飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

最近のドライバーは、シャフトが長い?

更新:

最近のドライバーってシャフトが長くなってませんか?新しいモデルを何本か打ちましたが、長く感じますよね。数年前のドライバーは、長さ45インチ前後が多かったように思います。なかには、45インチと記載されていても、持って構えてみると、短く感じるドライバーもありました。

 

ゴルフクラブは、もともと誤差があるもの?

長さというのは、各メーカーそれぞれ測り方が異なっていたということもあり、明記されている長さよりも短く感じたり、長く感じたりすることはありました。ですが、最近のドライバーは明らかに長くなっています。シャフトの長さの測り方は、60度法、ヒールエンド方があります。最も権威のあるゴルフ協会 R&A では、60度法を取り入れています。JAGAもR&A適合評価法との整合性を尊重するとしています。

最近のドライバーはシャフトが長い

 

シャフトの長さ測り方

 

テーラーメイド R15 460 ドライバー(発売日2014年12月)

R15ドライバーは、以前に打たせてもらったことがあるのですが、クラブを持って構えてみると、短く感じます。45インチあるか無いかという感じです。

GDOギアカタログ
純正シャフト:TM1-11
長さ:45.25

 

テーラーメイド SLDR S ドライバー(発売日2014年5月)

SLDR S ドライバーは、使っていたことがありました。高弾道過ぎて、むしろ飛距離ロスしているのではないかと思うくらい高弾道です。こちらのドライバーも構えてみると短く感じました。

GDOギアカタログ
純正シャフト:TM1-414
長さ:45.5

 

テーラーメイド M2 ドライバー 2016年(発売日2016年3月)

カーボンを使ったコンポジット系のドライバーです。クラウン全体が、たわむ感じが心地よいです。M2 ドライバー 2016年モデルからは、構えてみると長さを感じます。自分の感覚で46インチくらいじゃないだろうかと思うほど長さを感じました。

GDOギアカタログ
純正シャフト:TM1-216
長さ:45.75
M2 ドライバー 2016年モデル詳細

 

テーラーメイド M2 ドライバー 2017年(発売日2017年3月)

M2 ドライバー 2017年モデルもシャフトが長くなっていると感じました。2016年モデルと同じように、46インチくらいはあるだろうと感じました。長いシャフトが苦手な人は、打ち難いかもしれませんね。

GDOギアカタログ
純正シャフト:TM1-217
長さ:45.75
M2 ドライバー 2017年モデル詳細

テーラーメイドのドライバーばかりをピックアップしましたが、キャロウェイのGBB EPIC STAR ドライバーも長く感じますね。GBB EPIC STAR ドライバーも長さは 45.75インチとなっています。

 

テーラーメイド Mグローレ ドライバー

2018年10月26日発売の最新モデルのドライバーです。Mグローレドライバーは、カタログ表記としては、長さが46インチとなっていますが、実際に構えてみると、それほど長く感じません。むしろ、短く感じます。アップライトになっていることが影響しているのかもしれません。実際に打ってみたレポートもありますので、参考にしてみて下さい。

 

テーラーメイド グローレ F2 ドライバー

2016年に発売されたドライバーです。カタログ表記としては、46インチとなっていますが、短く感じます。グローレF2ドライバーもアップライトとなっており、自分とボールの距離が縮まった感じがして、構えやすいからなのか、長さを感じません。

 

 

シャフトが長くなっていく理由

少しずつシャフトが長くなっていく理由としては、シャフトが長い方が飛ばせるからでしょうね。ドライバーの進化は著しく、様々な飛ばせる要素が盛り込まれてきましたが、結局のところシャフトが長い方がヘッドスピードが速くなって、飛ばせるということなのかもしれません。

スポンサーリンク
 

実際に、M2 ドライバー 2016年モデル、2017年モデルを振ってみて、ヘッドスピードを計測すると、1m/s~2m/sくらいヘッドスピードが速くなった感じはします。ただ、打点がズレやすい感じがしました。それは、シャフトが長いので、トゥダウンしているのかもしれません。最近のドライバーを使ってみて、長く感じた、打ち難いと思ったら、シャフトの長さが影響しているのかもしれませんね。

 

ゴルフクラブはリアルな数値を知るのが大切

ゴルフクラブには、ロフト角、ライ角、長さなどの数値が明記されていますが、実測すると誤差があったりします。ロフト角は、リアルロフトという言葉があるほど、記載されている表記の数字と実際に計測してみたロフト角の数値に誤差があるほどです。

新しいモデルのドライバーを購入して、打ち難さがある、長く感じると思ったら、リアル数値を確認してみると良いかもしれません。新しいドライバーを買って、打ち難いと感じると、自分が下手になったように思うこともありますし、スイングが壊れてしまうこともあります。

 

日々、精進
がんばります

 

関連記事

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン