ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
PUMA(プーマ)2020年新作
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイングの左壁を作って飛ばすコツ

ゴルフスイングでは左の壁が重要と言われてます。左の壁の重要性、左の壁の作り方のコツを紹介します。

 

ゴルフスイングの左の壁の重要性

左の壁の重要性の説明です。

バックスイングで右側にスウェーしないことと同じように左の壁を作ることで飛球線方向へのスウェーを防ぐことができます。左の壁を作ることができなければ、スイング軸がズレてしまいますし、強いインパクトで飛ばすことができません。

 

左の壁を作るコツ

インパクトで左の壁を作るコツとしては、左脚を伸ばす(左膝を伸ばす)ことです。左脚を伸ばす(左膝を伸ばす)ことで、左の股関節を大きく回旋させることができるので、骨盤を大きく回転させることができます。つまり、大きくヒップターンさせることができますので、力強いスイングで打つことができますし、飛球線方向に向けてゴルフクラブを振りやすくなります(フォロースルーしやすい)。

左の壁が作れないと飛ばせない

左の壁が作られなければ、左側(飛球線側)にスウェーしてしまい、スイングエネルギーが逃げてしまい、弱々しいインパクトとなってしまいます。また、スイング軸がズレてしまい様々なミスショットの原因となります。

身体が伸び上がらないように注意する

左脚を伸ばす(左膝を伸ばす)ことで、身体(上体)が伸び上がってしまうようなイメージを持ってしまいますが、伸び上がるわけではありません。身体が伸びてしまうと、スイング軌道全体が上がってしまうので、打点がズレてしまい、トップしやすくなりますので注意が必要です。

 

右脚で蹴って左脚で受け止める

単純に左脚を伸ばす(左膝を伸ばす)だけでは、左の壁を作る意味がありません。ダウンスイングに移行する時点で、左脚を踏み込んで、右脚で蹴るように体重移動します。右膝を飛球線に向けて入れることで、スイングエネルギーを移動するという動作になります。言葉で説明すると小難しく感じますが。

スポンサーリンク

そうすることで、左脚側(飛球線方向)にスイングエネルギーが流れていきますので、それを左脚で受け止めます。この動作ができれば、左の壁を作ることができますし、スイングエネルギーを受け止めて、ゴルフクラブを加速させて飛ばすことができます。

バックスイングで右側にシフトした体重を、左側(飛球線方向)に移動させて、瞬間的に止めるという動作こそが左の壁を作るコツにつながります。そうすることで、右側からのスイングエネルギーを左側でしっかりと受け止めて、ゴルフクラブを加速させることができます。

動きのイメージとしては、バスケットボールのステップとかに似てます。素早くサイドステップして、止めるという動きこそゴルフスイングの左の壁を作る瞬発力に似てます。

左膝には少しゆとりを持たせる

左膝を伸ばすといっても、ゆとりが無い程にピンと伸ばすのではなく、ほんの少し曲げて、ゆとりを持たせた方が筋力を使うことができます。また、ピンと伸ばしてしまうと膝を痛めてしまうこともあるので注意してください。

 

左脚でジャンプする

海外のゴルフスイング理論では、左の壁を作るというよりは、左脚でジャンプするという考えもあるようです。ダウンスイングからインパクトにかけて、左脚を踏み込むというよりは、左脚でジャンプすることで、いっきに股関節を回旋させて、飛ばすという概念があります。

 

飛ばせるゴルファーは左の壁が強い

PGAツアーで飛ばせるゴルファーの殆どは左の壁が強いです。模範となるのは、ローリー・マキロイです。動きが判りやすいのは、マシュー・ウルフです。

2人のスイングを比べると、バックスイングからダウンスイングに移行するまでの動きは異なりますが、ダウンスイングに移行してからは似たような動作となります。

スポンサーリンク

ローリー・マキロイの左の壁

マキロイは、もともと体重移動が大胆で2軸スイングです。ダウンスイングの踏み込み、バンプも大きくて判りやすいです。左の壁も強くて、瞬間的に止めて、ゴルフクラブを加速させてます。最近は、インパクト後は左の踵に体重をのせて、足裏が捲れてしまうくらいに荷重しながら回旋する動きが顕著になってきました。

ブルックス・ケプカの左の壁

ケプカも下半身の動きが強くて、しっかりと体重移動をしながら股関節を回旋します。インパクトでは、左脚を踏み込んで、左の壁を作ります。完全に左側で止めることで、ゴルフクラブを加速させています。

 

ゴルフスイングの左壁を作って飛ばすコツ まとめ

ショットが弱々しい感じがする、あまり飛ばない、ゴルフクラブが加速しないと思ったら左の壁が作れてないかもしれません。左脚を踏み込んで、右からのエネルギーを左側で止めることでゴルフクラブを加速させることができます。パワーが無いゴルファーでも左脚の踏み込み(ジャンプ)と左の壁が作ることができれば、ゴルフクラブを加速させられますし、今まで以上に飛ばせる感触を掴めます。
膝を痛めないように注意してください。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

  • ローリー・マキロイのスイング分析
  • マシュー・ウルフのGGスイングとセッティングと飛距離
  • 右膝を送り込むゴルフスイング
  • ゴルフスイングのバンプは必須
  • 床反力・地面反力で打つコツ
  • ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン