ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

グリーンに止めることができないアイアンショット

 

グリーンに止めることができないアイアンショット

グリーンを狙ったアイアンショットの難しさを感じています。最近、グリーンをミドルアイアンで狙える距離を練習という意味を含めて、何度かラウンド中に果敢にトライをしました。ボールがグリーンに落ちたのは視認できます。グリーンへ行ってみるとボールが無い。グリーンからこぼれている・・・結局は寄せて2パットということになってしまいます。ミドルアイアンを使ってボールをグリーンに止めるというのは、かなり難しいです。

ミドルアイアンでボールをグリーンに止められない理由としては、止まるボールを打ててないということになります。グリーンにボールを止めるためにアイアンショットはフェードで打った方が良いとか言う人も居ます。

グリーンに止められるボール(弾道)

  • 高い弾道
  • バックスピン量が多い
  • ランを出さずに落とす

この様に言葉で表現するのは簡単なんですけどね。色々と考えると、ボールを止めるアイアンショットというのは、弾道が違いますからね。

 

弾道の違い

グリーンでボールを止めるアイアンショットは弾道が違います。下の図のようになると思います。私はどちらかというと、黄色い線で描かれた放物線になっていると思います。ですから、ボールがグリーン上に落ちても、止まらずに転がってしまいます。

グリーンでボールを止めるアイアンショット
スポンサーリンク

ミドルアイアンでボールをグリーンに止められないのは、打ち方の問題もあるとは思いますが、私の場合はそもそもパワー不足のように思います。パワーが無いからヘッドスピードが遅い、打ち込めないから、バックスピン量が少なくてボールも上がらない,
そしてグリーンでボールが止まらないということになります。

高弾道が打てない

ボールがグリーン上で止まらずに、転がっていくとグリーン奥にバンカーが待ち構えていたりもしますし、自分がイメージしていないところにボールが行ってしまうのが、とても嫌だなと感じます。イメージしていない所にボールが転がっていくと、とんでもないライだったりすることがあったりしますので、余計に難しいゴルフになってしまうこともあります。グリーン脇の凹みにボールが捉まったり、芝生が枯れてしまっているような所だったり、排水溝だったり。ならば、最初から3打目勝負の方が自分が思った場所にボールを運んでいけるので、気持ちが楽だったりします。

 

グリーンに止められないとスコアが悪くなる

ボールをグリーン上に止められなければ、難しいアプローチショットが必要となります。アプローチは難しいので、ミスしやすいですし、スコアを崩しやすいです。つまり、グリーン上にボールを止められなければ、難しいアプローチを求められ、ミスしやすくなり、スコアがまとまり難いということになります。

最近のアイアンは低重心で低スピンで高弾道が打てるような設計になっていますので、高い弾道が打てないとグリーンにボールを止めることが難しいそうです。低スピンですから、止め難いのです。

 

使ってるアイアンは止まらない?

あまりにも止められない場合、使ってるアイアンがそもそもボールを止められないアイアンである可能性が高いです。たとえば、飛距離を追及した飛び系アイアンを使用してる場合、もともと低スピンで高弾道が打ちやすいので、ボールを止め難いです。飛び系アイアンではなくて、フォージドアイアン(鍛造アイアン)を使うことで、グリーンに止めやすくなります。

あまりにもボールが止められない場合、使ってるアイアンを疑ってみるのも良いです。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン