飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ブルックス・ケプカのセッティング

更新:

 

ブルックス・ケプカのセッティング 2019年

全米プロゴルフ選手権優勝時のセッティングです。ドライバー、ウッド

ドライバー テーラーメイド M5 ドライバー 10.5度
三菱ケミカル ディアマナ D+ リミテッド(TX)
フェアウェイウッド(3番) テーラーメイド M2 フェアウェイウッド ツアー 16.5度
3番アイアン ナイキ ヴェイパー フライ プロ
4番アイアン~PW ミズノ JPX 919 ツアー
ウェッジ タイトリスト ボーケイデザインSM7 RAW(52度、56度)SM4(60度)
パター スコッティキャメロン T10セレクト ニューポート2

 

2018年 全米プロゴルフ選手権時 クラブセッティング

ドライバーは、引き続き テーラーメイド M3 ドライバー 460 を使ってます。全米オープンで優勝したときのセッティングと同じです。

ドライバー
テーラーメイドM3ドライバー / ヘッド体積460cc
ロフト角:9.5度
装着シャフト:ディアマナD+70TX

3番ウッド
テーラーメイドM2ツアーHL
ロフト角:16.5度
装着シャフト:ディアマナD+80TX

アイアン
3番アイアン:ナイキ Vapor Fly Pro
4番アイアン~PW:ミズノJPX-900

ウェッジ
タイトリスト ボーケイ SM7

パター
スコッティキャメロン T10 セレクト ニューポート2

 

 

2018年 全米オープン 優勝

2018年6月18日追記
ディフェンディング・チャンピオンとしての実力を見せつけて、見事に二連覇達成しました。
世界ランキングは、10位となりました。

A champion and his 🏆 Congrats to @BKoepka on a performance to remember! 📸USGA/Jeff Haynes

U.S. Open Championshipさん(@usopengolf)がシェアした投稿 –

2018年 全米オープン 優勝時のセッティング

2018年6月18日追記


M3ドライバー460cc (ロフト角:9.5)、シャフトはディアマナD+70TX
アイアンは、ミズノJPXを使用しています。

もともと、ナイキを使用していましたが、ナイキが撤退したことにより、クラブ契約はしてないようです。使用しているクラブメーカーも統一されていません。

ブルックス・ケプカ使用ドライバー

2018年最新モデル
Yトラックによりウェイトを移動させて、自分好みの弾道調整ができるようになっています。ツイストフェース、ハンマーヘッドも搭載しており、飛び性能の高いドライバーです。標準装着シャフトは、KUROKAGE TM5ですが、他のシャフトもあります。
【送料無料】テーラーメイド M3 460 ドライバー

ブルックス・ケプカ使用フェアウェイウッド

テーラーメイド M2 Tour FW 3HL(16.5) USモデル
USモデル
M2ツアー フェアウェイウッドは、3番ウッドのロフト角が16.5度となっており、従来の3番ウッドよりもロフト角が大きくなっています。高い打ち出しで打っていくことができます。
テーラーメイド M2 Tour FW 3HL(16.5) USモデル

ブルックスケプカのパター

超高速グリーンでもナイスパッティングを決めた、ケプカのパター。飛ぶし、パターもうまいというのが、ケプカの強味ですね。

 

 

2018年 ブルックスケプカのドライバー

今まで、ナイキを使っていたケプカ。ナイキが、ゴルフクラブ用具の製造販売を撤退してからは、テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデルを使用していました。来日したときにも M2 ドライバー 2016年を使っていました。2018年からは、テーラーメイドの最新モデルのドライバー M4ドライバーを使っています。

シャフトスペック、ロフト角などの詳細は判りませんが、M4 ドライバー 2018年モデルを使用しています。ケプカは、ハードヒッターですから、左のミスを警戒するために、M2 2016年モデルのドライバーを使っていたようです。インタビューでも、フェードが打ちたいからとコメントしていました。M4 ドライバーもフェードが打ちやすくなっているのでしょうか。M2 ドライバー 2016年モデルは、捉まるとは言い切れないドライバーです。重心距離が2017年モデルのM2よりは短いものの、捉まりを抑えたドライバーです。普通に打って、普通にフェードします。

日本国内では、今のところ詳細が発表されていませんが、M4 ドライバーには、D-TYPE という捉まり重視のモデルが用意されているとのことですから、従来のM4 は フェード用、D-TYPEはドロー用というように、区別されている可能性があります。

関連記事
テーラーメイド M3、M4 ドライバーの紹介をしています。

 

 

ブルックス・ケプカのパター

T10 スタジオセレクト ニュー ポート2 を使用しています。フェース面に、ブルックス・ケプカの頭文字、B.K. が刻まれています。ケプカは、かなりパターのセンスがありますからね。

 

 

ブルックス・ケプカ 全米オープン優勝時のセッティング

2017年 全米オープンで、ブルックス・ケプカが優勝しました。早速、優勝セッティングが紹介されておりましたのでシェアします。


全米オープン優勝時の写真。ちなみに腕時計はロレックスだそうです。

ブルックス・ケプカのセッティング

ドライバー
テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル ロフト角 9.5°
シャフト:Mitsubishi Rayon Diamana D+ 70TX

3番ウッド
テーラーメイド M2 ツアー 2017年モデル ロフト角 15°
シャフト:Mitsubishi Rayon Diamana D+ 80TX

ドライビングアイアン
NIKE Vapor FLY PRO 3番アイアン
シャフト:Fujikura Pro 95 Tour Spec X-Flex

アイアン
ミズノ JPX-900 ツアー 4番 – PW
シャフト:True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100 (4-9), S400 (PW)

ウェッジ
Titleist Vokey SM5 (48-10 F Grind, 52-12 F Grind), Titleist Vokey SM4 TVD (60-M)
Shafts: True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400

パター
Scotty Cameron Tour Only T10 Select Newport 2

ボール
Titleist Pro V1x

元ソース:Brooks Koepka’s Winning WITB

 

 

ブルックス・ケプカのスイング


ブルックス・ケプカのスイングです。とてもパワフルなスイングをしてきます。もともと、飛ぶし、パターの精度も高く、今後の活躍が楽しみなゴルファーですね。

 

 

2018年 ブルックス・ケプカのヘッドスピード・飛距離・ミート率

2018年 全米プロゴルフ選手権で優勝した、ブルックス・ケプカのヘッドスピード、飛距離、ミート率の紹介です。ケプカは、もともと飛ばせるタイプのゴルファーです。毎年、少しずつ飛距離アップしている感じもします。ボールスピードは、80m/sを超えてきます。

  • DRIVING DISTANCE:313.1
  • CLUB HEAD SPEED:121.84
  • SMASH FACTOR:1.484
  • ドライビングディスタンス:313.1ヤード
  • ヘッドスピード:54.46m/s
  • ミート率:1.484
  • ボールスピード:81.08m/s

 

関連記事

タイトリストTS1ドライバー、TS4ドライバー 比較... タイトリスト TS1 ドライバー、TS4 ドライバーを打ち比べてみましたので違いをレポートします。 タイトリストTS1ドライバー、TS4ドライバー 比...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバーを使ってみた感想... 先日、ラウンドでテーラーメイド オリジナルワンミニドライバーを使わせてもらいましたので、その感想・レビューを紹介します。 テーラーメイド オリジナルワ...
M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた... テーラーメイドの公式ネットショップでアイアンを買ってみましたので、流れを紹介します。 M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた テーラ...
タイトリスト TS1 ドライバー | 試打レポ... タイトリスト TS1 ドライバーを打ちましたので、そのレビューをします。 タイトリスト TS1 ドライバー タイトリストの軽量ドライバー シャ...
ゴルフのための体幹トレーニングは間違い?... ゴルフスイングという動作が科学されて、どのような動作と筋力が必要なのか理解できてくると、体幹を鍛える、トレーニングするというのは違うということに気付きます。体幹...
ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日発売... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン