飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

世界一の飛ばし屋は、もう、DJの時代じゃない?

更新:

PGAツアーのSTATS Driving Distance を見ていたら、なんと1位がローリー・マキロイとなっていました。以前にもローリー・マキロイがドライビングディスタンスで1位になっていたことはありましたが、直ぐにダスティン・ジョンソンが1位になっていました。最近は、ローリー・マキロイがドライビングディスタンスの部門で1位をキープしているようです。

 

最近のドライビングディスタンス

ダスティン・ジョンソンよりも飛ばせる選手が増えてきています。

選手名 飛距離
ローリー・マキロイ 320.5
トレイ・マリナックス 319.7
トニー・フィノー 316.9
ルーク・リスト 316.3
ダスティン・ジョンソン 315.4
トム・ラブラディ 315.4
バッバ・ワトソン 314.6
ゲーリー・ウッドランド 314.3
ジャスティン・トーマス 314.0
ブルックス・ケプカ 313.1

 

その飛距離差は、どこからくるのか?

ローリー・マキロイとダスティン・ジョンソンのヘッドスピード、ミート率を比較してみました。

ローリー・マキロイ


  • 身長:177センチ
  • 体重:72キログラム
  • 平均飛距離:316.2ヤード
  • ヘッドピード:53.58m/s(119.87mph)
  • ボールスピード:80.58m/s
  • ミート率:平均 1.504 / 最高値 1.518
スポンサーリンク  

ダスティン・ジョンソン


  • 身長:193センチ
  • 体重:86キログラム
  • 平均飛距離:314.3ヤード
  • ヘッドスピード:54.25m/s(121.36mph)
  • ボールスピード:80.61m/s
  • ミート率:1.486 / 最高値 1.517

 

上述したところから見えてくるのは、ダスティン・ジョンソンの方がヘッドスピードが速い。比例してボールスピードも速くなっています。ですが、ローリー・マキロイの方が平均ミート率が高いということです。

つまるところ、マキロイの方が安定して高いミート率で打てているということが伺えます。それが、飛距離アップに繋がっているのでしょう。いえ、一発の飛びではなく、平均飛距離がアップしていることですね。

マキロイは、ご存知の通りトレーニングをして、筋力アップをしていたということもあり、パワフルなスイングができるようになったのだろうと思います。ダスティン・ジョンソンは、もともと身長が高いですし、柔軟な身体で、深い捻転をつくって飛ばしてきます。

 

日本人選手は?

松山英樹選手 25位
平均飛距離:302.9ヤード
ミート率:1.456 / 最高値 1.493

石川遼選手 127位
平均飛距離:288.8ヤード
ミート率:1.456 / 最高値 1.517

松山英樹と石川遼を比べると、松山英樹の方が飛んでいます。平均ミート率は、同じなのですが、石川遼のミート率最高値は、1.517となっており、潜在的なパフォーマンスの高さがあることが伺えます。

飛ぶ選手は勝てる選手が多い?

日本国内の女子プロゴルファーの飛距離とヘッドスピード、ボール初速をまとめてましたが、やはり飛ぶ選手は勝てるというか、アドバンテージがありますね。ティーショットというのは、そのホールの第一打目となる訳ですから、最初から飛ばせていた方が、次のショットで持つクラブが変わってきます。5番アイアンで打つのと、8番アイアンで打つのでは、8番アイアンの方が精度の高いショットが打てる確率が高まります。

持つ番手だけではなく、グリーンまでの距離が縮められるのであれば、さらに的確なショットが打てるはずです。

やっぱり、飛距離は欲しいですね。

飛距離アップしてスコアが良くなるのか?と問われると、飛距離だけじゃないのは、判るのですが・・・飛ばせるのであれば、飛ばした方が良いと思います。私のようなアマチュアゴルファーは、とりあえず飛ばしておいた方が、良いスコアでまとめられそうな感じがします。

日々、精進
がんばります

関連記事

ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
手元が浮いてしまうゴルフスイング ゴルフラウンド中で最も危険な行為は手元が浮いてしまうスイングだと思います。人それぞれ考え方が異なるかもしれませんが、私の場合は手元が浮いてしまうことで、多くのミ...
右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツ... ゴルフスイングを説明するときによく言われるのが、左肩を顎下に入れるです。左肩を顎下に入るほど深く捻転をするという意味なのですが、左肩ばかりに意識向いてしまって、...
池田勇太のスイング分析 | 体重移動する2軸スイング... 池田勇太のスイング分析 | 体重移動する2軸スイング 体重移動と2軸スイング 池田勇太のドライビングパフォーマンス アドレス・テイクバック ...
タイガー・ウッズ P7 TW アイアン | 2019年5月24日発売... タイガー・ウッズ レプリカモデル アイアン登場! 2019年 マスターズで優勝をして、完全復活を果たしたタイガー・ウッズのシグネチャーモデルともいえる、テーラー...
インサイドヒットで打つ | タンジェント・スイング... 現代のゴルフスイング理論は色々とあります。どれが良いのか悪いのかなんて、一概には言い切れません。ただ、ゴルフスイングというのは過去と現代を比較してみると、課題と...
アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説... 手打ちするとスイング軌道がアウトサイドイン軌道となり、スライスの原因となることが多いです。アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説していきます。スライスが多い人...
タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 タイガー・ウッズ 優勝時のセッティング テーラーメイド...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンで左1軸なスイングという点です。1プレーンなスイングが個性的過ぎて、そちらに意識が向...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン