ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン
ゴルフテック | ゴルフトレーニング
Ameba公式トップブロガーやってます!
CONTENTS MENU
 

右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツ

ゴルフスイングを説明するときによく言われるのが、左肩を顎下に入れるです。左肩を顎下に入るほど深く捻転をするという意味なのですが、左肩ばかりに意識向いてしまって、右肩の回し方が浅くなっていることがあります。右肩を深く回すことで、右肩の突込みを防ぐことにもつながります。

右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツを紹介します。

 

右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツ

右肩の突込みを防ぐには、右肩をしっかりとまわして、ダウンスイングにかけては、右肩が元に戻ろうとするのを耐えながら、胸を飛球線方向とは真逆に向けておくようにすると良いです。言葉で説明をするのは簡単なのですが、行うのは難しいです。

身体を捻じった状態を保つためには、体力が必要です。
身体の粘りが必要となり、強い下半身が求められます。

右肩が突っ込んでしまうと、アウトサイドイン軌道になりやすく、スライスの原因となることもあります。また、アウトサイドから入って完全にボールが捕まって、とんでもないチーピンになることもあります。

右肩を残しておくことで、インサイド(内側)から打ちやすくなりますし、ボールを捕まえて、強いインパクトで打てるようになります。

右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツを更に細かく説明をします。

 

右肩を深くまわす意識を持つゴルフスイング

肩を水平にした状態で捻転をして、左肩が顎下に入った場合、右肩は頭の真後ろ、後頭部側まで回転していることになります。ただ、これがなかなか難しいです。難しいというか、右肩を深くまわせてないことが多いです。

どうしても、ゴルフスイングの捻転の基準は左肩になってしまいます。
それは、きっと目視できるからです。

スポンサーリンク

右肩を深くまわすコツ

テイクバックをして、トップスイングをむかえるにあたって、左肩が顎下に入るとき、右肩を深くまわす必要があります。右肩を深く回すコツとしては、右側の肘を背面にまわして飛球線方向に向けるイメージを持つと良いです。右の肩甲骨、背中(背筋)を使って捻転することが必要となります。

右腕をしっかりと曲げて、上腕二頭筋、上腕三頭筋のパワーを活かします。
野球のピッチャーがボールを投げるときの助走動作と似てます。

左肩を顎の下に入れるくらいにまわすことも大切ですが、右肩をまわして、自分の後頭部よりも奥に右肩をまわす意識を持つと良いです。また、大胸筋と背筋を使って、胸を開くようにすると右肩をまわしやすくなります。

右肘を引っ張るようにまわすという表現をされうこともあります。
自分にあった方法を見つけるのが賢明です。

スポンサーリンク

右手のグリップ(握り方)がウィークグリップの場合

右手のグリップ(握り方)がウィークグリップの場合、右手をかぶせるように握るので、親指を内側に入れるので、右肩が出やすくなることがあります。右肩のまわしかた、打ち方だけではなく、グリップ(握り方)もチェックすると良いです。グリップ(握り方)というのは、軽視されがちですが、肩の入り方、腕の回旋などに大きく影響を与えます。

 

右肩を残すイメージを持つ

右肩を深くまわすことができたら、右肩を残しますが、その動作を言葉で説明します。

テイクバックしてトップが作られた瞬間に左脚を踏み込んで股関節を回旋していきながら、下半身は飛球線を向きつつあるところを我慢して右肩を残し、胸を飛球線と逆に向けた状態を作ります。これが右肩を残すという動作となります。

下半身は飛球線に向けて動こうとしてる(戻ろうとする)状態で、上半身は飛球線とは真逆を向いた状態となっており、上半身と下半身の捻転差が作られます。これがポイントとなります。

そして、上半身と下半身の念点差が作られた状態から、捻じれ戻る勢いでゴルフクラブを振っていくことができます。既に下半身は飛球線を向こうとしており、下半身の動きに上半身が連動して動こうとします。この時に、腕とゴルフクラブが下りてきながら飛球線に向けて振られていくこととなりますので、手元が身体の近くを通りやすくなりますので内側(インサイド)からゴルフクラブを振りやすくなります。

手元が右側の骨盤辺り、右足前辺りを通過しようとした瞬間(ハーフウェイダウン)では、クラブヘッドが加速してくれるのを感じるはずです。その時に、ゴルフクラブを飛球線に向けて放り投げるように振りぬくと(腕を伸ばす)、右腕のパワーで押し込んでいくことできます。これが、右で叩くとも呼ばれてる動作となります。

これらの動きの源となるのは、身体の捻転です。身体を捻転させて、その状態を保つということが重要であり、それ以外の方法はありません。
なので、ある程度の身体的なパワー、体力は必要となります。

 

右肩を残すことでインサイドから打てる

右肩を残すことができれば、腕のパワーの邪魔を受けずに、インサイドからゴルフクラブを振りやすくなります。右肩を突っ込むと、アウトサイドイン軌道になりやすいですし、スライスの原因となることが多いです。無駄なチカラを抜いて、振り抜くことができますし、理想的なゴルフスイングとなります。

なので、猫背の人や仕事でパソコンを使っているという人は、肩が前にでやすいので、打ち方の問題というよりも日常生活の問題もあったりします。

日々、精進
がんばります

 

最新スイングを習得するならゴルフテック

GDOが運営してるゴルフスクール GOLFTEC(ゴルフテック) by GDO は、ツアープロのスイングと比較しながら自分に合ったスイングを習得することができます。ということは、シャロースイングなツアープロのスイングを比較していけば、シャローなスイングを習得しやすくなります。ゴルフテックには、そのようなメリットがあります。

最近トレンドのシャロースイング、ヒンジ、バウドリストなどの動きを数値化して自分のスイングに取り入れていくことができます。もしかしたら、それらの動きが自分に合ってないこともあります。GOLFTEC(ゴルフテック) by GDO は、それらをデータ化して可視化して、今まで以上に良いスイング作りの手助けになるはずです。

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン
止まるアイアン | 止まるウェッジ
ゴルフトレーニング
ゴルフは哲学だと捉えて、様々な考え方、理論を学びながらゴルフ上達を目指しています。サラリーマンゴルファーだからこそゴルフに費やす時間に限りはありますが、日々努力をしています。サラリーマンゴルファーの世迷言ブログです。読むゴルフを目指してブログを書いています。