飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

グリーンに止めることができないアイアンショット

グリーンを狙ったアイアンショットの難しさを感じています。最近、グリーンをミドルアイアンで狙える距離を練習という意味を含めて、何度かラウンド中に果敢にトライをしました。ボールがグリーンに落ちたのは視認できます。グリーンへ行ってみるとボールが無い。グリーンからこぼれている・・・結局は寄せて2パットということになってしまいます。ミドルアイアンを使ってボールをグリーンに止めるというのは、かなり難しいです。

スポンサーリンク
 

ミドルアイアンでボールをグリーンに止められない理由としては、止まるボールを打ててないということになります。グリーンにボールを止めるためにアイアンショットはフェードで打った方が良いとか言う人も居ますが、そんな技術はありません。

では、グリーンでボールを止めるボールというのは・・・

  • 高い弾道
  • バックスピン量が多い
  • ランを出さずに落とす

・・・という様に言葉で表現するのは簡単なんですけどね。色々と考えると、ボールを止めるアイアンショットというのは、弾道が違いますからね。

弾道の違い

グリーンでボールを止めるアイアンショットは弾道が違います。下の図のようになると思います。私はどちらかというと、黄色い線で描かれた放物線になっていると思います。ですから、ボールがグリーン上に落ちても、止まらずに転がってしまいます。

グリーンでボールを止めるアイアンショット

ミドルアイアンでボールをグリーンに止められないのは、打ち方の問題もあるとは思いますが、私の場合はそもそもパワー不足のように思います。パワーが無いからヘッドスピードが遅い・・・打ち込めないから、バックスピン量が少なくてボールも上がらない・・・そしてグリーンでボールが止まらないということになります。

スポンサーリンク
 

ボールがグリーン上で止まらずに、転がっていくとグリーン奥にバンカーが待ち構えていたりもしますし、自分がイメージしていないところにボールが行ってしまうのが、とても嫌だなと感じます。イメージしていない所にボールが転がっていくと、とんでもないライだったりすることがあったりしますので、余計に難しいゴルフになってしまうこともあります。グリーン脇の凹みにボールが捉まったり、芝生が枯れてしまっているような所だったり、排水溝だったり・・・。ならば、最初から3打目勝負の方が自分が思った場所にボールを運んでいけるので、気持ちが楽だったりします。

グリーンに止められないということが当たり前?

ミドルアイアンで果敢にグリーンを狙っても結局は、ボールがグリーンをこぼれていて・・・そして寄せて・・・ということになってしまいます。もっとグリーンにボールを止めることが出来ればなと考えています。

ボールをグリーン上で止めることが出来なければ、ボールが着地してから、どれくらい転がるのかを見極めておけば、少し手前を狙えば良いという考えになるのですが、なかなか難しいですし、そんな器用なことが出来るのかどうかというところが問題ですね。

最近のアイアンは低重心で低スピンで高弾道が打てるような設計になっていますので、高い弾道が打てないとグリーンにボールを止めることが難しいそうです。低スピンですから、止め難いのです。

しかも、面白い現象がありました。150ヤード前後はアイアンで打っていけるのですが、170ヤードとか180ヤードという距離になると、さすがにアイアンでは無理ですし、届くこともありません。ということから、フェアウェイウッドの出番となるのですが、フェアウェイウッドでグリーンを狙った方がボールが止まりやすいんですよね。きっと、ウッドの方がボールが高く上がるからというのが理由なんだと思います。

ショートアイアンなどであれば、自然とボールは高く上がってくれますので、その影響で止まってくれることが多いです。ですが、それでも少し転がってしまいますから困ったものです。

夏になりラフが気になる季節になってきました。フェアウェイの芝生は育ってくれて、アイアンも打ちやすいなと思うこともありますが、やはり芝生の上から打つのは難しいですね。本当にミリ単位の動作が必要なんだと思います。

日々、精進
がんばります

アイアン 他の記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学