飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

パターはスイングの原点 【 パターだってキャリーする 】

パターは転がすだけなのですが、スイングに関する様々なヒントが詰まっているようです。そして、パターこそがスコアをつくるためのクラブとも言えます。カップは直径4.25インチ。108ミリメートルです。つまり約10センチのカップにボールを入れるためのクラブがパターです。もちろんグリーン外からのアプローチ、アイアンショットでカップにボールを入れることがあります。ですが、それは狙って出来るということは稀です。

パターはボールの前でアドレスをして、パターのフェース面を真っ直ぐにしてストロークをします。パターのフェース面が真っ直ぐにボールにヒットしていなければ、真っ直ぐにボールは転がりません。

パターのフェース面が開いてボールにヒットすればスライスをしてしまいますし、フェース面が閉じてヒットすればボールは左に転がってしまいます。また、フェース面が真っ直ぐになっていても右手に強くチカラが入っていればボールはスライスをしてしまいます。

パターはボールを転がすだけではなく、厳密に言うとボールをヒットさせた瞬間はキャリーしています。キャリーしているといっても1ヤードも無い程度です。ほんの少しだけキャリーしてランして転がるのが長いというのがパターです。

実はパターにもロフト角がついているということはよく知られていることです。パターのロフトは3° とか 4° 程度のロフト角となっています。垂直に見えるパターのフェース面にもロフトはあります。

パターのロフトのお話で有名なのがフィル・ミケルソンですね。

フィル・ミケルソンは以前はパッティング時にフォワードプレスが大きいです。アドレスを決めて、ストロークをするときに少しだけ手首を反対方向(ボールを転がす方向へ)に傾けるという動作が入ります。そのためロフトの大きなパターを使っていた時期がありました。ロフトが大きいといっても7°くらいです。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

あまり大きなロフトのパターを使うとボールが跳ね上がってしまうことがあります。逆にロフトが小さいパターを使うとインパクト直後に転がり出してしまうので適切な回転をボールに与えることができない事もあります。

シングルさんとかゴルフが上手な人達はグリーン周りの小さな寄せの場合にはパターを使うことがあります。それもボールを転がすという考えではなくて、芝生を越えるために、ほんのすこしボールをキャリーさせてランをさせるという考えを持っています。そういったパターの使い方も素敵ですね。

パターは、フェース面をボールにヒットした瞬間にキャリーします。フェース面がボールにヒットした瞬間にボールに回転が発生しますので、適正なインパクトをしなければボールはまっすぐに転がることはありません。

つまり、パターのストロークというのは、ゴルフスイングの原点であるといえます。

パターでは身体の捻転とか、体重移動などをすることはあまりありません。なかには、そういったパッティング方法を取り入れている人も居るかもしれませんが稀だと思います。

パターは真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ戻すということが基本です。

青木功さんもパターはゴルフの原点だと言っていました。短い距離の1メートルのカップを狙う。それを打つ方法、考え方の延長にはドライバーショットがある。だから、1メートルのパットを克服することでゴルフを体感できる。つまり、パターはゴルフの原点だというようなことを書籍のなかで綴っています。

ゴルフはゴロフも青木功さんの言葉です。

パターもドライバーもアイアンショットもインパクトが大切です。パターがうまくいかないときは、もしかしたらグリップ、アドレス、ボールの位置がおかしいのかもしれないですね。

パターのことを詳しく知ることで、自宅でのパター練習も真剣になれます。

日々、精進
がんばります

関連投稿記事
難しいクラブの特長とミスショットの頻度
views 289
最近のラウンドで気付いたことは、難しいクラブの特長です。難しいクラブの特長は、大雑把に分類すると、ロフト角が大きいクラブか、ロフト角が小さい...
アイアン で ティーショット
views 1123
更新:2018年06月14日 ティーショットはドライバーで打たなければいけないとか、ドライバーでティーショットをしないのは邪道だとか言われ...
自宅でパター練習できるアイテム
views 3
自宅で練習するといったらパターです。自宅でパッティングの練習をしている人は、多いはずです。自宅でパター練習ができるといえば、人工芝のマットを...
前半が悪くて 後半は好調なゴルフ | 大波小波
views 267
前半が悪くて 後半は好調なゴルフ | 大波小波 調子が悪いと感じるゴルフ 前半が悪くても諦めない 前半が悪くて、後半は良いスコ...
ゴルフ と 単眼鏡
views 116
2018/06/01更新 ゴルフというスポーツは視力が悪くなってくると、とてもストレスを感じますね。自分が打ったボールがどこへ行ったのか判...
ミラーニューロン | ゴルフで人の真似するなー!
views 3
人の真似をするのはダメだとか言われるかもしれません。とくに自分の真似をされると、ちょっと嫌な気持ちになったりすることもあります。ですが、真似...
ゴルフはダイバーシティ(多様性)が高いスポーツ
views 6
昨今、お仕事関連など、ビジネス間の話題でもダイバーシティという言葉をよく耳にするようになってきました。ダイバーシティ経営、ダイバーシティマネ...
2018年 新年あけましておめでとうございます
views 4
とうとう、2018年となりました。2017年は、ありがとうございました。2017年は、ブログには書きませんでしたが、春頃から体調が ...
ドライバーの飛距離の勘違い そんなに飛ぶと思ってるの?
views 6495
2018/07/05 更新 自分の本当のドライバーの飛距離を知るというのは、とても大切ですよね。とくにはドライバーに関してのお話ですが、練...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ