ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

スプーンは打てるけど、ドライバーが打てない

今の悩みとしてはスプーンは打てるけど、ドライバーが打てないということです。ドライバーが打てないというか、スライス撲滅大作戦に取り組みだしてから、何かがおかしくなってしまいました。調子が悪くなったというよりは、調子が合わないという感じでしょうか。

スポンサーリンク
 

スプーンが打てて、ドライバーが打てないという、ゴルファーというのは珍しいとは思うのですが、そういう人も居るみたいですね。私がそうですから。何かが打てて、何かが打てないというのは、技術面の問題ではなくて、苦手意識が強くなってしまっているからだろうと思います。故にドライバーはスライスばかりが出てしまいます。スライスはいつものことですが・・・。だからこそ、スライスを撲滅するための練習をしていたりもします。

 

スライス撲滅の練習を始めてから、どんどんドライバーが打てなくなっています。打つ時に色々なことを考えてしまっているのだろうと思います。スイングなんて数秒の動作であり、瞬間的なのですが、その刹那に色々なことを考えてしまうというのは、走馬灯のようなものなのでしょうか。人間とは不思議な動物です。

スプーンが打てて、ドライバーが打てないというのは、中部銀次郎さんの言葉をお借りすると、スプーンとドライバーでは打ち方が違っているから・・・ということでしょうね。何が違うのか追求しつつ、自問自答してみました。

スプーンは打てる というのは芝生の上からか?
芝生の上から打てます。

ティーアップせずに打てるのか?
はい。打てます。

芝生の上からスプーンを打ったときにボールは上がるのか?
5番ウッド程ではないけど、けっこう上がります。

ということで、3番ウッド、5番ウッドは芝生の上からでも、ティーアップしても打てています。打てているといっても、多少はスライスしたりとか、当たりが悪いと感じる時もありますが、大きなミスはありません。

先輩ゴルファー達には、スプーンよりもドライバーの方が簡単なんだけどな、ボールはティーアップして打てるし、ヘッドも大きいからドライバーの方が簡単だ、あんたは変わっとるとか言われていますが・・・逆にヘッドが小さい方がフェースの真ん中でボールを打ちやすいというか、フェースの真ん中で狙いやすい気がするんですが・・・3番ウッドはヘッドが小さくて、フェースの面積もドライバーに比べれば小さいです。小さいからこそ、慎重に、丁寧に打つことで、ナイスショットが出るのかもしれませんね。

たしかに慣れてくるとドライバーというクラブは簡単なのかもしれません。ティーグランドも平らに近い状態ですし、ボールを芝生から浮かせて打つことが出来るという最大のメリットがありますから。ですから、本当はドライバーの方が簡単なのではないだろうかということです。それは、よく判るのですが、苦手意識が強くなってしまい、その苦手意識を払拭しなければなんともならないでしょうね。

ドライバーが打てないというか、ナイスショットが出ないというのは、きっと軸がブレているか、チカラが入っているかなのだろうとは思います。軸がブレていると言葉の中には、軸がブレる原因というのが幾つかありますから、それらをチェックしていかなければいけません。左足の踏ん張りが弱くて、左に身体が流れているとか・・・または、右足の踏ん張りが弱くて、すぐに右足の踵が浮いてしまって、クラブが走る勢いを相殺してしまっている場合もあります。

あとは、実はボールのティーアップが高すぎるという場合もありますね。

まずは、何がいけないのかをチェックして、見つけ出すことが先決ですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア