飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーの進化に合わせたグリップ(握り方)とスイング

ゴルフクラブに合わせた打ち方というのは、つくづく大切だなと感じています。ゴルフスイング理論というのは、ゴルフクラブの進化と共に進化と変化を繰り返してきています。

 

昔のクラブとグリップ(握り方)とスイング

昔のパーシモンのゴルフクラブは、ヘッドが小さくて、ヘッドローテーションしやすかったとのことで、フック系のミスを減らすグリップ(握り方)と打ち方が主流でした。ベン・ホーガンのモダンゴルフで紹介されているグリップ(握り方)は、ウィークグリップでした。スクエアグリップと紹介されていることもあります。また、パーシモンのドライバーは重かったということもあり、重さのあるゴルフクラブを振り回すためのゴルフスイングとなっていました。

ゴルフクラブの特徴

  • ヘッド体積が小さい
  • 重心距離が短い
  • ローテーションしやすい

グリップ(握り方)

ウィークグリップ or スクエアグリップ

ゴルフスイング

スイングは体重移動をする2軸スイングが主流だった。
大きくバンプさせることが普通でした。

 

デカヘッドのドライバーとグリップ(握り方)とスイング

ヘッド体積が460ccというデカヘッドになってからは、左手ストロンググリップ+右手ウィークグリップでグリップ(握る)するというゴルフスイングがスタンダードとなりつつあります。右手のグリップ(握り方)は、ウィークグリップに近いスクエアグリップであることも多いです。

ローリー・マキロイなどは、左手ストロンググリップ+右手ウィークグリップです。ヘッド体積460ccというデカヘッドをうまくコントロールして、ボールを捕まえて飛ばしてきます。

ゴルフクラブの特徴

  • ヘッド体積が大きい
  • 重心距離が長い
  • ローテーションし難い

グリップ(握り方)

左手ストロンググリップ+右手ウィークグリップ(スクエアグリップ)

ゴルフスイング

スイングはあまり体重移動をしない1軸スイングが主流です。

 

捕まるドライバーのグリップ(握り方)とスイング

更には、最近は重心角(重心アングル)が大きくてゴルフボールを捕まえやすいドライバーが増えてきました。左手ストロンググリップ+右手ウィークグリップで打つとボールが捕まり過ぎて、打ち出しから左方向へ飛んで、さらにフックするという弾道が増えてきたように感じます。なので、ウィークグリップにして打ったり、少しフェースを開いたまま打ったりするとストレートボールが打ちやすいです。

もともとスライスが多い人向けに作られているということもあり、スライスが打ちやすいスイングとグリップ(握り方)で打つと丁度良い感じです。

ゴルフクラブの特徴

  • ヘッド体積が大きい
  • 重心距離が長い
  • 重心角(重心アングル)が大きい
  • ローテーションしやすい

グリップ(握り方)

  • 両手ウィークグリップかスクエアグリップ
  • 左手ストロンググリップ+右手ウィークグリップ(スクエアグリップ)

ゴルフスイング

スイングはあまり体重移動をしない1軸スイングが主流です。

 

ゴルフクラブとグリップ(握り方)とゴルフスイング まとめ

最新理論のゴルフスイングを試してみ、なかなかうまく打てないのは、ゴルフスイング理論とゴルフクラブの構造が合致してないことが多いです。フィッティングも何もせずに、ドライバーを購入したりすることが多いはずですので、自分の打ち方の特徴を知っておくことが必要です。最近、色々なドライバーを打たせてもらいましたが、それぞれ個性があります。いつも通りの打ち方をするとスライスしか打てないドライバーもありますし、フックが強くなるドライバーがあります。

ドライバーの構造と自分のスイングの特徴

ドライバーの構造と自分のゴルフスイングの特徴をよく把握しておくことが大切です。フックが打ちやすいドライバー、スライス(フェード)が打ちやすいドライバーというのはあります。一般的にアスリートモデルのドライバーはスライス(フェード)が打ちやすくなっています。なので、スライスで悩んでいる人は、ボールを捕まえて飛ばせるドライバーを選んだ方が良いです。

もともとフック系のボールが打ちやすいのに、重心角が大きいドライバーを使っていては、フック系のミスが増えてしまいます。このような場合、ボールの捕まり具合を抑えた、ドライバーを使う方が良いです。

ドライバーはスライスするけどアイアンはフックする

簡単な説明としてはドライバーはスライスするけど、アイアンはフックするというような場合、打ち方の問題もあるかと思いますが、アイアンの方がヘッドローテーションしやすいですし、フック系のボールを打ちやすいということが言えます。

この例えは、ドライバーとアイアンというゴルフクラブの種類が異なりますが、スライスが打ちやすいドライバー、フックが打ちやすいドライバーというのがあります。

ゴルフスイングという自分の動作の問題もありますし、適切なゴルフスイングができてないこともありますが、使っているゴルフクラブに合ってないかもしれないという視点を変えてみると、自分が思い描いている打ち方のヒントを見つけることができることもあります。

日々、精進
がんばります

関連記事

タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 View this post on Instagram Tiger W...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンなスイングという点です。 ブライソン・デシャンボーのスイング分析 ブ...
グリップ(握り方)と肩の向きとの関係... 左手はストロンググリップ、右手はウィークグリップで握るというのが、これが正解だとは言い切れませんが、現代的なゴルフスイングとしては、良いグリップ(握り方)という...
パターが上手い人は頭が良いって本当?... 本当だと思います。パターが上手い人は頭が良いと言われる理由を紹介します。 信じるか、信じないかはあなた次第です。 パターが上手い人は頭が良いって本当...
ゴルフスイング理論の種類と特徴を紹介... 自分にあったゴルフスイング理論を探していると、色々なゴルフスイングに出会います。自分が実際に書籍を買ってみたり、勉強してことのあるゴルフスイングを紹介します。 ...
昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較... 昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較 初版昭和49年のゴルフスイング理論書籍 昭和49年のゴルフスイングに関して 現代のゴルフスイング...
アイアンのトップはボールの位置が原因... アイアンショットでトップする場合、ボールを前に運ぶという点では問題ありません。ただ、グリーンを狙った時にボールを止められないので、大変な思いをします。アイアンで...
ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由... ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由、私の勝手な見解としては答えが出ていますので、それを話していきます。 ゴルフスイング理論が難しくて勘違い...
2019年4月 マスターズ開催 とうとう、2019年もマスターズ開催が近づいてきました。 本当に1年ってはやいですね 2019年 マスターズ開催予定日 2019年4月11日(木)~ ...
左足下がり・左足上がり、爪先下がり・爪先上がりのショット... ゴルフ場の傾斜別ショットの紹介です。基本的には、左足下がり、左足上がり、爪先下がり、爪先上がりの4種類がありますので、それぞれ紹介します。これら4つの傾斜からの...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン