飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

固定概念に惑わされないゴルフ ダウンブローで打つドライバー

平均的なアマチュアゴルファーの場合には ドライバーショットのミスが それ以後のショットを左右する・・・と中部銀次郎さんは書籍で書いています。その意味、良く判ります。最初に打つショット、ティーショットが悪ければ、その後のショットも悪くなってしまうことがありますから。

ドライバーのダウンブローというのは、つまるところドライバーショットのときのスイング最下点のことであり、ドライバーとアイアンでは、最下点が異なるのですが、それは打ち方を変えるのではなく、ボールの置く位置が変わるだけなのです。

スポンサーリンク
 

 

 

 

ボールの置く位置とスイング軌道

ドライバーショットでボールの位置を左足の爪先あたりにボールを置いている場合。左足踵よりも少し左側にボールが置いてある場合。飛ばしたいという気持ちから、クラブヘッドがヒッティングエリアを過ぎる辺りから急激にインサイドに引かれる。このボールの位置とクラブの軌道からすると、思いっきりフックが発生する。

ボールの位置が左足爪先あたりに置いてあるということは、クラブを低く長く前方へ出していかなければ、きれいにクラブがボールを捉えることが出来ない。ただ、ドライバーはアッパーブローで打つという固定概念があるからなのか、ボールの位置に関係なくアッパーブローで打とうとしてしまうことがミスショットを誘発させることになってしまう。

 
ボールを置く位置が極端に左側、左足の爪先辺りの場合には、擦り玉も出やすい。つまり、クラブを低く長く前方へ出すことが出来ずに、クラブがボールを擦ってしまう。そうなると、スライスも発生しやすくなる。

スポンサーリンク
 

クラブヘッドがヒッティングエリアを過ぎる辺りから急激にインサイドに引かれてしまうというのは真上から見た図だとわかりやすいです。明らかにフックが出やすい軌道となります。 またはボールを擦ってしまってスライスになってしまいます。 下の図参照。

 

ドライバーとアイアンの最下点
ドライバーとアイアンの最下点の違いをさらに詳しく説明してます。
ドライバーだけ当たらない・・・その処方は

 

 

ダウンブローで打つドライバー

ドライバーショットはアッパーブローで打つという意味としては、ボールの置いてある位置よりも手前にクラブ軌道の最下点があり、最下点を過ぎてから、クラブが上方へ上がり戻る時にボールにヒットをする。だからアッパーブローになる。

ボールの位置が左足爪先あたり、極端な左側に置かれている場合には、クラブ軌道の最下点をボールの手前ではなく、ボールの先に最下点があると考えてスイングをすると良いとのこと。つまり、ドライバーでもダウンブローで打つということです。

これは、中部銀次郎さんの書籍に書かれていた内容です。

スポンサーリンク
 

ドライバーショットでダウンブローというのは、有り得ないと思ってしまいますが、ボールの位置、スイング軌道の最下点位置、クラブの軌道を考えるとダウンブローで打ったほうがミスが軽減されることもあります。

つまり、適切なボールの位置、適切なクラブ軌道による最下点の位置を整えることができれば、自然とアッパーブローが打てるようになるということです。ですので、ドライバーショット時のボールの位置は左足踵先上に置くか、それよりも少し内側(右側)に入れても良いと中部銀次郎さんは書いています。

ドライバーはアッパーブローで打つという固定概念が、いつの間にかボールの置く位置、クラブ軌道と最下点の位置を狂わせてしまったのだと思います。

 

 

解説書は2次元

いつも自分でスイングの図などを描いていて思ったのですが、ゴルフスイング理論書などを手にすると、解説するためのイラストなどが書かれていることがあります。ですが、殆どが2次元での表現となっています。ゴルフスイングは立体的です。解説図を見ることで、勘違いをしてしまうこともあるようです。上から見た図、横から見た図などもあると、本当は誤解が少なくなるように思います。

私が作成した図も2次元なのですが、表現をするのが困難です。だから、スイングの軌道などの誤解が生まれてしまうのかもしれないと思いました。

 

 

石川遼のアッパーブローとクラブ軌道

石川遼選手もリスペクトという番組に出演をしているときには、ドライバーでの弾道の高低差をコントロールするには、ボールの位置を変えるだけ、スイング軌道、最下点は一切変えないと言っていました。ボールを左足踵先上に置くことで、アッパーブローで打つことができるので、高い弾道が打てる。左足踵先上よりも右側にボールを置くことで、緩やかなアッパーブロー(レベル)でボールを打つことができるので低い弾道を打つことができるというようなことを説明をしていました。

置かれたボールを美しく打つには、美しいスイング軌道と適正な最下点が必要ということですね。

アッパーブローで打つとか、ダウンブローで打つとか、そういった言葉に惑わされる前に、適正なゴルフスイングで適切なスイング軌道を生み出せるようになる方が先決ということですね。そのために、スイングづくりの練習をしているはずです。

固定概念とは恐ろしいものです。

深い意味を知っていなくても、鵜呑みにしてしまいます。
鵜呑みにしてしまう浅はかさ、知識の少なさ故の過ちかもしれません。

ドライバーだけ当たらない・・・その処方は という記事では、アイアンとドライバーのスイング軌道の違いのイメージ図を入れてありますので、併せて読んでいただければ、ナイスショットの参考になるかもしれません。

 

日々、精進
がんばります

ドライバーの練習、打ち方 他の記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン