飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフ ヘッドアップの意味、予防方法 | アニカ・ソレンスタムのルックアップ

スポンサーリンク

練習をしていて気付いたことがあります。ドライバー、アイアン、ウッド・・・どんなクラブでもボールを見続けていなくても真っ直ぐ飛ぶことがあるということに気付きました。アニカ・ソレンスタムのスイング参考にすると、ヘッドアップ、ルックアップ打法のメリットが見えてきますので、紹介します。

打ち急ぐとヘッドアップする

つまり、急ぎうちで ついつい速くスイングをしてしまい、インパクトの瞬間を見ていないというか、打った瞬間に顔が飛球線を向いているという感じです。昔はボールを見ろ、頭を動かすな、頭を上がるなと言われて練習をしてきた時期がありました。ゴルフを始めた頃はボールを見るように言われて、頭を動かさないようにと習いました。

頭を残すとか顔を残すという言葉で表現されることもあります。スイングが終わるまで、ずっとボールを見続けることなんて出来ませんし、頭が動かないようにすることは難しいです。ただ、軸をブレさせないようにするために、そういった言葉を使ったのだろうと思います。

ただ、顔は動いても良いのではないだろうかと思っています。だんだん、ボールを打つということに慣れてくるとわかってくることなのですが、頭を動かさない、顔を残すという意味が少しだけですがわかってきます。

たしかに、頭を動かさないというのはスイングの軸をブレさせないということに繋がると思います。頭が左右に動いたり、前後に動いたりすれば、自然と身体も左右前後に動いてしまいますから、スイング軸もブレてしまいます。

ですから、頭を動かさないためにボールを見るという言葉で説明をするのだろうと思います。たしかに、ボールを見ていれば頭を動かさないようにすることが出来ます。ただ、ボールを見続けて、頭を残し続けると、けっこう首に負担が掛かります。

 

次のページは、ゴルフ ヘッドアップの意味
1 2 3
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン