飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーの飛距離と身長の関係

 

ドライバーの飛距離と身長の関係

ドライバーの飛距離というのは身長が高いほうが有利なのだろうかとか、おかしなことを考え始めてしまいましたので、色々と調べて見ました。主に海外選手のSTATSを拾い上げて調べてみましたのでシェアします。

 

 

ローリー・マキロイ

RORYさん(@rorymcilroy)がシェアした投稿


スポンサーリンク  
  • 身長 : 177 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 320.5ヤード
  • ドライビングディスタンス ランク : 1位

とりあえず、ドライビングディスタンスのランクでトップなのは、ローリー・マキロイです。すなわち、ダスティン・ジョンソンよりも飛ぶし、安定しています。これは、トレーニングの賜物でしょうね。身長もそれほど高くないので、飛ばせるというのは、素晴らしいです。

 

 

ダスティン・ジョンソン

Final preparations. #wgcmatchplay

Dustin Johnsonさん(@djohnsonpga)が投稿した写真 –

スポンサーリンク
 

  • 身長 : 193 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 315.4ヤード
  • ドライビングディスタンス ランク : T5位

やはりダスティン・ジョンソンは飛ばしますね。彼がドライバーを持ってアドレスをしているのを見ると、まるでピッチングウェッジを持っているように感じるほどドライバーが短く見えるときがあります。やっぱり身長があるというのは、有利なのかもしれないですね。

 

 

ブルックス・ケプカ

Brooks Koepkaさん(@bkoepka)がシェアした投稿


  • 身長 : 182 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 313.1ヤード
  • ドライビングディスタンス ランク : T10位

2018年 全米オープン、全米プロゴルフ選手権で優勝したブルックス・ケプカは、いまのところ注目を浴びている選手です。飛ばすし、寄るし、入るし、とてもバランスの良い選手です。

 

 

ジェイソン・デイ

Slow mo. #OpenChampionship

Jason Dayさん(@jasondayofficial)が投稿した動画 –


  • 身長 : 182 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 311.6ヤード
  • ドライビングディスタンス ランク : 14位

ジェイソン・デイは以前から飛ばす選手だとは思っていましたが、現在はSTATSで14位だとは知りませんでした。勉強不足でした。彼の飛距離は身長よりも、本人の努力の賜物だと思います。

 

 

バッバ・ワトソン

Check out those muscles! #protein #InfiniteHeroGolfDay @infiniteherofoundation

Bubba Watsonさん(@bubbawatson)が投稿した写真 –


  • 身長 : 191 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 314.6ヤード
  • ドライビングディスタンス ランク : 7位

バッバ・ワトソンは曲げなければ最も飛ばすゴルファーだと思いますけどね。

 

 

ここからは私が好きな選手というか、興味を持っている選手となります。

ヒデキ・マツヤマ(松山英樹)

  • 身長 : 180 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 302.6ヤード
  • ドライビングディスタンス ランク : T45位

やはり彼の飛距離は気になりますね。日本人として海外選手と比べて、どれくらい飛距離があるのか。実際のところ、ぶっ飛びではありませんが、しっかりと飛距離を出していますね。海外選手に引けをとらない身体能力がありますね。

 

 

リッキー・ファウラー


  • 身長 : 175 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 301.1ヤード

リッキー・ファウラーは身長が低いです。175センチです。それでも、300ヤード以上も飛ばすというのは、強靭な肉体を持っているからなのかもしれないです。それとも若さゆえのパワーかも? もうすこし身長が高かったら余裕で300ヤード越えのショットをしてきそうな潜在能力を秘めているように感じます。

 

 

ジョーダン・スピース

Thanks for coming out @rickiefowler @zjohnsonpga Ryan Palmer @jjhenrygolf #SpiethShootout

Jordan Spiethさん(@jordanspieth)が投稿した動画 –


  • 身長 : 185 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 300.2ヤード
  • ドライビングディスタンス ランク : 68位

ジョーダン・スピースはリッキー・ファウラーよりも身長が高いですが、ドライバーの飛距離はリッキー・ファウラーよりも飛んでいません。ジョーダン・スピース本人も飛距離よりもショートゲームを武器にしていると言っています。ジョーダン・スピースの飛距離は弾道によるものかもしれないですね。

 

 

アダム・スコット

The weekend is upon us. (? via @wellsfargogolf) #MiGolfClub #MiGolfTour

Adam Scott Officialさん(@adamscottsmigc)が投稿した写真 –


  • 身長 : 183 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 305.7ヤード
  • ドライビングディスタンス ランク : 30位

アダム・スコットもけっこう飛ばしますよね。飛ばすというか全体的にまとまったショットをしてくるイメージがあります。飛ばし屋ではないかもしれませんが、それでも飛んでいる方だと思います。アダム・スコットが使用しているドライバーのシャフトの長さはたしか45インチより短かったと思います。44.5とか、44.75くらいのはずです。

 

 

ジャスティン・ローズ

  • 身長 : 191 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 302.9ヤード
  • ドライビングディスタンス ランク : 43位

ジャスティン・ローズは身長191センチということで、ダスティン・ジョンソンとあまり身長は変わらないですね。

 

 

フィル・ミケルソン

After a 2nd place finish at the PGA Championship, Phil wins $1,800,000. And moves to 9th in the OWGR and 42nd in the Fedex cup rankings.

Phil Mickelsonさん(@philmickelson_golf)が投稿した写真 –


  • 身長 : 191 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 299.7ヤード
  • ドライビングディスタンス ランク : 72位

フィル・ミケルソンは身長が高いというよりもプロレスラーのような体格をしていますから、かなり飛ぶだろうと思ったのですが、まずまずの飛距離。

 

 

タイガー・ウッズ

Perfect start to #tigerjam weekend!

Tiger Woodsさん(@tigerwoods)が投稿した写真 –


  • 身長 : 185 cm
  • ドライバー平均飛距離 : 304.7ヤード

少し前まではタイガー・ウッズもどちらかというと飛ばし屋の部類に入るんだろうなと思う時期がありました。
43.5インチのドライバーから繰り出されるショットは素晴らしかったです。昨今では300ヤード越えが当たり前となってきていますけど。最近、復活してから、直ぐに上位にあがってくるなど、さすがの実力を見せつけてくれます。

 

 

距離は飛ばせたほうが有利だとは思うので、飛距離が欲しいですね

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン