ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

パターが入らないという時に考えること

パターが入らない時に考えることは色々とあります。たくさん考える事があります。ですが、私の場合は出来る限りシンプルな考えにするように心掛けています。

スポンサーリンク
 

シンプルな考えにする・・・というのは、パターというクラブの所為にしないことと、適切なストロークが出来てないのだということを疑うようにしています。

月日が流れていけば、今使っているパターとのタッチが合わなくなってくるということもありますが、今まで同じパターでカップインが出来ているのであれば、パターというクラブが悪いのではなくて、自分の感覚が変化してきているのだろうと思います。

もしカップを狙ってストロークをして、入ってもおかしくないというようなボールの転がりでもカップの手前でスライスをしてしまうことがあります。そういった場合でも、ラインの読み間違えではなくて、真っ直ぐにボールを転がすことができるストロークが出来ていないのでは・・・と自分を疑うようにしています。

そもそも、入ってもおかしくない・・・という言葉がおかしいように感じたりもします。入ってもおかしくない・・・というのはストロークをしたゴルファーが如何にも適切なストロークをしているのだというような意味が含まれているように感じますが、結果的にカップインしていなければ、意味がありませんしスコアメイクも出来ません。もちろん、グリーンの問題、傾斜、芝目、カップ周辺に凹みがあったりする場合もありますので、必ずしもストロークが全て悪いとは言いきれません。ですが、パターが入らなくて悩んでいる時というのは、適切なストロークが出来ていないことが多いと思います。

入らなかった傾向を知る

パターが入らないなと思ったら、カップをオーバーしているのかショートしているのかを確認します。オーバーをしている回数が多いのか、ショートしている回数が多いのか、統計を出すことでストロークの調整をすることが出来ます。ハーヴィー・ぺニックの書籍にはカップと同じくらいの位置にボールが止まるくらいなストロークにすると良いという記述がありましたが、カップを大きくオーバーすることなく、尚且つショートしない適度なストロークを身に付けることが大切ですね。

曲がる傾向を知る

自分では真っ直ぐにストロークをしているつもりでもボールが曲がってしまうことがあります。曲がる方向がスライスが多いのか、フックが多いのかを知ることで、自分のストロークのクセが見えてきます。

  • カップをオーバーしていることが多いのか
  • ショートしていることが多いのか
  • スライスしてしまうことが多いのか
  • フックしてしまうことが多いのか

私の場合はボールが左へ曲がってしまうフックが出る場合は右手でパターを押していることが多いです。そういった場合はストロークの軌道を変えるのではなく、少し右を狙うようにしています。

時には、ストロークをするときに軽くダフってしまうというか、パターのソールがグリーンに引っかかるような感じになってしまうということもあります。真っ直ぐにゆっくりパターを引いて、真っ直ぐゆっくりとパターを戻すようにすることでパターのダフリを防げるかと思います。特にパターでダフってしまう場合は、カップまでの距離が長くて、ロングパットになる・・・というときにパターでダフってしまうことが多いように感じます。遠くまでボールを転がすぞという気持ちが腕にチカラが入ってしまうのだろうと思います。

というようなことを考えていくと、パターもドライバーもアイアンも似たようなところがあるんだなということに気付きますね。パターは転がすだけなのですが、ゴルフの原点とも言われていますから適切なストロークが出来るようになりたいですね。

スポンサーリンク
 

OKと言われるとカップインする

競技やコンペじゃない時と言うのはグリーン上ではOKありでラウンドをすることがあります。OKありというのは、パッティングをしてカップインしなかったけど、次のストロークでは絶対に入るだろうという距離であれば、入ったことにするという感じです。そして、微妙な距離が残ってしまって同伴者からOKと言われた。OKと言われたのだけど、実際にストロークしてみると素直にカップインすることがあります。これは明らかに自分の気持ちの問題、心の問題ということでしょうね。

ゴルフは本当に不思議です。もし、OKと言われてなかったらカップインしないかもしれません。1メートルも無いくらいの距離なのにカップイン出来ない事もあります。

パターがなかなか入らない時に考えること・・・もちろんカップイン出来ないのは、グリーンの問題もあると思います。芝目の影響だったり、微妙な傾斜が見えなかったりすることもあります。ですが、本当にカップイン出来ないのは自分が適切なストロークが出来ていないということを疑うのが良いかもしれないですね。

パターで悩み出すと大変なことになりますね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア