飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツ

ゴルフスイングを説明するときによく言われるのが、左肩を顎下に入れるです。左肩を顎下に入るほど深く捻転をするという意味なのですが、左肩ばかりに意識向いてしまって、右肩の回し方が浅くなっていることがあります。右肩を深く回すことで、右肩の突込みを防ぐことにもつながります。

右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツを紹介します。

 

右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツ

右肩の突込みを防ぐには、右肩をしっかりとまわして、ダウンスイングにかけては、右肩が元に戻ろうとするのを耐えながら、胸を飛球線方向とは真逆に向けておくようにすると良いです。言葉で説明をするのは簡単なのですが、行うのは難しいです。

また、身体を捻じった状態を保つためには、意外と体力が必要です。
身体の粘りが必要となり、強い下半身が求められます。

右肩が突っ込んでしまうと、アウトサイドイン軌道になりやすく、スライスの原因となることもあります。また、アウトサイドから入って完全にボールが捕まって、とんでもないチーピンになることもあります。

右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツを更に細かく説明をします。

 

右肩を深くまわす意識を持つゴルフスイング

肩を水平にした状態で捻転をして、左肩が顎下に入った場合、右肩は頭の真後ろ、後頭部側まで回転していることになります。ただ、これがなかなか難しいです。難しいというか、右肩を深くまわせてないことが多いです。

どうしても、ゴルフスイングの捻転の基準は左肩になってしまいます。
それは、きっと目視できるからです。

スポンサーリンク

右肩を深くまわすコツ

テイクバックをして、トップスイングをむかえるにあたって、左肩が顎下に入るとき、右肩を深くまわす必要があります。右肩を深く回すコツとしては、右側の肘を背面にまわして飛球線方向に向けるイメージを持つと良いです。

右肘を引っ張るようにまわすという表現をされうこともあります。
自分にあった方法を見つけるのが賢明です。

スポンサーリンク

右手のグリップ(握り方)がウィークグリップの場合

右手のグリップ(握り方)がウィークグリップの場合、右手をかぶせるように握るので、親指を内側に入れるので、右肩が出やすくなることがあります。右肩のまわしかた、打ち方だけではなく、グリップ(握り方)もチェックすると良いです。グリップ(握り方)というのは、軽視されがちですが、肩の入り方、腕の回旋などに大きく影響を与えます。

 

右肩を残すイメージを持つ

右肩を深くまわすことができたら、右肩を残して、できるかぎり左腕主導で打ちます。腰を回転させて、下半身は飛球線を向きつつあるところを我慢して右肩を残し、胸を飛球線と逆に向けます。捻転差をつくったのを、いっきに捻じれ戻すのではなくて、ゴルフクラブが下りてくるまで待つというか、耐えるということが必要となります。

右肩を残すことで、自然と胸を飛球線に向けた状態で、ゴルフクラブと腕を下してくることができます。

これは、身体を捻転させて、その状態を保つということが重要であり、それ以外の方法はありません。
なので、ある程度の身体的なパワー、体力は必要となります。

 

右肩を残すことで左腕主導で打てる

右肩を残すことができれば、左腕主導のゴルフスイングとなり、インサイドからゴルフクラブを振りやすくなります。右肩を突っ込むと、アウトサイドイン軌道になりやすいですし、スライスの原因となることが多いです。無駄なチカラを抜いて、振り抜くことができますし、理想的なゴルフスイングとなります。

なので、猫背の人や仕事でパソコンを使っているという人は、肩が前にでやすいので、打ち方の問題というよりも日常生活の問題もあったりします。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン