CONTENTS MENU
 

ドライバーの飛距離の勘違い そんなに飛ぶと思ってるの?

自分の本当のドライバーの飛距離を知るというのは、とても大切ですよね。とくにはドライバーに関してのお話ですが、練習場では、すごく飛んでいるように感じるので、絶対に俺は250ヤード以上は飛んでいると思ってしまったりもします。

スポンサーリンク
 

私も以前は250ヤード以上は確実に飛んでいるはずだと思っていた時期もありましたが、とんでもない勘違いでした。250ヤード飛ばすなんて、とんでもないことです。というよりも250ヤード飛ばしてくるという人は、殆ど見かけないですね。最近は自分の平均飛距離を把握してゴルフをするようにしています。

自分の平均飛距離を知るにはヘッドスピードを計測するという方法があります。ヘッドスピードから自分のドライバーの飛距離を算出する方法があります。

一般的な計算方法

ヘッドスピード × 6 = トータル飛距離(キャリーとラン含む)
ヘッドスピード × 5.5 = キャリーの飛距離(ランは含まない)

※細かな要素は何ら含まれていませんので注意してください。高反発だとか低スピンだとか、そういった事は考えていません。

上述した計算方式が簡単にヘッドスピード、自分の飛距離を算出することが出来ます。ゴルフレッスンの先生が言うには、最近のドライバーは低スピンでボール初速も速いので、必ずしも上述した計算式が当て嵌まるとは言えないとのこと。ですが、おおよその目安にはなるとのことです。

一般的に言われている事として9番アイアンの倍数がドライバーの飛距離だと言われています。9番アイアンで120ヤード程度飛ばすのであれば、ドライバーは240ヤード程度は飛ぶだろうということですが、これも目安と考えた方が良いですね。

上述した計算方式により自分のヘッドスピードが38m/sだからといって、38 × 6 = 228ヤードという飛距離が常に出せると言うわけではありません。ヘッドスピードが速くてもしっかりとドライバーのフェイス面でボールを捉えることが出来なければ、当たり損ないのショットしか打つことが出来ませんので、ヘッドスピードが速くても飛距離は出ていないということもあります。

逆算の仕方 / 飛距離からヘッドスピードを知る

ドライバーの 平均飛距離が210ヤードだとしたら
平均飛距離210ヤード ÷ 5.5 = ヘッドスピード 38.181818 となります

ですので、ヘッドスピードは概ね ヘッドスピード 38 くらいであることが言えます。意外とヘッドスピードは自分が思っているよりも遅いんだと思います。遅いというか出ていないんだと思います。

自分のヘッドスピードが練習場で計測をしたときにヘッドスピードが41とか、42あったとしてもゴルフ場では、ヘッドスピードは38~40くらいしか出ていないです。それは、現場での緊張や慎重さなどが手伝い重なることで、ストレスとなっているからでしょうね。

一般的なゴルファーでドライバーの平均飛距離が210ヤードというのは、かなりハイレベルな方だと思います。ゴルフ場では多くてもドライバーを使用する回数が14回です。14回ドライバーを使った平均が210ヤードというのは、かなりお上手な人だと思います。

スポンサーリンク
 

飛距離の勘違い

よくゴルフ場で230ヤード地点( または、250ヤード地点 )のフェアウェイに旗が掲げられていたりすることがありますが、その旗を越えられないことも多いですからね。自分としては会心の一撃が出たと思って、ワクワクしながらボールの位置に行くとあまり飛んでいなかったり。ヤード表記が間違っているのか?と思うこともありましたが、自分の飛距離が出せていないだけですね。飛距離が出ていないということも謙虚に受け止めないといけませんね。

ドライバーの飛距離の勘違い

 
▲けっこうレギュラーティーから打っているのか、フロントティーから打っているのかすら判っていない人も居たりするようですから、飛距離の勘違いが発生するかもしれませんね。

殆どのゴルフコースにはIP(インタークロスセクションポイント)があります。吹流しの旗ですね。ティーグランドからは250ヤードだったり、230ヤードだったりとゴルフ場によって異なります。その距離はティーグランドの位置によって異なります。なかなか超えられないというのが真実だったりもします。

飛距離の事

ヘッドスピードのことが色々と判ってくると、ゴルフ仲間が 270ヤード飛ばした! とか 280ヤードくらい飛んだぜ! という話を、ふーん・・・そうなんだ・・・としか思わなくってしまったりもします。見ていないことに関しては評価できませんからね。ただ、ご本人さんとしては飛んだ!と感じているのでしょうね。

自分のヘッドスピードのことが明確になってくると、ドライバーの選び方が変わってきます。自分のヘッドスピードであれば、シャフトのフレックスは本当にフレックスSで良いのだろうか?

本当はフレックスR の 方が良いのでは?

ロフトも9.5度とか8.5度とか使っているけど、本当はロフト10.5度の方が良いのではないだろうか? 背伸びをすることなく、適切なドライバーを選ぶことが出来るようになります。

ヘッドスピードを簡単に上げる方法としては長尺ドライバーを使うという方法があります。私も長尺ドライバーを持っています。テーラーメイドのバーナーシリーズで、シャフトのフレックスはRで、先調子です。シャフトの長さと、撓りが手伝ってくれることでヘッドスピードが1ポイント以上は上がります。

ですが、やっぱり飛距離は欲しいです。飛距離をアップさせるにはヘッドスピードを上げなければと思います。ミート率というものありますが、まずはヘッドスピードを上げたいですね。私はもともと飛距離があまり出ないタイプなので、とにかくドライバーの飛距離が欲しいですね。

時折、女性ゴルファーでも体格の良い女性とかいるじゃないですか。身長170センチ近くあって、がっしりした体格の女性とか居ますよね。そういう女性って結構飛ばすじゃないですか。ヘッドスピードも聞くところによると、33~34は出るとのことですから、私と大差ないなと思いながら、悔しいなと感じることもあります。

自分自身のヘッドスピードを明確にして、確実な飛距離を理解すれば、適切なトレーニング方法も見つかるはずですから、飛距離を勘違いしない様にがんばります。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離が落ちたバッバ・ワトソン、他選手と飛距離比較 ダイエットをして10キロ痩せたというバッバ・ワトソンですが、マスターズは予選落ちとなりました。メディアからの質問に対して、反感を買うような発言をしたとか。 思うようなゴルフができずに、スコアを縮めることもできなかったから、イライラしていたのだろうと思います。イライラしているところに、予選落ちしま...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶドライバーの要素 【 反発係数の高いドライバー 】 やはり年齢と共に体力が減退しているからなのか、ドライバーの飛距離が少し落ちてきたように感じます。飛距離が落ちてきたというよりは、最近の大きな悩みである深い捻転が出来なくなってきたから、飛距離が落ちたのだろうと思います。飛ぶドライバーの要素は、いくつかありますが、反発係数、シャフトのこと、ヘッドのこと...
SNS シェア