飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アダム・スコットのアイアンショットから学ぶこと

イケメンなアダム・スコットですが、昔はホワイト・タイガーとか呼ばれている時期がありましたね。その由縁としては、スイングがタイガー・ウッズに似ていたからです。その後はアダム・スコットがスイングを変えていき、今のスイングになりました。今現在のアダム・スコットのスイングは美しいですね。アドレスも美しいし、スイングも澱みがありません。

スポンサーリンク
 

アダム・スコットのアイアンショットはターフをあまり取らないスイングをしますね。ボールだけをクリーンに打っているような感じがします。そのスイングはモダンであると何かの雑誌で紹介されていたのを憶えています。私はアイアンショットはあまりターフが取れないようなショットをしたいと考えています。ターフが取れるとか取れないというのはあまり問題ではなくて、ボールを確実にヒットさせたいということです。

PGATOUR の YouTubeチャンネルにアダム・スコットのアイアンショットの動画が投稿されていましのでシェアします。

 

A closer look at Adam Scott’s iron tee shot at Crowne Plaza

アダム・スコットのアイアンショットです。こちらの動画では、けっこう芝生が取れてしまうようなショットになっていますが・・・よく見るとボールをクリーンに打っていることが判ります。アイアンクラブがボールにヒットしてから、クラブが地面に接触するというお手本の様なスイングです。

スポンサーリンク
 

アイアンでボールをヒットしたところ

アイアンのフェース面がボールにヒットして、既にボールが離れていく(飛んでいく)ところの映像です。ボールをクリーンに打っていることになりますね。ゴルフクラブは芝生には接触していませんね。ボールをクリーンに打っていますから、フェースがボールを捉える時の良い音がしそうですね。

 

アイアンが芝生を剥ぐところ

ボールを打った後にアイアンクラブが芝生に接触して、芝生が剥がれていきます。ターフが取れる・・・という場面の映像ですね。芝生の取れ方もそれほど多くないという感じがしますね。

スポンサーリンク  

イメージ図で分析すると

アイアンクラブが下りてきて、フェース面がボールを捉えて、ボールを打ったあとにアイアンクラブが芝生に触れる・・・という感じですね。ですから、ボールを打ったあとにクラブが芝生に触れる。ボールを打ったあとにターフが取れるということになりますね。ターフが取れるというか、取れてしまうというか、それが自然な動きです。

 

アダム・スコットのアイアンショットは本当に美しいですね。とても参考になります。美しいスイングから美しい弾道が打ち放たれるというお手本のようなスイングですね。アダム・スコットのスイングをそのまま真似することは難しいかもしれませんが。

ターフを取るスイングというか・・・結果的にターフが取れるようなスイングが出来るということは素晴らしいことなのですが、けっこう身体に衝撃がくるんですよね。私の場合は首と背中が痛くなることがあります。自分の身体のことを考えると、ゴルフクラブが芝生に接触しないようなスイングの方が良いなと思うことがあります。また、ターフを取ってしまうと目土もしてあげなきゃいけませんからね。ターフを取らないアイアンショットは自分の身体とゴルフ場に優しいということかもしれませんね。

冬になって、ゴルフ場の芝生が枯れてきました。芝生が枯れてくると、アイアンが難しいと感じてしまいます。それは、芝生が枯れてしまってボールが芝生の上に乗りきっていないからですね。枯れた芝生の上だけど、芝生が枯れているから地面が見えたりしているような状態ですね。もうすこしボールをクリーンに打てるようになれると良いなと思っています。

アイアンショットでターフを取らない(あまりターフが取れない)ショットをするゴルファーというのはけっこう多いんですよね。例えば、リディア・コーもターフがあまり取れないタイプですね。スティーブ・ストリッカーもターフがあまり取れないショットをしていましたね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
2017/9/16 1:38