飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アイアンのヘッドスピードを知ると見えてくるもの

スポンサーリンク

2018/4/13 更新
アイアンのヘッドスピードを知ると、PAR3のティーショット、グリーンを狙うショットのときに、役立つことがあります。ヘッドスピード、飛距離というのは概ねドライバーを想定して考える事が多いです。それは、ドライバーというクラブがゴルフクラブの中で最も飛ぶクラブだからでしょうね。では、アイアンのヘッドスピードを考えたことはあるのか・・・といいますと、私はあまり考えたことがありませんでした。というよりも、正直なところあまり気にしていませんでした。アイアンのヘッドスピードを知ることで、自分の特徴というものが見えてきます。

 

7番アイアンのヘッドスピードを知る方法

ドライバーでのヘッドスピードが42m/sだった場合を考えます。まずは、ドライバーと7番アイアンの長さを調べます。シャフトの長さ1インチ変わると、ヘッドスピードが1m/s変わると言われていますからクラブの長さから計算をすることができます。

仮に、ドライバーの長さが45インチ、7番アイアンの長さが37インチとします。ドライバーの長さとアイアンの長さの差を算出して、ヘッドスピードを計算することができます。

ドライバーとアイアンの長さの差
45インチ - 37インチ = 8インチの差
1インチ = HS1m/s
8インチ = 8m/s
ドライバーとアイアンのヘッドスピード差
ドライバーのヘッドスピードが42m/s - 8m/s = 34m/s
7番アイアンのヘッドスピード は 34m/sとなります

では、ヘッドスピード34m/s で 7番アイアンの飛距離を計算するには以下となります。

ヘッドスピード 34m/s × 係数 4 = 140ヤード

私自身が、ヘッドスピード 42m/sくらいなので、7番アイアンの飛距離は、ちょうど140ヤードくらいとなります。意外にも自分が思っているほど飛んでないということになります。というよりも、使用しているアイアンのスペックにも異なってきます。7番アイアンの長さ、ロフト角なども影響をしてきます。

※上述した計算は、あくまでも机上での計算であり、目安として考えてください。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、アイアンのシャフト長さ、ロフト角の比較
1 2 3 4 5
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン