ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ミズノの世界戦略 ST200Xドライバー 試打

2020年のミズノは海外で先に発表したグローバルモデル ST200Xドライバーを試打しましたので、感想を紹介します。

 

ST200シリーズ ドライバーは、ヘッドが2種類


ミズノゴルフ

ヘッドの雰囲気は、黒色で統一されて、引き締まった印象のヘッドとなってます。玄人好みしそうなドライバーヘッドとなってます。余分な装飾などを取り払って、シンプルに、飛び性能を追及してます。

スポンサーリンク

ST200シリーズのドライバーは、ヘッドが2種類あります。ST200ドライバー、ST200Xドライバーがあります。

ST200ドライバー

ST200ドライバーは、はじめは海外で販売されていたモデルです。ボールの捕まりが抑えられており、叩けるゴルファー向けです。ST200ドライバーも打ちましたが、私のヘッドスピードと打ち方では、スライスボールが増えてしまいました。上級者向けのヘッドです。

ST200Xドライバー

ST200Xドライバーは、ソールのヒール側にウェイト・ビスが取り付けられており、ネック軸慣性を高めて、ヘッドローテーションしやすくて、ボールが捕まりやすいヘッド構造となってます。

今回は、ST200Xドライバーを試打しました。

 

ミズノ ST200X ドライバー 試打


ミズノゴルフ

STシリーズのSTは、SPEED TECHNOLOGY(スピード テクノロジー)の頭文字です。ボールスピードを速くするための技術を取り入れているという意味だろうと思います。フェースには、ベータチタンという高反発モデルに使用していた、反発力の高い素材を使用してるとのことですが、フェース面の弾きだけではなく、ヘッド全体で反発してる感触でした。

そして、かなりの低スピンなボールが打てます。昨今、各メーカーがルール範囲内で反発力を高めている傾向があり、ミズノのST200シリーズは、フェース面に使用する素材に工夫を取り入れてます。

スポンサーリンク

ベータチタンを採用したフェース面


ミズノゴルフ

打音は、甲高い金属音がするようなイメージがありますが、実際に打ってみると、「パスン!」という締まった打音でした。打音からして、弾いてる感じが無いのですが、初速が速いのは実感できます。

フェースの下側で打ってもバックスピン量が増えにくく、低スピンで打てます。私の打ち方としては、右手を使うスイングなので、スピン量が増えやすいのですが、スピン量が少ないボールが打ててました。

ST200Xドライバー基本スペック

基本スペックは以下の通りとなります。

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:10.5度(可変式)
  • クラブ長さ:45.75インチ

 

装着シャフト

今回は、2種類のシャフトで試打しました。
ミズノオリジナルのMFUSION D(エムフュージョン)というシャフト、Tour AD XC5カーボンシャフトの2種類です。

MFUSION D(エムフュージョン)装着で試打

始めは、ミズノオリジナルのMFUSION D(エムフュージョン)というシャフトを装着して打ちました。かなり、軽くて、撓りの大きいシャフトです。構えると、ややフックフェースが気になりますが、ボールが捕まってくれるだろうというのが伝わってきます。

装着シャフト MFUSION D(エムフュージョン)のシャフト運動も手伝ってくれたのか、かなりボールが捕まってくれます。そして、弾くというか、反発するという印象でした。

20 MFUSION D カーボンシャフト スペック

ソフトスペックなシャフトとなってます。シャフトも重さが軽いので、ヘッド側とのバランス均衡がヘッドが重くなり、バランスがD2、D3くらいになります。ややヘッドが効きすぎてるイメージがありましたし、ヘッドの重さの影響を受けて、シャフトが動きやすい印象です。

フレックス S SR R
シャフト重さ 49 44 39
トルク 5.6 6.4 7.2
クラブ総重量 292 286 280
バランス D3 D3 D2

 

Tour AD XC5 装着で試打

ミズノオリジナルのMFUSION D(エムフュージョン)では、軽すぎて突っ込んでしまうので、カスタムシャフト Tour AD XC5を装着させてもらって試打しました。これが、程よい重さと、適度なシャフト運動でタイミングが取りやすくて、打ちやすいです。弾道高さも抑えられ、中段道くらい、中元調子で切り返しの時も動き過ぎないのが良かったです。

2018年モデル GXドライバーも同じような感触だったのですが、ミズノのドライバーは、かなり低スピンでボールが上がり難い印象があります。逆にスピン量が多い人には向いてるかと思います。もともと高弾道が打てない人は、ボールが上がり難く感じることもあります。

Tour AD XC5カーボンシャフト スペック

適度なシャフト重さとなっており、ヘッド側の重さとの均衡がとれるので、バランスC9となり、とても軽く感じて振りやすいです。だけど、シャフト重さがあるので、スイング軌道が安定して振りやすいです。

フレックス S
シャフト重さ 56
トルク 4.2
クラブ総重量 303
バランス C9

 

ミズノ ST200X ドライバーが向いてるゴルファー

装着シャフトによって、性能が異なってきますが、ボールを捕まえてスライスを減らしたいゴルファーに向いてます。もともとスライスが多いゴルファーは、バックスピン量が多く発生しやすい打ち方をしてます。ミズノ ST200X ドライバーは、自然とヘッドローテーションするので、フェース面がスクエアに戻って、ボールが捕まってくれます。なので、フェース面の反発力が活かせますし、バックスピン量を減らすことができます。

ぶっちゃけ、バックスピン量が減るだけでも飛距離アップできますし、スライス回転を減らすだけでも飛距離アップできます。

ミズノ ST200X ドライバーは、スピン量を抑えて、初速を上げて飛ばせるドライバーです。

 

ミズノ ST200X ドライバー購入

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン