ヘッドアップ と ルックアップ

練習をしていて気付いたことがあります。ドライバー、アイアン、ウッド・・・どんなクラブでもボールを見続けていなくても真っ直ぐ飛ぶことがあるということに気付きました。つまり、急ぎうちで ついつい速くスイングをしてしまい、インパクトの瞬間を見ていないというか、打った瞬間に顔が飛球線を向いているという感じです。昔はボールを見ろ、頭を動かすな、頭を上がるなと言われて練習をしてきた時期がありました。ゴルフを始めた頃はボールを見るように言われて、頭を動かさないようにと習いました。頭を残すとか顔を残すという言葉で表現されることもあります。スイングが終わるまで、ずっとボールを見続けることなんて出来ませんし、頭が動かないようにすることは難しいです。ただ、軸をブレさせないようにするために、そういった言葉を使ったのだろうと思います。

スポンサーリンク
 

 

ただ、顔は動いても良いのではないだろうかと思っています。だんだん、ボールを打つということに慣れてくるとわかってくることなのですが、頭を動かさない、顔を残すという意味が少しだけですがわかってきます。

たしかに、頭を動かさないというのはスイングの軸をブレさせないということに繋がると思います。頭が左右に動いたり、前後に動いたりすれば、自然と身体も左右前後に動いてしまいますから、スイング軸もブレてしまいます。ですから、頭を動かさないためにボールを見るという言葉で説明をするのだろうと思います。たしかに、ボールを見ていれば頭を動かさないようにすることが出来ます。ただ、ボールを見続けて、頭を残し続けると、けっこう首に負担が掛かります。

ボールを見る、頭を残す、顔を残す・・・これはヘッドアップを予防するためのことなんだと思います。早く頭が上がってしまうことを防ぐための説明ということですね。頭が残ることなく、早く上がってしまう・・・つまり、早く飛球方向を見ようとすると、身体が開いてしまって、フェースが開いてインパクトを迎えてしまって、スライスをしてしまいます。基本的なことですね。ただ、ボールを見続けるには、我慢が必要です。起き上がらないように、我慢するとか耐えるということが必要になってきます。これが、とても負担になります。

ただ、ヘッドアップのような感じでスイングをするゴルファーも居ます。それは、アニカ・ソレンスタムです。今更、アニカ・ソレンスタムかと思われるかもしれませんが、素晴らしゴルファーはいつの時代でも良いヒントとなるスイングを持っていると思うんですよね。彼女のスイングを見た時には、これって頭上がっているのでは? 顔が上がるのが早いのでは? と思ったりなんかしました。アニカ・ソレンスタムのスイングは頭が上がっている、頭が残っていない、ボールを見ていない・・・ということに衝撃を受けた記憶がありました。

ボールを見る、頭を残す、顔を残す・・・インパクトまで頭を動かさずにすることで、身体の廻旋に支障が出る場合もあるのではないのだろうかという疑問がいつもありました。

 

アニカ・ソレンスタム の スイング


▲いきなり、アニカ・ソレンスタムのスイングが見られます。なんだか不思議なスイングです。インパクトの瞬間というか、インパクト直前で飛球方向に顔を向けるという感じですね。

 


▲ヘッドアップしているように見える・・・でも、これはルック・アップ打法と呼ばれており、ヘッド・アップではないとのことです。明らかにインパクトは見ていませんね。インパクト直前? 直後に飛球方向を向いています。

 


▲こちらはアイアンショットなのですが、これまた不思議なスイングです。飛球方向を向いて打ちますから、ボールを投げているような感じですね。これで、真っ直ぐ飛ぶということですから・・・

 

スポンサーリンク
 

 

ルック・アップ打法

アニカ・ソレンスタムのスイングはヘッドアップではなくて、ルック・アップですね。ルック・アップ打法と呼ばれています。ヘッドアップに見えますけど、ヘッドアップではありません。

ゴルフスイングは回転であり廻旋ですから、頭から背骨までを軸として考えた場合、顔もいっしょに回転させるという考えなのかもしれませんね。身体の回転と一緒に顔も回転すれば、適切なインパクトが迎えられます。ボールを見続けることで、スイングの回転に弊害が出るよりは、良い結果が出るということなのでしょうか。

ヘッドアップは身体が起き上がってしまいますが、ルック・アップ打法は身体が起き上がることがありませんから、適切な回転でインパクトを迎えられるのだと思います。ヘッドアップとルックアップの違いは、これでしょうね。

ルック・アップ打法を取り入れるのかどうか・・・というよりも、そんな打ち方が出来るのかどうか判りません。ただ、頭を残してボールを見続けるようなスイングよりは、身体には優しいスイングだと感じています。

練習をしていたときに、打ち急いでしまって顔が上がるのが早いときがあります。打った瞬間、顔が早く上がったからスライスするかな・・・と思ったら意外にも真っ直ぐ飛んでくれていることもあります。無意識のうちにルックアップになっているのかもしれませんね。

 

アニカ・ソレンスタム

SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
ローリー・マキロイ ウォームアップ 【 ラウンド前の練習 】... 世界ランキング1位のローリー・マキロイの練習ルーティンの動画をシェアします。世界ランキング1位となったローリー・マキロイの練習ルーティンが見られるというのは興味深いですね。厳密に言うと今現在の世界ランキング1位はジョーダ...
強烈なドライバーのスライスで大変な思いをした... 友人のお誘いで名門ゴルフ場でラウンドをすることが出来ました。しかも、土日連続でラウンドをして参りました。完全なメンバーコースですから、来場されてる方々はメンバーのみです。キャディさん帯同は基本です。コースは広くて、フラッ...
練習する時間が無ければ自宅でパターを練習する... サラリーマンであれば、なかなかゴルフばかりに時間を割くことが出来なかったりもしますし、練習する時間が無いということもあります。忙しい時でも、練習する時間が無い時でも、自宅でパターくらいの練習は出来るだろうということが中部...
ゴルフ三角形の連続で攻める【ボールは曲がってもOK】... ゴルフラウンドで自分が思った通りにボールを真っ直ぐ飛ばすことは難しいです。たまには、真っ直ぐ飛びますよ。でも、なかなか難しいです。ですので、ボールの落とし場所を面として考えると良いですよとゴルフレッスンの先生に教えてもら...
ゴルフ と イップス Yips ゴルフというスポーツにはイップスがつきものですよね。つきものって、しょっちゅうイップスになっていたら大変ですけど。その、イップスになりつつあるのが、私です。パターを持って構えると、入るであろう、1メートル以内の距離のパッ...
スポンサーリンク