飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

最近のドライバーは、シャフトが長い?

スポンサーリンク

最近のドライバーってシャフトが長くなってませんか?新しいモデルを何本か打ちましたが、長く感じますよね。数年前のドライバーは、長さ45インチ前後が多かったように思います。なかには、45インチと記載されていても、持って構えてみると、短く感じるドライバーもありました。

ゴルフクラブは、もともと誤差があるもの?

長さというのは、各メーカーそれぞれ測り方が異なっていたということもあり、明記されている長さよりも短く感じたり、長く感じたりすることはありました。ですが、最近のドライバーは明らかに長くなっています。シャフトの長さの測り方は、60度法、ヒールエンド方があります。最も権威のあるゴルフ協会 R&A では、60度法を取り入れています。JAGAもR&A適合評価法との整合性を尊重するとしています。

最近のドライバーはシャフトが長い

 

シャフトの長さ測り方

 

次のページは、シャフト長目のドライバーの紹介
1 2 3
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ