飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ジョーダン・スピース ボールを見ないパッティング

スポンサーリンク

さて、パッティングのお話ですが・・・通常であればパッティングをするときは、カップを見て、ラインを確認して、そしてアドレスをして、パターのフェイス面がしっかりとボールにコンタクトできるように頭(顔)を動かさず、ボールとパターのフェイス面(ヘッド)を見て、パッティングをします・・・

 

ジョーダン・スピースのパッティング

というのが普通というか・・・普通というと語弊があるかもしれません。もっと別の方法でパッティングをしているという人も居ますから。ですが、殆どの人がこのようなパッティングスタイルのはずです。
私もパターでは、ボールを見続けています。頭を動かさず、顔を動かさず、下を見続けて(ボールとパターを見て)身体がブレないようにしています。ですが、ボールを見ずにパッティングをする人もいます。

それは、ジョーダン・スピースです。

ジョーダン・スピースが優勝をした 2015年 マスターズ 3日目のラウンドの録画を見ていたら、9番ホール 460ヤード PAR4 の ホールで、またもやボールを見ないパッティングを披露していました。 テレビの解説でも、「ボールを見ていない!?」と言っておりました。解説は、中嶋常幸さんでしたね。

「カップかラインか、わからんけど・・・ボールを見ていない」と言っておりました。やはり、ボールを見ないで、カップを見たままパッティングをするというスタイルは珍しいんでしょうね。考え方を変えると、見たところにボールを転がすことができるとも言えますね。このあたりは良いパッティングが出来るヒントになりそうな感じがします。

たしかにボールを見たままパッティングをするということは、ボールを転がす先を見ていないわけですから、見ていない方向にボールを転がすこと自体が難しいのかもしれませんね。これは、ちょっと捻くれた考え方かもしれないですが、多角的に物事を考えていかないと、本当に何が適切なのかが判らなくなってきますからね。マスターズでもジョーダン・スピースがボールを見ないパッティングを披露するとは思いませんでしたね。このパッティング方法には、相当な自信があるのでしょうね。

下の写真を見てください。2015年のジョンディアクラシックでのパッティングです。アドレスをしてから、カップを見たままストロークをします。

アドレスをしているところ

ジョーダン・スピース パター
普通にボールを見ている状態でのアドレスです。

グリーン上でアドレスをした時に、ボールを見て、そしてカップを見てと、顔を左右に動かすのです。誰もが行う動作だと思います。通常であれば、ボールを見てパットをするのですが、ジョーダン・スピースの場合は、カップを見たままパットをします。ですので、自分がボールを転がそうと思っている方向、または場所を見てパットをしています。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

カップを見ているところ

ジョーダン・スピース パター

ラインを見ているのか、カップを見ているのか・・・アドレスさえ決まってしまえば、適正なストロークをすれば入るという自信があるのでしょうか。

ボールを見ずにカップを見たままパッティング

ジョーダン・スピース パター
ボールを見ずにカップを見たままパッティングをします。

ジョーダンスピース ハイライト動画

上の写真のパッティングはYoutubeの映像で確認することが出来ます。動画は1分40秒辺りから再生します。

 

次のページは、周辺視力によるパッティング?
1 2 3
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン