飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

パットがパットしない時の練習

去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少しパットが入っていたように感じます。ゴルフ場に到着したら、とにかくパッティングの練習をしています。

 

パッティングのミス傾向

パッティングでミスするときというのは、私の場合は2種類あります。

(1) 短い距離の場合、カップ近くでスライスする
(2) 長い距離の場合、左に引っ掛ける

以下、解説。

(1) 短い距離の場合、カップ近くでスライスする

短い距離でスライスしてしまう場合、パターのフェースが開いている可能性が高いです。ゴルフボールというのは、フェース面の向いている方向に転がり出しますから。手のチカラだけで押し出している可能性があります。

スポンサーリンク  

(2) 長い距離の場合、左に引っ掛ける

長い距離がある場合、強いタッチでストロークしようとすることから、手のチカラが加わってしまい、若干ですがアウトサイドイン軌道のようになっている可能性があります。パターが外側から入って、内側に抜けていくので、ゴルフボールもフック回転が入ってしまい、左に曲がりやすくなります。

 

壁ドンのカップインができなくなった

壁ドンのパットというのは、ラインを無視して、強気のパットで真っ直ぐストロークして、カップの向う側にボールをぶつけてカップインさせるという荒業なパッティングです。この、壁ドンパットができないとなると、メンタル的にもスコア的にもダメージを受けてしまいます。強気でストロークできていると思っても、意外と弱気で緩んでしまって、カップ手前でボールがクルリとスライスして逃げてしまうことがあります。

もう、あれを見るとイラっとしますね。イラっとしても自分の所為なのですが。ラウンドを終えて上がってみると、2つ3つあのパットが入っていたらなという惜しいパットがあったりします。その、2つ3つ、2打3打が縮まるとけっこう良いスコアだったりもします。ですから、壁ドンパットは重要です。

 

真っ直ぐストロークをすること

今、練習しているのは、とてもシンプルです。真っ直ぐストロークするという練習です。グリーンのラインを読むとかではなくて、とにかく真っ直ぐストロークすることを考えています。そして、パターのフェース面の真ん中、スイートエリアでボールをヒットすることを意識しています。パターもフェースの真ん中(芯)でボールを打てると、ゴルフボールは順回転をして、真っ直ぐ転がってくれます。

スポンサーリンク
 

真っ直ぐにストロークするコツ

真っ直ぐにストロークするコツとしては、パターのフェース(ヘッド)でボールを狙い打ちしないということでしょうか。ボールを狙い打ちすると、左に引っ掛けたり、フェースが開いたりして、思わぬ方向にボールが転がることがあります。フェース面をスクエアに保ちながら、ボールの少し先の方にフォロースルーさせるイメージが良いです。

1メートル圏内を確実にカップイン

真っ直ぐストロークする練習のメリットとしては、1メートル圏内の距離を確実にカップインさせることです。アプローチで寄せたとき、2パット目のときにも1メートルくらいの距離が残ることが多いです。この短い距離を確実にカップインさせるには、真っ直ぐストロークと強気の壁ドンパットができれば、間違いありません。

 

今更ながらクロスハンドのパッティングに挑戦

ジョーダン・スピースが勝ちまくっていたときというのは、スピースのクロスハンドのパッティングが話題となりました。最近は、スピースが話題にあがってこないので、クロスハンドの方もあまり注目されてないように感じます。が、左腕とパターシャフト、パターのフェース面を一体化させてストロークさせやすいです。右手のチカラをあまり使わずに、左腕手動でのストロークが可能です。

といっても、ジョーダン・スピースはもともと左利きということからクロスハンドの方がストロークしやすかったのだろうと思います。一般的な右利きゴルファーの場合、クロスハンドでは少し違和感があります。

アームロック・パッティング

クロスハンドのパッティングも良いですが、アームロック・パッティングも左腕とパターシャフト、フェース面を一体化させてストロークすることができます。見た目的には、異なって見えますが、結果は同じです。アームロックの方は、アームロック用のパターが必要となりますが。

 

パットで悩むと次のティーショットに響く

パットで悩んでいる人なら理解いただけるかと思いますが、パットが入らないと次のホールのティーショットが悪くなることが多いです。何故、パットが入らないのか?というモヤモヤした気持ちで、考えながら、悩みながら次のホールのティーグランドに向かい、悩んだままティーショット打つものですから、チーピンが増えます。ドライバーが、うまく打てないことの原因がパットが入らないです。負の連鎖が始まります。

日々、精進
がんばります

関連記事

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン