飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由

ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由、私の勝手な見解としては答えが出ていますので、それを話していきます。

 

ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由

その答えは

ゴルフスイングという一連の動作から、そのイチ部分だけを抜き取って細かく解説をしたり、スイングを考えていくから勘違いしやすいです。また、余計に難しく感じてしまうことが多いです。

 

ゴルフスイングが一連の動作であるということの理由

アドレス、グリップ、バックスイング、トップスイング、ダウンスイング、インパクト、フォローと各パーツに分けられますが、その一部分だけを抜き出して説明することが多いので勘違いしやすくなると思います。もちろん、動きの一部だけを抜き出して、理想なゴルフスイングに近づけていくという方法もあります。

ゴルフスイングのことが判っていて、あるていどボールが打てるという上級者ゴルファーの場合は、スイングの一部分だけを抜き出して、説明をしても理解できることが多いです。でも、スイングを理解できてない人の場合は、一部だけを抜き出して考えても頭がパニック状態となります。身体の一部分の動きが変わるだけで、スイング全体、打ち方が変わってしまうことが多いです。その事例を紹介します。

スポンサーリンク

グリップ(握り方)だけでも打ち方が変わる

例えば、グリップ(握り方)に関しての話なのですが、左はストロンググリップ(フックグリップ)で握って、右手はウィークグリップに握る( レッドベターのAスイングでいうところの、お祈りグリップ )というのが最近は多いように感じます。が、左手ストロングで右手ウィークというグリップ(握り方)をすると、右肩が入りやすくなります。右肩が突っ込みやすいという表現でも良いかもしれません。

右手をウィークで握ることで、右手の親指が内側に入りますから、それに連動して、右肩が出やすくなります。いわゆるボディターンでボールを捕まえられる打ち方ととなり、フック系の球筋になります。今の自分の打ち方に合ってないと、フック系のミス(チーピン)が出やすくなります。

なので、グリップ(握り方)だけを考えるのではなくて、そのグリップ(握り方)にしたら、どのような身体的な動作が付与されるのかを考えることが大切ということです。そして、今の自分の打ち方に合うか合わないかということを見極めることが重要です。

右膝を送るゴルフスイング

たとえば、右膝を飛球線方向送り込むようなスイングをする場合、右膝を飛球線方向に送り込む方法だけにクローズアップしてしまいがちです。だけど、右膝が飛球線方向に送り込まれるというのは、下半身をしっかりと使って打てば、自然と右膝が飛球線方向に向きます。右膝を飛球線に向けるのではなくて、下半身からスイングをすることで、自然と右膝が飛球線に送り込まれるということになります。この違いが理解できてないと、勘違いしたままの打ち方になってしまいます。右膝が送るではなくて、右膝が送られるという、ゴルフスイングの結果です。

スポンサーリンク

ダウンスイングで腕が巻き付く

ダウンスイングで腕が身体に巻き付くように見えるのも下半身からスイングをしているからです。自分で巻き付けるのではなくて、自然と巻き付きます。腕を巻き付けるではなくて、腕が巻き付くという、ゴルフスイングの結果です。一連の動作があって、その結果として、右膝が送り込まれたり、腕が巻き付くということです。

綺麗なフォロースルーをつくる

綺麗なフォロースルーがつくろうと思っているけどなかなかフォロースルーがつくれないという場合。これは、一生懸命にフォロースルーをつくろうと思っていても右肩が突っ込むような打ち方、アウトサイド軌道の場合はフォロースルーが作り難いです。というよりも、左肘を曲げて、腕の通り道をつくらないと振れません。

これは、私のことなんですけどね。

なので、フォロースルーをつくるというよりは、右肩を突っ込まない、アウトサイド起動で振らないようにすることが先決です。なので、スイング全体を考えること、一連の動作を考えると理解しやすくなるのかなと思います。

 

総括まとめ

どこか身体の動きが少しでも変われば、打ち方全体が変わってしまうことがあります。

ただ、最近はネットで簡単にゴルフスイング理論の情報などが入手できるようになったので、ある程度ボールが打てる人は、ゴルフスイング理論書籍は必要無いという人も居ます。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン