飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーで打つときのボールの位置 【 スライス予防 】

最近は、アイアンショットがダフってばかりいたので、アイアンショットのボールの位置は色々と試して、適切なボールの位置にセットして、適切なアドレスでショットができるように練習をしています。

スポンサーリンク
 

併せてドライバーのボール位置を考えてみました。ドライバーはアイアンとは異なり、スイング軌道がアッパーとなったときにクラブフェイスがボールを捉えられるようなボール位置が良いとされています。ボール位置だけではなく、起動がアッパーになるようなスイングも必要になりますが・・・。

そして、ドライバーもアイアンも他のクラブも同じスイングでショットをすること・・・というのは聞いたことがありますし、そのようにした方が良いとアドバイスを貰っています。

ゴルフレッスンの先生はアイアンショットでのスイングの最下点の手前にボールを置くこと、ドライバーは最下点の先にボールを置くこと、これが簡単な考え方と言っていました。アイアンもドライバーもスイングは同じだけど、クラブの特性としてボールの置く位置が変わるとのこと。アイアンでも、ドライバーでもスイングの最下点は同じようすることができればシンプルで再現性の高いゴルフスイングが作れるとのこと。なるほど!中部銀次郎さんの書籍に書いてあったことと同じような感覚だと思いました。

ですが、言葉で説明されると、とても簡単に思うのですが、実際に試してみると、なかなか難しいです。ボールの置く位置、アドレスの仕方にナイスショットのヒントがあるようです。アイアンもドライバーも最下点がどこに来るのかを考えて、ボールの位置を決めるのが良いとのこと。

ドライバーでアドレスをしたときに、ボールの位置が適切であっても打つ前にドライバーのフェイス面とボールを近づけたり、離したりというようなワッグルのような動きをすると、実際のスイングではフェイスが直接的にボールを狙ってしまうようなスイングとなってしまい、スイング軌道の最下点を過ぎてからのアッパーブローになり難くなってしまうようです。ですから、ボールの置いてある位置と同じくらいの位置で、スイング軌道の最下点を迎えてしまうために、テンプラになったり、ミスショットとなってしまうことがあるとのこと。

ボールを直接狙ったスイングは、スイング起動の最下点を考えていないので、ボールの置いてある位置が最下点になる。だから、テンプラなどのミスショットを誘発させる。

 

スポンサーリンク
 

アッパブローで打つ

ボールの位置が左足踵線上にあったとしても、アドレスをするときにヘッドを置く場合には自分のスタンスの真ん中辺りに置くと良いとのこと。そして、スイング軌道の最下点は自分のスタンスの真ん中辺りか、真ん中よりも少し左足側に最下点がくるようなスイングをすると良いとのこと。最下点の位置は人それぞれだと思います。考え方やスイングによって異なってきます。

スイング起動の最下点を迎えてからボールにヒットする。

 

慣れてくるとボールの置く位置を左足踵線上よりも内側(右足側)に置く事で低い弾道を打つことも出来るようになります。スイングのメカニズム、ボールの置く位置のことが判ってくると、簡単そうな感じがしますが、ゴルフ場の現場ではなかなか難しいかもしれませんね。

私は、アイアンもドライバーも極端に左足側にボールを置くというクセがあります。あまりにも極端に左側にボールを置いてしまうと、私のスイングではクラブでボールを擦りやすくなってしまうので、スライスが出やすくなります。

ボールの置く位置+スイング起動の最下点=ナイスショット ということですね。

そして、適切なグリップが出来ていれば良いということですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
2017/9/16 1:38