飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

キャロウェイ ニューモデル Rogue(ローグ)2018年モデル 発売日

スポンサーリンク

キャロウェイ ローグ 発売日

2月下旬発売予定(1月19日先行予約受付開始)
キャロウェイのサイトより、1月19日先行予約受付開始との告知がありました。

キャロウェイ ローグ 発売日

3モデルの発売日は、以下の通りとなります。(GDOショップより)

  • キャロウェイ ローグ スター ドライバー 2018年2月23日発売
  • キャロウェイ ローグ サブゼロ ドライバー 2018年2月23日発売
  • キャロウェイ ローグ ドライバー 2018年4月発売

キャロウェイ ローグ ドライバーの特長

キャロウェイ ローグ ドライバーは、ローグ スター、ローグ、ローグ サブゼロの3モデルあります。 3モデル共通している点は、今までキャロウェイが開発してきた、飛ばせるテクロノジーが、全て詰め込まれているという点です。

例えば、XR16ドライバーに採用した、ボーイング社との共同開発による、空力学が取り入れられています。前作から話題となっていた、 ジェイルブレイクテクロノロジーと名付けられた、ヘッド内部の2本の柱も組み込まれています。カーボンも多く採用されており、 前作モデルよりも軽量化が図られており、更に低重心化が進んでいます。

ルール ギリギリの反発は本当か?

前作、GBB EPIC STAR ドライバーでも話題となった、ルールギリギリの反発ですが、これは本当なのだろうかと疑問に思われるかもしれませんが、 本当です。ルールギリギリに近い反発が得られるような構造となっています。ただ、フェース面を研磨して、ルール適合内で高反発化 している訳ではなく、ジェイルブレイクテクロノロジーによって、無駄な撓みを抑えることで、反発が強くなっています。 前作でルールギリギリでしたから、2018年モデルのローグもギリギリの反発が得られるになっています。

もともと、キャロウェイはケミカルミルドという、化学薬品を使用して、ヘッドクラウンやフェースを肉薄にする技術を持っています。 レガシー、ディアブロ・オクテイン、GBB EPIC などにも使われている技術です。最新モデルのローグにも使用されています。それにより、 フェース面に肉薄化が図られています。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、キャロウェイローグシリーズ紹介
1 2 3 4
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン