーブローで打つことができます。最近のドライバーは、低スピンが打ちやすい構造となっていますので、わざとアッパーブローで打ち、打ち出し角度を高くした方が良いとも言われています。無理してボールを上げるような打ち方をする必要はありませんが、イメージとしては、最下点を過ぎてから、ドライバーヘッドがボールにヒットするという感じです。

また、ヘッドが効いているドライバー、ハンマーバランスなドライバーの場合、スイング最下点で引っ張られ過ぎて、ボールの下を潜ってしまうこともあります。

日々、精進
がんばります

関連記事

関連記事

ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン