飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ブルックス・ケプカのスイング

2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。

 

ブルックス・ケプカのスイング

ブルックス・ケプカは、基本的にはフェードを打っていくタイプのゴルファーです。そして、もともとパワーがあるので、上半身と下半身の捻転差を大きくして、インサイドから強く打てます。故にフック系のミスが増えやすくなります。そのようなことから、フック系のミスを減らすための打ち方を模索しながら形成されたスイングのようです。

スポンサーリンク

グリップ(握り方)

グリップ(握り方)に関しては、左手ストロンググリップ、右手もストロンググリップとなっています。アドレスは、やや左方向を向いて、外側にゴルフクラブを引いて、外側からゴルフクラブを入れるというアウトサイドイン軌道をイメージしており、フェードを打つタイプのゴルファーです。

ブルックス・ケプカのスイング 動画

 

アドレス

少し広目のスタンス。ワイドスタンスとなっています。重心を低くして、伸び上がらないようにしています。左足踵近くにボールを置いており、それよし少し手前がスイングの最下点となるイメージを持っているようです。真っ直ぐに構えるというよりは、ボールの置いてある位置に腕、クラブ、顔を向けています。

スポンサーリンク

 

テイクバック

右側に体重をシフトしながら、肩でテイクバックを開始します。腰は、ほとんど回転していないという不思議なスイングです。が、これにより上半身と下半身の捻転を大きくすることができます。右の股関節に体重を乗せるというよりは、右の太ももの内側で体重を受け止めている感じとなります。

 

トップスイング

不動の下半身です。左足に関しては、アドレス時から殆ど動いてない状態です。左足側にスイング軸を置いているのだろうと思います。
アドレス時からトップスイングまで、左足の位置は殆ど変化しません。

上半身と下半身の捻転差が大きいトップスイングとなっています。

 

トップからの切り返し

ブルックス・ケプカのスイングで特徴的な点のひとつが強いバンプです。トップスイングからは、右脚を蹴りながら腰を飛球線方向にスライド(バンプ)させていきます。この時に、強い捻じれ戻りが発生します。右肘は身体に引き付けられて、驚くほど内側を通過しようとしますし、右手のコックのタメも強くなります。

右脚で蹴りながら、バンプさせて、腰を少し上方向にスライドさせるというのは、チック&タルトの要素のひとつでもあります。

そして、ケプカはアドレス時から左足の位置が殆ど動きません。左足側にスイング軸を置いているようです。

 

ダウンスイング

右の股関節に体重を移動させながらダウンスイングを開始します。右肘の引き付けがとても強烈です。そして、右手のコックも強く維持されており、右手の強い押し込みができる状態となっています。腰を飛球線に向けてスライド(バンプ)させていきますが、左足の位置は殆ど変化がありません。

ダウンスイングからは、肩を縦に回転するイメージとなりドライバーもアイアンもアップライトでダウンブローで打っています。

 

インパクト

右手で強く押し込むことになるので、左肘が曲がっており、左肘を抜くようなスイングとなります。これによりフック系のミス(左への引っ掛け)を抑えることができます。

 

フォロースルー

肩を縦に回転させているので、自然と両腕が高く上がるフォロースルーとなります。

 

フィニッシュ

左足側に体重が完全にのっており、左足だけで立ち上がれる状態となっています。

 

ブルックス・ケプカのヘッドスピード、飛距離、ミート率

ブルックス・ケプカのドライビングパフォーマンスは以下の通りとなります。ミート率がやや低い感じがしますが、ボールスピードは79m/sくらいあり、やっぱり飛ばせる選手であることが伺えます。

  • DRIVING DISTANCE:308.7
  • CLUB HEAD SPEED:122.03
  • SMASH FACTOR:1.462
  • ドライビングディスタンス平均:308.7ヤード
  • ヘッドスピード:54.55m/s
  • ミート率平均:1.462
  • ボールスピード:79.75m/s

ブルックス・ケプカの今後の活躍が楽しみです。

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン