飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフには好不調の波があって当然・・・そんなわけない

ゴルフというスポーツはそのときの気持ちや心などに左右されることが多くあります。ですから、調子が良いときもあるだろうし、調子が悪い時もあったりします。ゴルフには好不調の波があって当然だと思うこともありますが、本当は違うと思うんですよね。

調子が悪い時と調子が良い時の状況を考えてみました。

スポンサーリンク
 

 

調子が良いと感じるとき

ティーショットではOBが出ないし、けっこう自分の思った通りの場所にボールを運べることが多い。そして、アイアンショットなどもボールを上手に打てており、ダフリやトップが殆ど無い。

いつの間にか100というスコアを切り、90というスコアを切り、そして80台というスコアに突入をしていく。そこで、自分ではまずまずのゴルフが出来ていると勘違いしてしまうのだろうと思います。

ゴルフではPAR72が基本というか基準となっており、PAR4は4打、PAR3は3打、PAR5は5打というレギュレーションがあります。つまり規定打数通りのゴルフが出来るということが必要になってきます。無理してレギュレーション通りにしなくても良いのかもしれませんし、無理してレギュレーション通りのゴルフをしていないからこそ、80台というスコアでラウンドが出来るのかもしれません。

実は調子が良いと思っていても、レギュレーション通りにゴルフをするということは難しいということになります。その理由としては、自分の身体能力もあるだろうし、根本的なゴルフ技術が追いついていないだけなのかもしれないです。

調子が良いと感じるのは自分の思い通りのゴルフが出来ているから、だから そのように思うのだろうと思います。自分の思い通りのゴルフというのは・・・自分が想い描いていたスコアに近いスコアだからだと思います。

ただ、ここで満足をしてしまうと先には進めなくなってしまいます。80台というスコアに突入をしてから、本当のゴルフが始まるのだと思います。

調子が良いと感じるとき・・・それは、やっと基礎が出来てきたということだと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

調子が悪いと感じるとき

調子が悪い時というのは、何をやってもうまくいきません。バンカーに何度もつかまるし、短い距離のパターをはずしてしまうこともあるし、OBを連発することもあります。一度ミスをしてしまうと、慎重さが過敏となり、その慎重さが身体を萎縮させてしまい、適切なスイングが出来なくなってきている可能性があります。つまり、スイングが出来ていないということになります。ドライバーは打てるけど、アイアンが打てない。アイアンは打てるけど、ドライバーが打てないというのも、適切なスイングが出来ないだけなんだろうと思います。

つまり、良いショットが出来ない、スイングが出来ていないということになります。

調子が良いゴルフが出来ていたと思いながらも、いつの間にか調子が悪いゴルフをしていて、気付けば100を叩くなんてこともあります。80台というスコアを出す人が100を叩くなんていうことは、全く無いとは言い切れませんが、スイングが固まっていないからだと思いますし、まだまだ未熟なんだと思います。

調子が悪いと感じた時には、どのようなミスをしたのかをメモしたりなんかしておくと、次の対策がしやすくなります。私は、いつも何回ダフったとか何回トップしたとか、打ち急ぎだと感じたショットなどをメモしています。ダフリやトップが出ること自体が調子が悪いのではなくてスイングが出来ていないということに自分で気付かなければいけないなと思います。

調子が悪いと感じるとき・・・それは、適切なスイングが出来ない、つまりゴルフの基礎が出来ないということ。

 

つまりスイングが出来ていない

ある程度のスコアまでいくことは出来るけど、それ以上を目指すことが難しくなってくる。だけど、ある程度のスコアからさらに上を目指すことが本当のゴルフの始まりなんだと思います。

好不調の波が激しくて、82というスコアを出したと思ったら、101だったり、94だったりというのは、やはりスイングが固まっていない、適切なスイングが出来ていないからなのだと思います。自分が調子良かった時期を思い出しながら、最近は充実感の無いゴルフをしているな・・・と悩んでしまうこともあります。

スポンサーリンク
 

実は調子が良いとか調子が悪いというのは、調子が良かったことが偶然にもスコアをまとめられただけであり、本当は適切なスイングが出来ていないのだろうと思います。もしかしたら、練習場でボールを打っているときにも好不調があるのだろうと思います。昨日はアイアンが綺麗に打てて、ドライバーも良かったのに、今日の練習はアイアンもドライバーも打てなくなっている・・・そんなこともあります。

もしかしたら、今の自分のスイングで納得できるスコアが出せたとしても、それは偶然かもしれません。偶然を必然に変えるには練習と努力しかありません。

ゴルフラウンドに好不調の波があるということは、まだまだ未熟だということですね。ということで、スイングづくりに専念しております。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
2017/9/16 1:38