ドライバーより 3番ウッド(スプーン)の方が飛ぶ?

先日、ゴルフ仲間と共に練習をしてきました。ゴルフ仲間の人は、どうやらドライバーに悩んでいるようで、練習場に様々なゴルフクラブを持ち込み、打ち比べをしながら練習をするということになりました。

ゴルフ仲間は、ドライバーが不調だということで、ドライバーの次となるクラブを模索しているとのこと。短尺ドライバー、フェアウェイウッド、300ヤード飛ぶと話題となった飛ぶと言われている3番ウッド(スプーン)などを持ち込んできていました。よくも、こんなにゴルフクラブを買い漁ったなと思うほどでした。2番ユーティリティーもありました。

ゴルフ仲間は最近の460ccという大きなヘッドのドライバーが嫌いというか、合わないというか、打ち難さを感じているようです。重心距離も長くなり、ヘッドが戻ってこないというのを体感しているようです。私も色々なクラブが打てるので、勉強になりますから、楽しかったですけどね。ドライバーよりも3番ウッド(スプーン)の方が飛んでいるように感じました。いや、明らかに飛んでいました。

何故、3番ウッド(スプーン)の方が飛ぶのか、その原因を考えてみましたのでシェアします。

スポンサー広告

 

3番ウッド(スプーン)の方が飛ぶ理由

3番ウッド(スプーン)とドライバーを比較すると、3番ウッド(スプーン)は、シャフトが短くて、ヘッドが小さい。実は、ここにドライバーよりも飛ぶというヒントがあるのだと思います。

シャフトが短ければ、ミート率が上がります。それは、きっとシャフトが短いのでスイングがアドレスの位置に戻りやすいことと、シャフトが短いので取り扱いやすさも手伝って、しっかりとフェース面をボールにヒットさせることが出来ているからです。これは3番ウッド(スプーン)の方がヘッドが小さいからということも手伝っています。

また、ドライバーよりもシャフトが短いので安心感があるのか、自信を持ってスイングすることができるので、その自信がナイスショットにつながっているように感じます。つまり、問題はクラブじゃないということかもしれないですね。

ミート率と簡単に言葉にしますが、フェース面の芯でしっかりとボールを打つということは難しいです。小さなボールに小さなフェースをものすごいスピードでヒットさせるのですから。ですが、3番ウッド(スプーン)は、そういったことがしやすいのだと思います。その理由はヘッドの形状、フェース面の形状にあります。3番ウッド(スプーン)はフェース面がシャローフェースとなっているモデルが多く、フェースが上下に薄くなっており、スイートスポット近くでボールを打つことが出来ます。これが番ウッド(スプーン)は飛ぶと感じる大きなポイントでしょうね。

スイートスポット近くで打ちやすい
 

また、ドライバーではない3番ウッド(スプーン)を持って構えているから、ドライバーを持って構えたときよりも安心感があるということがあります。安心感というのは、勝手な思い込みかもしれません。ドライバーが苦手だから、3番ウッド(スプーン)の方が打ちやすいと感じているのだろうと思います。

併せて、3番ウッド(スプーン)の方がドライバーと比べて重心距離が短いということもあり、ヘッドがアドレスしたときの位置に戻りやすいですし、操作もしやすい感じがします。最近の3番ウッド(スプーン)は、浅重心、低重心でスピン量が少なくなっており飛距離が出るとのことですが、私のヘッドスピードではあまり変化を感じることはありませんでした。スピン量が少ない分、ボールを上げるのが難しいように感じました。

 

3番ウッド(スプーン)の方が飛ぶというポイント

シャフトが短いから
★ミートしやすい。打ちやすい。振りやすい。
 
ヘッドが小さいから
★ヘッドが返る・戻りやすい。フェース面をスクエアに戻しやすい。
 
ドライバーよりも安心感がある
★苦手意識を振り払って打つことが出来る。
 
シャローだから
★スプーンはフェアウェイウッドですからシャローとなっています。故にミートしやすいフェース面形状となっています。
 
低重心・浅重心だから
★基本的に低重心となっており、浅重心(前重心)で低スピンとなっています。最近はソールにスリットを設けて更に弾き感を増しているモデルもあります。

▲上記のポイントが3番ウッド(スプーン)の打ちやすさを手助けしてくれているように感じます。

ドライバーがダメだからティーショットでスプーン多用 という記事もありますので併せて読んでみて下さい。

 

スポンサー広告

 

練習場で登場した3番ウッド(スプーン)

キャロウェイのXHOT、そしてテーラーメイドのRBZ STAGE2 の 3番ウッド(スプーン)を打ちました。RBZ STAGE2 はとても打ちやすくて、確かに飛距離が出ますね。キャロウェイのXHOT は ボールが上がりにくい感じがしました。やはり、ある程度のヘッドスピードが無いと難しいみたいですね。

ティーアップをして打つことで、どちらの3番ウッド(スプーン)もドライバー並みの飛距離が出ていましたし、何発打っても弾道のブレが無いというか、再現性がとても高いと感じました。つまり、オートマチックに良い弾道が打てるということです。簡単です。ということは、ゴルフ場でもナイスショットが出るという予感がします。

でも、私としてはティーアップしたボールを3番ウッド(スプーン)で打つのは難しいと感じます。ボールの下にヘッドがもぐってしまって天ぷらになりそうな感じがします。ボールをティーアップしない場合はダフりそうな感じがします。

私の場合は、やはりティーショットはドライバーの方が簡単だと思います。

 

ドライバーが苦手なら・・・

ドライバーが苦手ならば、安心して打てる3番ウッド(スプーン)を使うということは良い考えだと思います。ただ、ドライバーもしっかりと打てるように練習をすることが大切です。ドライバーを使うと色々な問題が発生するので、不安があり使わないというか、使えなくなっているのだと思います。2番ユーティリティーでも良いし、3番ウッド(スプーン)でも良いのですが、ティーショットではある程度の距離が稼げるような自信を持って振ることができるクラブを作っておく(持っておく)ということは大切ですね。

私も以前はドライバーが苦手で、ユーティリティーなどでティーショットをしていた時期がありました。石川遼選手のZEROアイアンをリシャフトしてティーショット用として使っていた時期もありました。ドライバーの調子を戻すまでは、別のクラブでティーショットをしてスコアをまとめるということは良いことだと思います。時間短縮にもなりますからね。競技とかではOBだと打ち直しになったりしますからね。

ドライバーが不調だというゴルフ仲間には、ひとまず3番ウッド(スプーン)でティーショットをすることを勧めておきました。というよりも、もともと3番ウッド(スプーン)でティーショットをしようと思っていたけど、ドライバーではないからという罪の意識みたいなものがあったらしく、後押しをしてほしかったようです。

どんなクラブで打っても、良いスコアであがることができれば良いと思いますけどね。

自分がティーショットで、どういったショットをしたいのか目的を明確にすることが重要ですね。OBを減らしたい、飛距離を出したい、フェアウェイキープをしたい・・・などなど自分の思い通りのティーショットが出来るということは、大切なことですからね。

 

3番ウッド(スプーン)の方が飛ぶということのまとめ

スライスボールしか出ないドライバーと真っ直ぐ飛ばすことが出来る3番ウッド(スプーン)を比較した場合には、3番ウッド(スプーン)の方が飛距離が出せると思います。それは、真っ直ぐ飛ばせているからです。また、3番ウッド(スプーン)はシャローヘッド、シャローフェースとなっているので、フェース面のスイートスポット近くでボールを打ちやすいということも飛ぶということに繋がっています。ただ、ドライバーでも真っ直ぐ飛ばすことができれば、3番ウッド(スプーン)よりも明らかに飛距離をかせぐことができます。

つまり、3番ウッド(スプーン)を使って、それなりの飛距離を出せることに安心感を抱くことなく、ドライバーでも真っ直ぐに飛ばせるようになるための練習をしなければいけないと思います。

日々、精進
がんばります

 

  スポンサー広告
 

 

PR

ドライバーで飛ばすこと、ティーショットで飛ばすことに関する記事がいくつかありますので併せて読んでみてください。

その他、ミニドライバーに関する記事がありますので併せて読んでみてください