飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

右手の位置と右肩の開きの関係 | スライスを減らせるかも

スポンサーリンク

右肩の開きを抑えられれば、スライスを減らすことができます。右手の位置と右肩の開きの関係を知っておくことで、スライスを減らすアドレスができます。アドレスが適切であれば、適切なスイングができます。

 

 

疲れてくると体が開く

中部銀次郎さんは書籍 わかったと思うな の中でラウンドしていて、だんだん疲れてくるとたいていの人は体が開いてくるようになる。つまり、右肩が前に出てくる。自然にそうなってくる。右肩が前に出るというのは肩が開いているということになりますから、この時点でスライスボールが連発しそうな雰囲気が漂ってきます。そして、右肩が前に出てくる理由は・・・右肩を前に出した方が構えやすいから・・・と書かれています。なるほど!と思いました。

人間は、腕を使うことが得意ですから。本能的に腕を使いますし、手も器用です。器用につかえる身体の部位が前に出てくるということは、当たり前のことで、自然のことです。ですが、ゴルフというスポーツでは、邪魔なのです。ですから、如何に器用な腕と手の動きを抑制するかが課題となります。

右肩が前に出る要素

アドレスをするときは・・・クラブを持って構えた時のグリップを確認すると、左手の下(左手の先)に右手がくる。すると自然と右手が前に出てくる。それは右肩が前に出てくるということを意味する。ドライバーの場合はボールの位置が左側に置かれていることが多い。そのままクラブフェースをボールに合わせようとするとそこでまた右肩が前に出る。 つまり、右肩が前に出る要素が2つあるということになりますね。

左手よりも右手の方が先の方にある(遠い位置にある) 肩を出したほうが構えやすい

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク  

構えて右肩が前に出て、インパクトで右肩がさらに前に出る・・・明らかにスライスボールを打つことになる。アドレスをスクエアにしていても、飛球線に対して適切なアドレスをしていても右肩が出れば、身体が開いてしまいますのでスライスが発生します。右肩が出る という言葉を使っていますが、右肩が突っ込む、右肩がかぶる、右肩が開く というような言葉で表現をすることもあります。

ゴルフというスポーツはボールが地面に置かれており、人間の姿勢としては上から下を見るような格好になります。下を向くわけですから自然と肩が落ちる、ということも考えられます。右腕を伸ばそうと思えば、右肩が前に出るのは人間であれば自然な動作です。アドレスの事は色々と考えていましたが右肩の開き具合は今までにあまり追求してこなかったので、私にとっては盲点でしたね。新たな気付きが得られました。

アドレスはスクエアにしたのに、スライスが出てしまう・・・どうしてだろう? そこで悩み始めてしまい、ドライバーというゴルフクラブの所為にしたり、迷走してしまうことがあります。

アドレス、そして右肩の開き具合をチェックしてみると、スライスの原因を見つけるヒントになるかもしれませんね。スライスが出た場合にはアドレスをチェックして、それでもスライス出るのであればグリップ、右肩が出ていないかなどのチェックをすると良いです。

 

 

現代人は、首と肩が前に出やすい

現代人は、仕事などでパソコンを使う機会が増えました。パソコン作業するということは、両手を前に出して、画面を見つめるように首が前に出ます。この姿勢こそが、肩が前に出ている状態となります。肩が前に出た姿勢が当たり前となり、直立しても少しだけ肩が前にでているような姿勢となります。これは、ゴルフのアドレスにも影響をしてきます。

また、スマホを使用する時間も増えてきました。スマホの小さな画面を覗きこむ様に、首を前に出しますから、自然と猫背となってしまいます。これも、またゴルフのアドレスには悪影響を及ぼします。

つまるところ、日常生活の姿勢が大切だということです。ゴルフがうまい人は、姿勢も綺麗です。猫背でフェアウェイを歩いているプロゴルファーは、居ません。

アドレスをするときには、肩が出ていないのかをチェックするとよいです。

 

日々、精進
がんばります

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン