飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

シャフトの長さによる飛距離の違いを考える

スポンサーリンク

長尺ドライバーは飛ぶと言われています。その理由はシャフトが長いからですね。シャフトが長くなると飛距離が伸びるのは、シャフトが長い方がヘッドスピードが上がるからだと言われています。飛ぶと言われている最近のアイアンも密かにシャフトが0.5インチ長かったりもします。

 

シャフトの長さによる飛距離の違い

ミート率とか、スイングとか、実際のヘッドスピードなど細かなことは全く考えていません。理論的な数値としてはシャフトが1インチ長くなると、ヘッドスピードが1m/s上がると言われています。ヘッドスピードが1m/s上がると、ボールの初速が約1.45倍になると言われています。ボールの初速に係数4を乗算すると1.45×4=5.8となり、5.8ヤード飛距離が伸びるということになります。ということは、ヘッドスピード40m/sのゴルファーがシャフトを1インチ伸ばすことで、ヘッドスピードが41m/sになるという計算になり、飛距離は5.8ヤード伸びるという計算になります。

  • シャフト1インチ = ヘッドスピード1m/s
  • ヘッドスピード1m/s = ボール初速1.45倍
  • 係数4 × ボール初速1.45倍 = 5.8ヤード

スプーンとドライバーの飛距離差

ドライバーとスプーン(3番ウッド)を比べた場合には、ドライバーの方が飛距離が出ます。ヘッドの大きさ、シャフトの長さと、ロフト角の影響が大きいように感じます。ドライバーのヘッド体積460ccというデカヘッドだから慣性モーメントが高いという理由も加わって、ドライバーの方が飛ぶということです。

ヘッドが大きいドライバーとヘッドが小さいドライバーは、どちらが飛ぶかというとヘッドが大きいドライバーの方が飛びます。ヘッドの大きいドライバーの方が飛ぶというか、飛ぶための要素が多くなるという言い方の方が適切かもしれませんね。ヘッドの大きさというのは、飛ぶ要素にはなるのですが、飛距離に影響を与える比率というのは、それほど大きくないのではないかと思っています。もちろんヘッドが大きくなれば慣性モーメントが高くなりますから、飛ぶということにつながってきます。

ドライバーと3番ウッドの飛距離
ドライバーと3番ウッドの飛距離差に関しては、飛ぶスプーンのページで紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、シャフトを短くした場合
1 2 3 4 5
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン