飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ティーショット で ドライバー使わないの?

スポンサーリンク

ティーショットでドライバー使わないの? というような言葉はコンペや競技であれば、あまり言われることがありません。周りの人たちもゴルフは上がって何ぼということを判っているからなのかもしれません。

または、人がどんなクラブでティーショットをしようとも、ルール違反じゃなければ、好きにすれば・・・というくらいの感覚なのかもしれません。プライベートゴルフだと、これが、また、色々とウルサイ人も居たりしますね。

ドライバーを使う使わないじゃなくて、スコアをまとめる!

ドライバーを使うとか使わないじゃなくて、本当の目的を考えるティーショットでドライバーを使うとか、使わないとか、そういったことを考えるのではなくて、本当の目的を考えることが大切です。

ティーショットでドライバーを使うことがゴルフではありません。本当の目的は、良いスコアでラウンドがしたいという考えがあるはずです。または、先週よりも1打でも良いスコアでゴルフがしたいと考えていることもあります。

つまり、最終的な目的はスコアです。良いスコアでゴルフができることを最優先に考えて、良いスコアでゴルフができるためのマネジメントで自分のゴルフを展開していくことが大切です。

ティーショット で ドライバー使わないの?

と言われることもあります。いちいち気にしていたらゴルフになりませんからね。でも、不思議とティーショット=ドライバーという図式が頭の中で出来上がっているのでしょうね。

そんなことを言っている、私も昔はそうでしたけどね。とりあえずティーグランドにはドライバーを持って立っていました。距離が短いPAR4 ミドルのサービスホール的なミドルホール。でも狭くて、バンカーが多かったりするようなホールは、ドライバーじゃなくても良いと思うし。私は、平気でアイアンでティーショットをしたりしますが、それはドライバーが苦手とかじゃなくて、最終目標としては良いスコアでラウンドをしたいからです。

とりあえず、フェアウェイキープをしたいという気持ちが強くありました。

昔はミドルホールなどでティーショットをするときドライバーを使わないこと自体が、何故だか判りませんが、恥ずかしいという気持ちがありました。何故でしょうね。あの感覚は。最近は、自分の思い描いたゴルフをしたいという気持ちもありますし、スコアをまとめたいという気持ちもありますから、周りに流されること無くティーショットでは自分の想い描いた弾道が打てるようなクラブ選択をするようにしています。

ドライバーを使わないメリット

ティーショットでドライバーを使わないということで得られるメリットはたくさんあります。まずはフェアウェイキープ率が高くなります。また、ハザードにつかまり難くなります。故にセカンドショットは良いライから打てるという確立が高くなります。グリーンまでの距離は多く残るものの、綺麗に寄せていけばパーも獲れるだろうと思います。しかし、慣れないアイアンなどでティーショットをすると逆にミスをしてしまうかもしれませんので、要注意ですね。

ドライバーを使わないデメリット

ドライバーは一番飛距離を稼げるクラブです。そのドライバーを使わないということは、セカンドショット以降のグリーンまでの距離が多く残るということです。ティーショットをスプーンなどで打ったことによって、セカンドショットでは何番で打てば良いのか悩んでしまうということもあります。ドライバーでティーショットをしておけば良かったなと思うこともあるかもしれませんね。

後は、ドライバーを使わないということは、ドライバーを使った人との飛距離差が顕著に現れます。ですので、ドライバーを使った人よりもグリーンまで遠くなります。これが、ちょっと迷惑かなと思ってしまう自分が居ます。全員がドライバーを使えば、概ね同じような地点にボールが置かれます。もちろん、それぞれ飛距離や方向が違うのでバラつきはありますが、同じような場所にボールが行くので探しやすいというのと、確認しやすいということと、同伴者がバラバラな行動にならないということが挙げられ、全員が同じようなこと、似たようなことをすれば効率が良くなるように感じます。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、自分が目標としていること
1 2 3
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ