飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】

ヘッドアップすると、ミスショットが増えてしまいます。スライスしたり、トップしたり、スイング軸がブレてしまったりすることもあります。ヘッドアップすると何がいけないのか、ヘッドアップを修正する方法をまとめました。

 

スポンサーリンク
 
 
 

ヘッドアップすると何がダメなの?

ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というのも、最近はドライバーでスライスが多発しているので、その原因を探っていくと、ヘッドアップしているということに気付きました。

ゴルフというスポーツは本当に奥が深いですね。

以前に身体が浮いているということをキャディさんに教えてもらったことがあり、身体が浮くということは、どういうことなのかを自分で研究をして、身体が浮くということを修正していたりしていたのですが、また同じような症状が出ているように感じます。

つまり、私の場合はスライスが出始めると、身体が浮いている・・・ヘッドアップということなのだと思います。身体が勝手に動くというよりは、頭が動く、顔を飛球線へ向けるから、その動きにつられて自然と身体も起き上がってくるのだろうと思います。なので、ボールを見ていないというか・・・アドレス時につくった前傾姿勢が完全に崩れてしまっているという言い方も出来ますね。

スポンサーリンク
 

飛ばしたいという気持ちから、トップスイングをつくって、ダウンスイングが始まった瞬間に顔は飛球線を向き始めているという感じでしょうか。顔が飛球線を向けば自然と身体が開く状態になりますから、スライスして当たり前ですね。併せて、飛ばしたいという気持ちが強いからか、腕が先走っているようにも感じます。

 

 

壁に頭をつけてスイング

中部銀次郎さんの書籍には自分が頭が動いているのか、どうかを確認するための練習スイングとして、頭を壁につけてスイングをするということが書かれています。クラブは持たずに、素振りをする感じで、頭を壁につけてスイングをすると、頭が壁にぶつかる。それは、頭が動いているということ。そして、頭は前後にも左右にも動くということが書かれています。

言葉は難しいと感じさせる面があり、頭が動くということと顔が動く(顔の向きが変わる)というのは意味が全く違いますので、注意しなければいけませんね。

私の場合は頭が後ろに移動する感じがします。そして、飛球線を早く見ようとしてしまいます。頭が残っていないということになりますね。

ジャック・ニクラスはコーチにスイング中は頭を絶対に動かしてはいけないと言われて、髪の毛を掴まれてスイングの練習をしていたとも言います。

イ・ボミちゃんも頭が動かないように(軸がブレないように)心掛けてスイングをしているというようなことを、動画のなかでも言っておりました。

 

 

頭の動き方と色々な弊害

頭が動くことで色々な弊害が発生することが判ってきました。実は頭だけが動いているのではなくて、頭が動くことで身体の部位もつられて動いてしまっていることが判ってきました。これは、人間の部位のなかでも頭は重量があり、重量のある頭を支えるための動作が入ってしまうようです。

スポンサーリンク
 

頭が動くと、どのような状態になるのか個人的にいろいろと調べてみました。あくまでも私見となりますし、個人差もあると思いますので、ご注意ください。

(1) 頭が後ろへ動く場合

頭が後ろへ動く場合は、腰(お尻)が前に出てしまうようなアドレス(姿勢)になっていることが多いです。というよりも頭が後ろへいくということは、バランスを保つために下半身の重心位置を前に出さなければバランスが取れなくなるからでしょうね。前傾姿勢とは逆の後傾姿勢になります。椅子に座って背もたれに、もたれかかっているような姿勢ですね。

ゴルフスイングでは弱々しい球しか打てなくなってしまいます。低くて左に弱々しく飛び出したりします。

 

 

(2) 頭が前へ動く場合

頭が前へ動く場合は、前傾姿勢が深くなりすぎます。アドレス(姿勢)でつくった前傾姿勢よりも深い前傾姿勢になってしまいます。前のめり過ぎるということです。椅子に座って背もたれをつかわずに、前のめりになっているような姿勢に近いですね。

ゴルフスイングでは前のめりになりすぎて、懐が窮屈な状態となってしまいます。ダフったりすることもあります。

 

 

(3) 頭が右へ動く場合

頭が右へ動く場合は、右肩が下がっていることが多いです。器用に首から上の頭だけを右に傾けることが出来るという人は少ないのではないかと思います。そして、右肩が下がると言うことは右側の肩甲骨も下がるということになります。また、重量のある頭が右側に来ますので、左半身に重心を移動させようとしてバランスと保とうという動作が入ってしまいます。

ゴルフスイングではボールの手前でダフったりしてしまいます。また、頭が右に置かれたままになってしまいますので、アッパーカットになり、擦り玉が多くなります。

 

 

(4) 頭が左へ動く場合

頭が左へ動く場合は、左肩が下がっていることが多いです。頭が右に動いている場合と間逆となります。頭が左へ動いているということは、左肩が下がり、左の肩甲骨も下がっている状態となります。

ゴルフスイングでは、突込みが増えてしまいます。テンプラなども出やすくなってしまいます。私の場合はアイアンではシャンクなども発生してしまいます。

※頭の動きによる発生する症状は人それぞれ異なってきますので、上述したことが必ず適切だとは言えません。自分でやってみて気付いたこと、感じたことなどをまとめています。

 

 

頭を動かさない軸を意識したショット まとめ

頭が動く、軸を意識するということは、ゴルフスイングという動作のなかでは、とても大切なことです。中部銀次郎さんが壁に頭を付けてスイングの練習をするというのは、頭がどれだけ動いているのかのチェックであり、スイング中に頭が動いていないと思っていても、本当は動いているということを自分で自分に強制的に知らしめるための荒治療的な方法なのかもしれないですね。

人間の身体は重い頭を支えるために、自然とバランスを保つための動作が入るということが判ってきました。これは、さらに追求していくと二足歩行が出来る人間であるからこその動作だとも言えます。頭が動いているということは、身体の他の部位も頭を支えるために動いてしまっているということになります。動いてしまうというか、重量のある頭を支えるために身体の他の部位が全体のバランスを保っているということです。

ですので、腰を動かすとか、腰を回転させるとか、足を使うということも大切ですが、自分の頭の位置がどこにあるのか、頭の向きがどのようになっているのかを知っておかなければ、スイングの軸が大きくブレてしまうことになります。

真っ直ぐに美しい弾道を打つには、美しい姿勢を保つことが大切です。つまり、美しいアドレスからしか、美しい弾道は打てないということになりますね。

 

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン