飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アドレスの前傾姿勢でミスショットを防ぐ

ドライバーは打てるけど、アイアンが打てないという場合、アドレスを修正するだけで打てるようになることもあります。ドライバーとアイアンのアドレス時の前傾が大切です。アドレス時の前傾姿勢に関して紹介します。

 

ゴルフスイングは前傾姿勢で決まる

ゴルフスイングでナイスショットできるかどうかというのは、前傾姿勢がキープできているかどうかで決まります。アドレスをして、前傾姿勢が適切じゃない場合、どんな打ち方をしてもミスショットしてしまいます。

前傾姿勢とは、つまるところライ角のことです。

ゴルフクラブに合わせた、前傾姿勢でアドレスをして、適切なライ角維持をすることが重要です。

スポンサーリンク

適切な前傾姿勢とは

適切な前傾姿勢は、背骨とゴルフクラブの延長線が交差した時に直角に近い状態になっていることが望ましいです。きっちり直角(90度)にすることは、なかなか難しいと思いますが、背骨(軸)とゴルフクラブの延長線を意識することで、適切な前傾姿勢でアドレスをすることができます。これこそが、正しいアドレスと言えます。

 

ドライバーショットのアドレスと前傾姿勢

ドライバーは、ゴルフクラブの中でも長いクラブですから、前傾姿勢が浅くなります。緩やかな前傾姿勢となります。無理して前傾姿勢を強く入れる必要はありません。

前傾姿勢が緩やか(前傾姿勢が浅い)場合、身体への負担も少ないです。なので、ゴルフクラブの中でドライバーが最も優しく打てるとも言えます。また、ゴルフボールはティーアップされているので、ダフる可能性も低くなります。

 

アイアンショットのアドレスと前傾姿勢

アイアンクラブは、ドライバーに比べて短いクラブですから、前傾姿勢が深くなります。深い前傾姿勢となります。無理して、前傾姿勢を深くする必要はありません。

アイアンショットの場合、ドライバーよりもアイアンクラブは短いので、前傾姿勢が深くなります。この前傾姿勢が保てるか、我慢できるかが、ナイスショットに影響をしてきます。

スポンサーリンク

ドライバーとアイアンの前傾姿勢を比較する

持つクラブが変わっても打ち方は同じだと言われることが多いです。ですが、打ち方は変わらなくても、前傾姿勢は変わります。クラブが長くなったり、短くなったりすれば、自然と前傾姿勢に違いがあらわれます。

 

アイアンでミスショットが多い場合

アイアンショットでミスする場合、実はドライバーと同じようなアドレスで緩やかな前傾姿勢になっていることが多いです。アイアンでミスショットが多い場合、アドレス時の前傾姿勢を意識してみると良いです。ドライバーを打つときのように前傾が緩やかで、前傾が浅くなっている人は意外と多いです。まるで棒立ちのようになっていることもあります。このような場合、適切な円弧でスイングをすることが難しくなり、スライスが多くなることがあります。また、身体が伸び上がってしまってトップしてしまったり、アイアンクラブが加速せずに当たり負けしてしまうこともあります。

ショートアイアンでトップ

グリーンまで残り90~100ヤードという感じで、ショートアイアンやウェッジを使う場面というのは、けっこう多いです。そして、ベタピンにつけやすい距離でもあります。だけど、そういった時に限ってトップしてしまうことがあります。ショートアイアンやウェッジでトップする場合、前傾姿勢が浅くなっており、身体が伸びやすくなっています。

 

クラブが短いウェッジが最も難しい

持つクラブが短ければ前傾姿勢は深くなります。ですから、ウェッジなどの短いクラブは、前傾姿勢をしっかりとキープしなければいけないので、実は難しいクラブだったりもします。ゴルフ練習場で、はじめはウォーミングアップでウェッジから打つこともありますが、いきなり前傾姿勢の深い、身体に負担の掛かる短いクラブから練習をしていることになります。はじめは、7番アイアン、6番アイアン、または7番ウッドなど、ある程度の長さのあるゴルフクラブから振っていくと、前傾姿勢をキープするためのウォーミングアップになります。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン