飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ブルックス・ケプカのセッティング

更新:

 

2018年 全米プロゴルフ選手権時 クラブセッティング

ドライバーは、引き続き テーラーメイド M3 ドライバー 460 を使ってます。全米オープンで優勝したときのセッティングと同じです。

ドライバー
テーラーメイドM3ドライバー / ヘッド体積460cc
ロフト角:9.5度
装着シャフト:ディアマナD+70TX

3番ウッド
テーラーメイドM2ツアーHL
ロフト角:16.5度
装着シャフト:ディアマナD+80TX

アイアン
3番アイアン:ナイキ Vapor Fly Pro
4番アイアン~PW:ミズノJPX-900

ウェッジ
タイトリスト ボーケイ SM7

パター
スコッティキャメロン T10 セレクト ニューポート2

スポンサーリンク  

 

 

2018年 全米オープン 優勝

2018年6月18日追記
ディフェンディング・チャンピオンとしての実力を見せつけて、見事に二連覇達成しました。
世界ランキングは、10位となりました。

A champion and his 🏆 Congrats to @BKoepka on a performance to remember! 📸USGA/Jeff Haynes

U.S. Open Championshipさん(@usopengolf)がシェアした投稿 –

2018年 全米オープン 優勝時のセッティング

2018年6月18日追記


M3ドライバー460cc (ロフト角:9.5)、シャフトはディアマナD+70TX
アイアンは、ミズノJPXを使用しています。

もともと、ナイキを使用していましたが、ナイキが撤退したことにより、クラブ契約はしてないようです。使用しているクラブメーカーも統一されていません。

ブルックス・ケプカ使用ドライバー

2018年最新モデル
Yトラックによりウェイトを移動させて、自分好みの弾道調整ができるようになっています。ツイストフェース、ハンマーヘッドも搭載しており、飛び性能の高いドライバーです。標準装着シャフトは、KUROKAGE TM5ですが、他のシャフトもあります。
【送料無料】テーラーメイド M3 460 ドライバー

ブルックス・ケプカ使用フェアウェイウッド

テーラーメイド M2 Tour FW 3HL(16.5) USモデル
USモデル
M2ツアー フェアウェイウッドは、3番ウッドのロフト角が16.5度となっており、従来の3番ウッドよりもロフト角が大きくなっています。高い打ち出しで打っていくことができます。
テーラーメイド M2 Tour FW 3HL(16.5) USモデル

スポンサーリンク
 

ブルックスケプカのパター

超高速グリーンでもナイスパッティングを決めた、ケプカのパター。飛ぶし、パターもうまいというのが、ケプカの強味ですね。

 

 

2018年 ブルックスケプカのドライバー

今まで、ナイキを使っていたケプカ。ナイキが、ゴルフクラブ用具の製造販売を撤退してからは、テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデルを使用していました。来日したときにも M2 ドライバー 2016年を使っていました。2018年からは、テーラーメイドの最新モデルのドライバー M4ドライバーを使っています。

スポンサーリンク  

シャフトスペック、ロフト角などの詳細は判りませんが、M4 ドライバー 2018年モデルを使用しています。ケプカは、ハードヒッターですから、左のミスを警戒するために、M2 2016年モデルのドライバーを使っていたようです。インタビューでも、フェードが打ちたいからとコメントしていました。M4 ドライバーもフェードが打ちやすくなっているのでしょうか。M2 ドライバー 2016年モデルは、捉まるとは言い切れないドライバーです。重心距離が2017年モデルのM2よりは短いものの、捉まりを抑えたドライバーです。普通に打って、普通にフェードします。

日本国内では、今のところ詳細が発表されていませんが、M4 ドライバーには、D-TYPE という捉まり重視のモデルが用意されているとのことですから、従来のM4 は フェード用、D-TYPEはドロー用というように、区別されている可能性があります。

関連記事
テーラーメイド M3、M4 ドライバーの紹介をしています。

 

 

ブルックス・ケプカのパター

T10 スタジオセレクト ニュー ポート2 を使用しています。フェース面に、ブルックス・ケプカの頭文字、B.K. が刻まれています。ケプカは、かなりパターのセンスがありますからね。

 

 

ブルックス・ケプカ 全米オープン優勝時のセッティング

2017年 全米オープンで、ブルックス・ケプカが優勝しました。早速、優勝セッティングが紹介されておりましたのでシェアします。


全米オープン優勝時の写真。ちなみに腕時計はロレックスだそうです。

ブルックス・ケプカのセッティング

ドライバー
テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル ロフト角 9.5°
シャフト:Mitsubishi Rayon Diamana D+ 70TX

3番ウッド
テーラーメイド M2 ツアー 2017年モデル ロフト角 15°
シャフト:Mitsubishi Rayon Diamana D+ 80TX

ドライビングアイアン
NIKE Vapor FLY PRO 3番アイアン
シャフト:Fujikura Pro 95 Tour Spec X-Flex

アイアン
ミズノ JPX-900 ツアー 4番 – PW
シャフト:True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100 (4-9), S400 (PW)

ウェッジ
Titleist Vokey SM5 (48-10 F Grind, 52-12 F Grind), Titleist Vokey SM4 TVD (60-M)
Shafts: True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400

パター
Scotty Cameron Tour Only T10 Select Newport 2

ボール
Titleist Pro V1x

元ソース:Brooks Koepka’s Winning WITB

 

 

ブルックス・ケプカのスイング


ブルックス・ケプカのスイングです。とてもパワフルなスイングをしてきます。もともと、飛ぶし、パターの精度も高く、今後の活躍が楽しみなゴルファーですね。

 

 

2018年 ブルックス・ケプカのヘッドスピード・飛距離・ミート率

2018年 全米プロゴルフ選手権で優勝した、ブルックス・ケプカのヘッドスピード、飛距離、ミート率の紹介です。ケプカは、もともと飛ばせるタイプのゴルファーです。毎年、少しずつ飛距離アップしている感じもします。ボールスピードは、80m/sを超えてきます。

  • DRIVING DISTANCE:313.1
  • CLUB HEAD SPEED:121.84
  • SMASH FACTOR:1.484
  • ドライビングディスタンス:313.1ヤード
  • ヘッドスピード:54.46m/s
  • ミート率:1.484
  • ボールスピード:81.08m/s

 

その他、よく読まれている記事

リョーマ マキシマ ドライバー | Ryoma MAXIMA TYPE-D... リョーマゴルフといえば、ビートたけしさん、木村拓哉さんがアンバサダーを務めているということもあり知名度が高いです。 ...
ゴルフスイングの打ち方が判らなくなったとき... たまにゴルフ練習場に行くと、打ち方が判らなくなってしまって、ダフッたり、トップしたり、ボールが真横に飛んでしまうこともあ...
アプローチでトップばかりする人のウェッジ選び... アプローチショットでトップばかりして、スコアメイクができないという場合の対処方法を紹介します。アプローチショットのコツな...
ゴルフクラブのライ角と打ちやすいアドレス(姿勢)... ゴルフクラブのライ角と打ちやすいアドレス(姿勢) ゴルフクラブのライ角と打ちやすいアドレス(姿勢) ゴルフク...
テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー USモデル... M2 D-TYPE ドライバーは2017年モデルです。少し古いドライバーですが、とても捉まりが良くて弾きの良いドライバー...
ゴルフドライバー 10年間の進化 | 何が進化したのか?... 2008年にSLEルールが制定されてから、10年が経過して、2018年となりました。 そして、2019年になりました。...
ドライバーのスライスの振り遅れとは... スライスの原因として引き合いに出されることが多いのが、振り遅れです。 では、振り遅れとは何かというのを知っておく必要が...
EPIC FLASH STAR と ROGUE STAR 比較 キャロウェイの2019年モデル EPIC FLASH STAR(エピック フラッシュ スター)ドライバーと前作モデルとな...
キャロウェイ EPIC FLASH STAR ドライバー | 試打レポ... キャロウェイ2019年モデルのEPIC FLASH STAR( エピック フラッシュ )ドライバーを打ちましたので、その...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン