飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ブルックス・ケプカのセッティング

2018/1/7 更新

 

 

2018年 ブルックスケプカのドライバー

今まで、ナイキを使っていたケプカ。ナイキが、ゴルフクラブ用具の製造販売を撤退してからは、テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデルを使用していました。来日したときにも M2 ドライバー 2016年を使っていました。2018年からは、テーラーメイドの最新モデルのドライバー M4ドライバーを使っています。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

シャフトスペック、ロフト角などの詳細は判りませんが、M4 ドライバー 2018年モデルを使用しています。ケプカは、ハードヒッターですから、左のミスを警戒するために、M2 2016年モデルのドライバーを使っていたようです。インタビューでも、フェードが打ちたいからとコメントしていました。M4 ドライバーもフェードが打ちやすくなっているのでしょうか。M2 ドライバー 2016年モデルは、捉まるとは言い切れないドライバーです。重心距離が2017年モデルのM2よりは短いものの、捉まりを抑えたドライバーです。普通に打って、普通にフェードします。

日本国内では、今のところ詳細が発表されていませんが、M4 ドライバーには、D-TYPE という捉まり重視のモデルが用意されているとのことですから、従来のM4 は フェード用、D-TYPEはドロー用というように、区別されている可能性があります。

関連記事
テーラーメイド M3、M4 ドライバーの紹介をしています。

 

 

2017年 ダンロップフェニックストーナメント優勝時のセッティング

ブルックス・ケプカが来日して、ダンロップフェニックストーナメントに出場して、優勝しました。2016年のダンロップフェニックストーナメントにも出場して優勝していますから、二連覇となります。明らかに日本人ゴルファーとは、パワーが違いますし、飛距離が出ます。パワフルなのですが、パッティングの繊細も兼ね備えている選手です。

  • ドライバー
    テーラーメイドM2 ドライバー(2016年)(ロフト9.5度)
    シャフト:三菱ケミカル ディアマナ D70 flex-TX
  • 3番ウッド
    テーラーメイドM2 ツアー フェアウェイウッド(3HL 16.5度)
  • アイアン
    ナイキ ヴェイパー フライ プロ アイアン(3番)
    JPX900ツアー アイアン(4~PW)
  • ウェッジ
    タイトリスト ボーケイデザイン SM5ウェッジ(52度、56度)
    タイトリスト ボーケイデザイン TVD SM4ウェッジ(60度)
  • パター
    スコッティキャメロン ニューポート2 T10セレクト
  • ボール
    タイトリスト プロV1xボール (2017)

ブルックス・ケプカのパター

T10 スタジオセレクト ニュー ポート2 を使用しています。フェース面に、ブルックス・ケプカの頭文字、B.K. が刻まれています。ケプカは、かなりパターのセンスがありますからね。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

 

ブルックス・ケプカ 全米オープン優勝時のセッティング

2017年 全米オープンで、ブルックス・ケプカが優勝しました。早速、優勝セッティングが紹介されておりましたのでシェアします。


全米オープン優勝時の写真。ちなみに腕時計はロレックスだそうです。

ブルックス・ケプカのセッティング

ドライバー
テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル ロフト角 9.5°
シャフト:Mitsubishi Rayon Diamana D+ 70TX

3番ウッド
テーラーメイド M2 ツアー 2017年モデル ロフト角 15°
シャフト:Mitsubishi Rayon Diamana D+ 80TX

ドライビングアイアン
NIKE Vapor FLY PRO 3番アイアン
シャフト:Fujikura Pro 95 Tour Spec X-Flex

アイアン
ミズノ JPX-900 ツアー 4番 – PW
シャフト:True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100 (4-9), S400 (PW)

ウェッジ
Titleist Vokey SM5 (48-10 F Grind, 52-12 F Grind), Titleist Vokey SM4 TVD (60-M)
Shafts: True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400

パター
Scotty Cameron Tour Only T10 Select Newport 2

ボール
Titleist Pro V1x

元ソース:Brooks Koepka’s Winning WITB

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

 

ブルックス・ケプカ

2016年 ダンロップフェニックストーナメントに出場するために来日したことがあります。そして、優勝をしています。もともとは、NIKEのゴルフクラブを使っておりましたが、NIKEがゴルフ用具製造販売から撤退をするという余波を受けて、今現在はセッティングがバラバラな感じとなっています。ただ、ドライバー テーラーメイド M2 2016年モデルを使い続けているというのは、相当に相性が良いのでしょうか。

 

 

ブルックス・ケプカのスイング


ブルックス・ケプカのスイングです。とてもパワフルなスイングをしてきます。もともと、飛ぶし、パターの精度も高く、今後の活躍が楽しみなゴルファーですね。

 

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン