飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アイアンでターフとる? ダウンブロー

芝生の上からのアイアンショットでは、ターフを取るように、上から打ち込むように、ボールを潰すように打つなど聞いたことがあります。ターフを取るショットは、とても難しいです。

スポンサーリンク
 

そして、最近のアイアンクラブはソールが広くて、滑りやすくなっていますので、そのアイアンクラブの特質を活かしたショットをすることが大切であり、ターフを取るということはショットの精度というよりも、ショットの結果です。

 

ターフが取れる打ち方 / ダウンブロー

アイアンでターフを取るとか、ターフが取れないとか色々と考えている人もいるかもしれませんし、何故ターフが取れないのか悩んでいる人も居るかもしれません。私も少し前までは、とても悩んでいました。ボールを潰すような感じで打つとか言われたこともありましたが、とても難しかったです。

たしかにダウンブローで打つことで、強烈なスピンをかけられますし、グリーンではボールをぴたっと止めるようなショットを打つことが出来たりもします。

私はターフが取れても取れなくても何も気にしません。その、理由は簡単です。ターフが取れるようなアイアンショットは私には難しいからです。難しいことをしても意味が無い・・・それだけです。難しいことをしようという気がありません。というよりも、ダウンブローに打ってターフを取るとか考えていません。アイアンは払い打ちにして、ターフはあまり取らない(取れない)ような打ち方をしています。

ターフが取れるようなショットが出来ないから、簡単なショットに逃げているだけかと思われるかもしれません。でも、もともとゴルフというスポーツは難しいのですから、出来る限り簡単にしたいという考えもあります。

スポンサーリンク
 

ターフを取らない打ち方

これは、レッスンの先生から教えてもらったのですが、アイアンは払い打ちにして、アイアンのソールが芝生に触れるか、どうか位の方が良いとのことです。今は、それを実践していますが、なかなか難しいです。クリーンにアイアンのフェイス面でボールを拾い上げるようなイメージです。このショットが出来るようになれば、枯れ芝でもバンカーからでもアイアンが打てるようになります。

アイアンショットの目的はターフを取ることではなく、狙ったところにボールを運ぶことですからね。

最近はユーティリティーというソールが滑ってくれる便利なクラブがありますからね。芝生の上を滑ってくれるような広いソールになっています。最近のアイアンもソールが広くて芝生の上を滑ってくれるように作られています。芝生の上を滑るように作られているのに、わざわざターフを取る必要性は無いのでは?と思います。

芝生の上を滑ってくれるような幅広いソールのアイアンなのに、ターフを取ろうとするショットをするから、まったく矛盾したショットをしているのかもしれないということに気付くには時間を要します。

ターフが取れるようなダウンブローが打てなくても、最近のアイアンは性能が良いので、ボールが高く上がってくれます。言い換えれば、ターフが取れるようなショットが出来ないので、メーカーさん側としてはボールが高く上がるアイアンを作ってくれているとも言えますね。

 

アイアンショットでターフてるのが良い?

アイアンショットでターフが取れるのが良いとか悪いとか、そういったことは関係ありません。アイアンの打ち方によって、ターフが取れたりするだけであり、ショットの結果なのです。ですから、絶対にターフが取れる打ち方が良いという訳ではありません。ただ、アイアンじゃなくても、ウェッジでスピンをかけたい時に、しっかりと打ち込んでいくと、自然とターフが取れますし、ボールにもスピンが掛かります。

ですから、ターフが取れるとか、取れないとかを考えるのではなく、しっかりとした打ち方を習得する方が賢明です。そして、実際のゴルフは、ターフが取れるとか取れないとかを競っているのではありません。結果です。それは、スコアです。

 

日々、精進
がんばります

アイアン 他の記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン