飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ティーショット用 の ミニドライバー とか スプーンとか 少しまとめ

スポンサーリンク

少し前に流行した300ヤード飛ばすスプーン(フェアウェイウッド)は今でも人気があります。そして、その後に登場したのがミニドライバーと呼ばれるヘッド体積が小さめのクラブです。ドライバーとスプーンの中間になるから、ブラッシーだと言われたりもします。

ミニドライバーへの興味

今は私のドライバーが調子悪いものですから、飛ぶスプーン、フェアウェイウッド、ミニドライバーにとても興味を持っています。思い切ってドライバーを変えるというのもありますが・・・なかなか勇気が出ないんですよね。ドライバーを変更したり、シャフトを変更するというのは、それなりのコストが発生します。ですが、本当に結果オーライになるかどうは判りませんからね。

ドライバーでもしっかりとショットが出来ないと、スプーンだろうとミニドライバーだろうと、どんなクラブでもナイスショットは打てないとは思うのですが。ドライバーを替えたとしても、シャフトを変えたとしても、スイングを修正したとしても、直ぐにドライバーでナイスショットが出るわけではありませんからね。それなりに時間を要するはずです。

それまでの代替クラブとして、飛ぶスプーン、ミニドライバーと呼ばれるクラブを使いたいなと考えています。今までに使ったことのあるミニドライバーやティーショットに適したスプーンの少しまとめを自分なりにしてみました。

 

次のページは、ミニドライバーとは?
1 2 3 4 5 6
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン