飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アイアンが打てない時の練習のコツ

アイアンは地面に置かれたゴルフボールを打つので、少しでも打ち込みすぎてしまうとダフってしまったりして、ボールが全く飛ばないことがあります。アイアンが打てない理由と練習のコツを紹介します。

 

アイアンが打てない理由

アイアンが打てない理由は、捻転不足によって、手打ちとなっているからです。殆どの場合、手打ちになっていることがアイアンが打てない原因となっています。アイアンクラブは、もともと重いので、どうしても腕(手)のチカラだけで、持ち上げてしまいがちですが、下半身と身体を使って、持ち上げて、腕のチカラを抜いて振れるように練習することが必要です。手打ちになると、ボールの手前でダフってしまったりしてしまいます。

スポンサーリンク

練習場の平らなライにも関わらず、良い当たりがあまり出ないという情けないショットを連発しています。フェース面でボールをしっかりと捉えたときの、バチンという心地よい音がまったくしません。微妙なトップみたいなショットになってしまい、パッカーン! という音からしてミスショットしているという感じです。微妙なトップというのは、ボールはある程度は上がるけれど、上がりきっていないという感じの弾道で、大きな放物線を描くことがありません。 明らかにグリーンで止めることはできないような弾道です。そんなアイアンショットでグリーンを狙っても、グリーンをこぼすに決まってます。

手打ちの場合

腕のチカラだけでアイアンクラブを持ちあげて、打とうとするとダフリやすくなります。ボールの手前で、手首のコックがほどけてしまって、ダフってしまいます。このパターンでミスする人は多いです。

捻転不足

捻転が浅い場合は、スイングエネルギーが弱いので、アイアンクラブを勢いよく振ることができません。すると、自分のチカラで振ろうとしてしまい、ダフってしまいます。これも、手打ちに近い状態となってしまい、ミスショットになります。

 

アイアンが打てない時の練習

アイアン打てなくなってきたので、スイングを確認しながら練習してます。ティーショットでフェアウェイの良いところにボールを運べても次のアイアンショットがダフってばかりだったらスコアメイクになりません。練習場でこそこそとアイアンを打っていました。グリップを確認して、アドレスを確認して、ボールの位置も調整して、ボールをクリーンに打てるように練習をしています。何発か打っていると色々と気付きがありますから、自分で気付いた部分を修正しながら練習をしています。

アドレスとグリップ、そしてボールの位置を確認

アイアンが不調である場合は、アドレスとグリップ、そしてボールの位置を確認すれば何が悪かったのかを知る事が出来ます。私の場合はボールの位置が左足側寄りになっていました。どうやら、気付かないうちにボールの位置を左寄りにしてしまう癖があるようです。ドライバーと同じくらい左足寄りではないのですが、フェアウェイウッドを打つ時と同じくらいの位置という感じでしょうか。人それぞれ打つクラブによってボールの位置があると思いますが。

アイアンショットでも自然とボールの位置が左足寄りになってしまっており、まるでティーアップをしたボールを打つ時のような感じになっていたのだろうと思います。

アイアンの打ち方イメージ図

アイアンを打つ時にはボールの位置を自分の体の中心、左足と右足の真ん中に置き、左足とボールの間にスイングの最下点となるイメージで打つことで良い当たりで打てるようになります。そして、私の場合は少しクラブを浮かせておきます。ソールしないようにしています。トップしそうなのですが、ボールの側面に綺麗にヒットしてくれます。

アイアンをソールしないのは、自分のイメージです。アイアンをソールする時はボールの手前でソールをすることが多いのですが、その場合は既にダフっているようなイメージを持ってしまうからです。

アイアンショットはボールの位置が大切ですね。ボールの位置が適切であれば、自然とクラブがボールにコンタクトしてくれて、自然とボールを飛ばしてくれます。アイアンでボールをクリーンに打てると、とても気持ちが良いですね。インパクトの感触がとても心地よいです。

 

アイアンの微妙なトップ?

ダフっていたかと思えば、最近のアイアンショットは微妙なトップになっているような感じです。リーディングエッジでボールを打っているような・・・ボールがフェース面に乗ってこない感じです。でも、それなりにボールが上がって、飛んでくれるのですが、フェース面に乗っていないから、ボールがランディングしてから、とても転がります。トップしているのですから転がって当然なのかもしれません。

アイアンショットでトップをしているということは、ボールの置く位置が左足寄りになっている可能性がありますね。ドライバーに近い打ち方で、アッパーブローみたいな打ち方になっているのかもしれません。

または、インパクト瞬間で身体が上に伸びているかも。身体が上に伸びるということは、踏ん張っている脚を伸ばしているのかもしれません。つまり、膝の位置が上下しているということですね。

スポンサーリンク

理想のアイアンショット

理想的なアイアンショットは、アイアンのリーディングエッジがボールと芝生の間に入って、ソールが芝生に触れるかどうかというくらいの入り具合が良いのではないだろうかと考えています。ボールの重心よりも少し下の辺りにエッジが入れば、自然とボールはフェース面を伝って、ずり上がってきますから、自然とバックスピンも発生して、高い弾道が打てるはず・・・だと勝手に思い込んでいます。

アイアンショットで、ターフを取るか

ターフを取るというのは、結果的に取れるだけであって、ターフが取れることが必ずしもナイスショットではないと思います。ターフを取るということを考えると、アイアンのエッジを深く入れようとしてしまいますし、ダフってしまう可能性もあります。ダフるというのは、アイアンのエッジが芝生に接着したときに、芝生の茎や根っこに引っ張られて、余計に下の方向へクラブが持っていかれてしまいます。ウェッジなどでもよくある症状です。

ということを考えると、やはりクリーンに打つことが最善。クリーンにボールを拾って(打って)、結果的にアイアンが芝生に接着するという感じでしょうか。

イ・ボミのスイングを徹底分析!アイアン編【プロのスイングデータから見えた!上達の近道】

イ・ボミちゃんのアイアンショット動画があるのですが、とても参考になります。去年の動画なのですが、撮影された季節がちょうど冬のようです。芝生の薄いところから、しっかりとしたアイアンショットを披露してくれています。

アイアンショットがスゴイというよりも、アドレスが綺麗ですね。ナイスショットしか打てないようなアドレスです。ボールの位置、手元の位置も参考になります。アイアンが打てないのであれば、アイアンが打てるようになるまで練習あるのみですね。

 

その他、気付いたこと

ゴルフは哲学 | YouTubeチャンネル登録お願いします

アイアンショットを何発か打って練習をしていると、数十発の内に数発はミスショットが出ます。例えば、10発打って3発ミスをしたりもします。当たりが悪いとかダフったりとか左への引っかけなどが出たりします。練習場で、連発して打つことが出来るナイスショットよりも、たまに出るミスショットがゴルフ場で打つショットなのだろうということに気付きました。

  • 連発して打てるナイスショットは練習場でのショット
  • 練習場でたまに打つミスショットがゴルフ場で打つショット

・・・ということでしょうね。これは、メンタル的な面もあるかもしれませんね。緊張していたり、慎重さもあるだろうと思います。

では、練習場でたまに打つミスショットをどのように活かすかということを模索しなければいけませんね。ミス無しが最も良いのですが、必ずミスはしてしまいます。ミスショットをしても大きなトラブルにならないようにするのか、自分がミスショットをしたときの傾向というのも探っていかなければいけませんね。

 

ダウンブローで打つ、打ち込む必要は無い

アイアンは、ダウンブローで打つ、打ち込むと言われることもありますが、その理由としてはゴルフボールにバックスピン量を与えて、高弾道を打とうとしているからです。つまり、バックスピン量で高弾道を打つということです。そのために、ダウンブローで打つ、上から打ち込むという打ち方が必要とされてました。

最近のアイアンクラブは、ソール幅が広くなってますし、もともと低重心に設計されています。フェース面でしっかりとゴルフボールを打つことができれば高弾道が打てます。なので、ダウンブローで打つ、打ち込むというような打ち方は不要ということです。

また、飛び系アイアンの場合、打ち込んで打つよりは、払い打ちの方がアイアンの性能を活かせます。詳細は、飛び系アイアンの打ち方のコツを読んでください。

 

アイアンの打ち方で初心者がミスする理由

簡単にいってしまえば、手打ちになっているからです。腕(手)のチカラだけで、アイアンクラブを持ち上げて、腕(手)のチカラだけで打とうとしています。すると、アイアンクラブがゴルフボールにヒットするまえに手首のコックが解けてしまって、ゴルフボールの手前でダフってしまいます。

すると、ゴルフボールは少ししか飛びません。これが、初心者にありがちなアイアンのミスです。しっかりと、下半身を使って、捻転をして、肩の回転でアイアンクラブを持ち上げられるように練習することが必要となります。

アイアンの弾道が低い

初心者ゴルファーの場合、アイアンショットでは低弾道が多くなります。このような場合も腕(手)で打っているからであり、アイアンクラブが加速してないからです。また、腕(手)だけのチカラでゴルフボールを直接打とうとしているので、アイアンクラブが真上から入ってくるので、ロフトが立っており、低い弾道になってしまいます。

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン