ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
PUMA(プーマ)2020年新作
CONTENTS MENU
 

プロギア RS5シリーズのドライバー試打

今作は、プロギア 2020年モデル。RS5シリーズとなりました。ドライバーヘッドは、3種類用意されており、それぞれ特徴がありますので、自分のスイング傾向に合わせたヘッドを見つけることができます。

 

PRGR RS5シリーズのドライバー試打

プロギア RS5シリーズのドライバーを試打しました。

ヘッドは3種類あり、3種類とも打ちましたが、もっとも感触が良かったのは、RS5 ドライバーです。ナチュラルにヘッドが返りやすく、ボールがつかまってくれるので、スライスが多い人に向いてます。叩いて飛ばす人の場合、ややフックが強く入ることがありますが、カスタムシャフトを装着することで調整できます。

標準装着シャフト Diamana for PRGR / SR (M-40) でも試打をしましたが、軽すぎて、振り難かったです。

後から、Speeder Evolution 6(S) に変更して試打させてもらったところ、かなり振りやすくて、厚めのインパクトでボールをつかまえて飛ばすことができました。

ですので、私個人的な評価としては、RS5ドライバー+Speeder Evolution 6(S) の組み合わせが飛ばせると感じました。

 

PRGR RS5 ドライバー

3種類のヘッドの中でも重心角を大きくして、ボールのつかまり易さを追及したモデルです。重心深度も深くなっており、優しく高弾道が打てる設計にってます。シャローヘッド形状により、フェースの真ん中でインパクトしやすいです。

スライスを減らして、高弾道でドローボールが打ちたい人に向いてます。やっぱりドローバイアスが入ってる方が、フェース面でボールが滑らないので、スライス回転を減らせるし、直進性が高くなります。

スポンサーリンク

試打した感触

3種類のモデルの中でもっとも良かったです。カスタムシャフト Speeder Evolution 6 (S) を装着させてもらって打ちましたが、かなり打ちやすかったです。スピーダーエボ6は、中調子でしっかりしてるので、ボールのつかまりを軽減できます。叩いて飛ばそうとしても、大きなフックになり難いです。

PRGR RS5 ドライバー 特徴

  • 重心角:大きい
  • 重心深度:深い
  • フェースアングル:2度オープン

PRGR RS5 ドライバー 基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5度、10.5度
  • 長さ:45.5インチ
  • フェースアングル:2度オープン

標準装着シャフト

Diamana For PRGR が装着されます。シャフト先端が走って、ボールがつかまるシャフトです。

PRGR RS5 ドライバー購入

 

PRGR RS5 F ドライバー

御馴染のRS F ドライバーです。フェードが打ちやすいモデルです。重心角が浅くなっており、重心深度も浅く、叩いても低スピンで強いボールが打てる設計となってます。

もともとスイングでボールをつかまえられる人、フック系のミスを減らしたい人に向いてるドライバーです。フェードが打てるといっても、いつも通りに打って、曲がらないフェードが打てる感じです。ややフェースが開いてるので、スピン量が増えやすい印象がありますが、浅重心となっており、かなり低スピンなボールが打てます。

試打した感触

実際に試打した感触としては、かなり右手で叩きにいってもストレートボールが、ややフェードする感じの球筋となります。スイングでボールをつかまえられる人向けのドライバーです。

スポンサーリンク

PRGR RS5 F ドライバー 特徴

  • 重心角:小さい
  • 重心深度:浅い
  • フェースアングル:3.5度オープン

PRGR RS5 F ドライバー 基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5度、10.5度
  • 長さ:45.5インチ
  • フェースアングル:3.5度オープン

標準装着シャフト

Tour AD For PRG が装着されます。シャフトの真ん中あたりと先端が硬い、手元調子のシャフトです。

PRGR RS5 F ドライバー 購入

 

PRGR RS5+ ドライバー

やや軽めのヘッドとなっており、長尺仕様のモデルとなってます。カタログ表記では、45.75インチとなってますが、実測46インチとなります。ヘッドに関しては、RS5ドライバーと同じ構造ですが、長目のシャフトが装着できるように少しだけ軽くなってます。

試打した感触

シャフトの長さはあまり感じませんでした。かなり軽量設計となっており、非力な人でも、ヘッドスピードを速くして、ボール初速を高めて飛ばせます。速く振るとか、叩くというよりは、ゆったりとヘッドの重さを感じて、大きな円を描くイメージで打つと、しっかりとボールがつかまってドローボールが打てます。

PRGR RS5+ ドライバー 特徴

  • 重心角:大きい
  • 重心深度:深い
  • フェースアングル:2度オープン

PRGR RS5+ ドライバー 基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5度、10.5度
  • 長さ:45.75インチ
  • フェースアングル:2度オープン

PRGR RS5+ ドライバー 標準装着シャフト

Speeder EVOLUTION FOR PRGR が装着されます。手元から先端にかけて撓りやすくなってるシャフトです。とても振りやすく、非力なゴルファーでも撓らせることができます。

PRGR RS5+ ドライバー 購入

 

3種類のヘッド特徴比較

それぞれ、特徴があります。自分のスイング、求めてる飛距離、安定性などを考慮して選択することができます。

モデル名 特徴 推奨ゴルファー
RS5 ドライバー
重心角:大きい
重心深度:深い
クラブ長さ:45.5
ドローを打ちたい人向け
ボールをつかまえて打ちたい人に向いてます
RS5F ドライバー
重心角:小さい
重心深度:浅い
クラブ長さ:45.5
フェードを打ちたい人向け
ボールのつかまりを抑えて叩いて飛ばしたい人に向いてます
RS5+ ドライバー
重心角:大きい
重心深度:深い
クラブ長さ:45.75
非力でも長目のシャフトで振り切って飛ばしたいに向いてます

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン