飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

捉まり重視で飛ぶドライバーが人気の2018年

スポンサーリンク

2018年は、捉まり重視のドライバーが増えてきたように感じますね。キャロウェイ ローグ スターも捉まり重視となっていますし、本間のビジール535ドライバーも捉まりを重視した構造となっています。やっぱり、ぶっ飛び系のドライバーよりも、直進性の高いドライバーの方が、実際のラウンドでは、安心感をもたらしてくれますし、平均飛距離アップにもつながると思います。

低重心、低スピン、フェース面の反発の強さ、バルジとロールを最適化・・・様々な工夫が取り入れられたきましたが、今年は捉まり重視のモデルが目立っているように感じます。

 

本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー


GDOギアカタログ

 

ゴルフショップの鳥籠で打たせてもらいましたが、本当に良いドライバーです。めちゃくちゃ気に入りました。ビジール525ドライバーが登場した時は、アベレージ向けという雰囲気が強くて、あまり意識してなかったのですが。ビジール 535 ドライバーは、ぶっ飛び系のドライバーではありませんが、とりあえず真っ直ぐ飛ぶドライバーです。どんな打ち方でも、打点がズレても、とりあえず真っ直ぐ飛ぶという感じのドライバーです。直進性が高いので、実際のラウンドでは平均飛距離が伸びるだろうなと思います。

ただ、本間ゴルフさんって、お値段がけっこうお安くないんですよね~。ゼクシオに近いイメージがあるので、シニア向けとか言われていますが、全くそんなことありません。スライス減らしたい人向けのドライバーです。似た様なモデルだと、グローブライド ONOFF AKA 2016年モデルに近いですね。

重心角は、25度となっていますので、完全にドローが打てるドライバーです。ドローというよりは、フックが打ちやすいかもしれませんね。
従来のドライバーというのは、はっきりいってしまうと、インパクトの瞬間に少しだけフェースが開く傾向にありますが、本間のビジール535ドライバーは、しっかりとヘッドターンができる感じがします。

ただ、ヘッドを置いて、構えようとすると、若干ですが出っ歯に見えます。フェースプログレッションが強く入っているように見えることと、バルジとロールが薄めなので、フェース面が真っ直ぐになっていて、ヘッドが大きいフェアウェイウッドという感じがしました。

本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー特長
重心角:25度
ヒールのウェイト 7グラム
本間ゴルフ ビジール 525 / 535 比較
ビジール525 と ビジール535 の比較紹介。

 

キャロウェイ ローグ スター ドライバー


GDOギアカタログ

 
GBB EPIC とは、まったく別モデルだと言われていますが、キャロウェイの今までのドライバーの良いところを全部集約したという感じのドライバーです。構えた瞬間に思い出したのが、ディアブロ オクテイン ドライバーに似てるなと思いました。異形とも言える、横長のヘッド形状が、オクテインを彷彿させました。

 

テーラーメイド M4 ドライバー


GDOギアカタログ

 

話題のテーラーメイドM4ドライバーもゴルフショップの鳥籠で打たせてもらいました。やっぱりというべきか、前作と同じ傾向にあるというか・・・はっきいって捉まり甘いドライバーです。アスリート向けのラインなので、そのようになっているのかもしれません人それぞれ感じ方があるかと思いますが、M4 ドライバーは、フェードヒッター向けですね。捉まりが甘いし、シャフトが長いし、インパクトの瞬間にネックを軸にしてヘッドが開く感じです。捉まりが甘いということから、右腕が強く入り過ぎたり、イン側からあおって打ってもチーピンは出ないと思います。手打ちになって、アウトサイドから入ってきても、ヘッドが開くので、なんとなく真っ直ぐ飛んでいるような感じにはなるかもしれません。

マーク金井の打たずにいられない テーラーメイドM4ドライバー

マーク金井さん曰く、昔のバーナーに近い感覚だとおっしゃっていました。バーナーに近い感覚というのは、ピッタリな表現だと思いました。シャフトが長くて、重心距離長くて、捉まり抑え気味というのは、バーナーシリーズの流れを組んでいるように感じます。動画では、エアロバーナーが好きだったと言ってますが、エアロバーナーは良いドライバーでしたね。弾き感が強くて、白ヘッドに赤シャフトが、とてもお洒落でした。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

 

テーラーメイド M4 D-TYPE ドライバー


フェアウェイゴルフUSA

 

2017年モデル M2 D-TYPE ドライバーに引き続いて、2018年もテーラーメイドからは、D-TYPEが登場しました。テーラーメイドのドライバーで人気があるのが、D-TYPE です。ヘッド自体がドローバイヤスが入っていることと、ネック近くにウェイトが配置されており、捉まり重視のドライバーとなっています。ウェイトの重さは、41グラムとのことで、けっこう重いです。というよりも、カーボンが多く採用されたヘッドなので、ヘッドがそのものが軽すぎるということかもしれません。

M4 D-TYPE ドライバーは、残念ながら日本では販売されません。M2 D-TYPE ドライバーは、GDOショップで販売されていたことがありましたが、あっという間に売り切れてしまいました。今年も販売するのかな?

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン