飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーが右に飛ぶ・真横に飛ぶのを修正する

ドライバーが右方向の真横に飛んでしまうというのを修正する方法を紹介します。
これは、初心者ゴルファーにありがちな打ち方となります。

勘違いというか、打ち方を修正することが必要となります。

 

ボールを直接、打とうとすると真横に飛ぶ

ドライバーショットでボールが右方向、真横に飛ぶというゴルファーの場合、打ち方が完全に間違っていることが殆どです。
ドライバークラブが悪い訳ではありません。

初心者ゴルファーにありがちな打ち方となりますが、ゴルフスイングというよりは、ゴルフクラブを腕のチカラだけで振っている状態となっています。

スポンサーリンク

この場合、ゴルフクラブを握っている(持っている)手元にチカラが加わっており、手元を意識して振っていることが多いです。また、右利きのゴルファーの場合、右手にチカラを入れて振ろうとします。そして、ドライバーヘッドをゴルフボールに直接、ぶつけようとすると、フェース面は殆ど開いた状態で右を向いたままでゴルフボールにヒットするので、ゴルフボールが右方向、真横に飛ぶということになります。

バンカーショットをドライバーで打つ感じ

ボールが右方向・真横に飛ぶという場合、打ち方としては、バンカーショットで有効的な打ち方を、ドライバーでやってるという感じでしょうか。フェースを開くようにボール対して、カット打ちをしている状態となります。

スポンサーリンク

バンカーショットの場合、フェースを開く角度だけ身体を開いて、オープンスタンスにしますから、ボールは真っ直ぐ飛んでいるように見えますが、実は右に飛んでます。スタンス向きとゴルフクラブを入れるスイング軌道を左方向に向けて、ボールの飛び先は右方向にするということです。

ドライバーが真横に飛ぶ原因の図解

ドライバーで真横に飛ぶのは、カット打ちでフェースが開いているからです。この打ち方はバンカーショットと同じです。スタンスを開いてウェッジで同じように打つことができればロブ気味な打ち方ができます。

バンカーショットの図解

バンカー脱出できるのは、カット打ちでフェースを開いて打つからです。スタンスを開いてカットに打っているので、実はボールが右方向に飛び出しているけどスタンスを開いているので、方向が調整されます。

この、原理が理解できると、ドライバーショットでボールが右方向・真横に飛ぶ原因も理解できるようになります。

まずは、ドライバーショットでどうしてボールが右方向・真横に飛ぶのかという原理と原因をメカニズムを知ることができれば、修正しやすくなります。理解できてない状態の場合、闇雲に打とうとしてしまいますので、余計に変なスイングになってしまいます。

上手く打てたと思っても左に飛ぶ

うまく打てた!当たりが良かった!と思っても、ボールが右方向の真横に飛ばなくても、今度はボールが左に飛ぶという場合もあります。これもボールを直接打とうとして、フェース面でうまいことボールをヒットさせられると、ボールが左方向に飛び出します。そして、左OBまっしぐらとなります。

 

ゴルフスイングは円弧をイメージする

基本的にゴルフスイングは、円弧のイメージとなり、円運動です。ゴルフクラブのヘッドで円を描くイメージを持ちながら、スイングすると良いです。上述したような、ゴルフボールが右方向・真横に飛ぶという場合、スイングが円弧のイメージではなく、1点集中型となっています。つまり、ゴルフボールという小さな対象物に、ドライバーヘッドを衝突させようとしています。

円弧のイメージというのは、ドライバーヘッドが円を描くように移動する途中にゴルフボールが置いてあり、ドライバーヘッドとゴルフボールが衝突して、ゴルフボールを飛ばせるというイメージとなります。

1点集中型と円運動のイメージの違いが判りますでしょうか?

 

ドライバーヘッドの重さを感じて振る

飛ばそうと思ってドライバーを振るのではなくて、ドライバーヘッドの重さを感じて、ドライバーヘッドが自然と落下して、ゴルフボールに衝突して、そのまま振り抜いていくイメージを持つことが大切です。この場合、回転軸となるのは手元側となりますが、チカラが加わっているのはドライバーヘッド側となります。

手で打つのではないのですが、手元を回転軸として、ドライバーヘッドが回転するイメージが掴めると、スイングが円弧であるというイメージも掴みやすくなります。ドライバーヘッドの重さを感じて振るには、腕のチカラを抜く、腕にチカラを入れないと言われることがあります。腕にチカラが入っていると、スイングにブレーキをかけてしまうことになるからです。

ドライバーヘッドの重さを感じるには、チカラを抜いて、脱力して、緩い感じにすると振りやすくなります。無駄なチカラを抜くことで、ヘッドスピードも速くなります。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン