飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

OBしない安全なティーショット、3番ウッド or ユーティリティ

スポンサーリンク

先日のラウンドで気付いたことは、やっぱりティーショットは重要ということですね。とくにドライバーでのティーショットなのですが、右に行ったり、左に行ったりとフェアウェイを捉えられずに難しいライにボールが行ってしまい、さらにゴルフが難しくなってしまうという悪循環。

ドライバーの不調

ゴルフというスポーツは何かひとつが出来るようになると、何かひとつ出来なくなるという繰り返しのような気がしますね。ドライバーが好調だと思ったら、フックが出始める。フックが治ったと思ったら、スライスが出始めたり、スライスが治ったと思ったらグリップが悪くなったりと新たな課題が発生したしります。

ラウンド中にスライスが連発すると、何がおかしいのかなと悩んでしまったりすることがあります。しかも、フェアウェイの広いホールに限って大きなスライスをしてしまうという、なんとも理不尽なドライバーショットを連発していました。スイングに関して悩みながらラウンドをしていたら余計に悪化するだけなので、考え方を切り替えてティーショットはスプーンで打つようにしました。

スプーンでティーショットをしても少しスライスが出ていましたので、グリップが悪いか、アドレスが悪いか、ボールの位置が左足側過ぎて無意識に擦りボールになっているか、粘ることができなくなって身体が浮いているかなど色々な原因が考えられます。

ウッドが苦手ならユーティリティでティーショットをする

私も、昔はドライバーがどうにもならなくなったときは、ユーティリティでティーショットをしていた時期がありました。ドライバーやウッドよりも、ロフト角が大き目になっているので、左右のスピンを相殺してくれるので、直進性が高く感じます。本当にウッドがどうにもならなくなったときは、200ヤード前後飛ばせるユーティリティがあると助かりますね。アイアンと同じように振っていけるというのが良いです。

常にドライバーの次に安心して飛ばせるクラブをつくっておくということは、大切なことだと思います。

ドライバーやウッドが打てなくなるのは、打ち方が変わってしまうからです。ユーティリティは、アイアンのように打っていけます。そして、セカンドショットもアイアンを打ちますから、ティーショットもセカンドショットも同じ感覚で打っていけるというのがポイントですね。

 

次のページは、おすすめのユーティリティの紹介
1 2 3 4
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン