CONTENTS MENU
 

自分の本当の持ち球を知る

自分の本当の持ち球を知るということが大切だなと感じています。 自分では真っ直ぐ飛ばしていると思っていても、意外にもボールが曲がっていたり、少し左へボールが飛び出しているということが多々あります。

スポンサーリンク
 

自分の本当の持ち球を知るということは、これからの飛距離アップにはとても重要な情報となります。簡単に言ってしまえば、ゴルファーは自分に対して寛容であり、勘違いをしている傾向があるということです。

私はスライスを打ってフェードを打っていると勘違いしているタイプなのですが、なかなかアウトサイドイン軌道のカット打ちを修正することができません。というよりも、インサイドからクラブを振り下ろしてくることの難しさを感じています。昨今、低スピンドライバーが主流となっていますが、アウトサイドイン軌道では、どうしてもスピンが発生してしまい、低スピンドライバーの威力を発揮できてないように感じています。

特に、自分の持ち球に関しては、大きな勘違いと思い込みがあるように感じます。私自身もスライスを打っていながらも、フェードボールだと思い込んでいましたし、今でもフェードボールだと思い込んでしまっています。

持ち球がドローの場合

ゴルフ場でもボールが少しフックすると、ドローしたと言います。ですが、本当にドローボールなのでしょうか? 確かにフックしてきたのですからドローボールなのかもしれません。ただ、フックボール と ドローボール は全く異なります。

自分でドローボールを打てていると思っていても、本当は右手にチカラが入ってしまって、インパクト直前でフェース面を閉じるような動きをしてしまい、コントロールできないフック回転が発生しているだけということもあります。

フックボールを打って、ドローボールであると思うことは悪いことではないと思います。打てているという勘違いも上達に繋がるとかレッスンの先生が言っておりました。勘違いから自信がつくこともあるようです。

ただ、フックが強くなると、チーピンという左へ飛び出して、強く左へ曲がっている弾道になってしまうことがあります。チーピンは完全にコントロールを失ってしまった弾道となっていますので、左へのOBまっしぐらということも多々あり、これは絶対に避けたいです。

自分の弾道が本当にドローなのか、フックボールなのか、チーピンなのかを把握することが大切であり、その持ち球を修正するだけでも、飛距離アップに繋がることがあります。

持ち球がドローボール・・・だけど本当は?

  • 本当はフック?
  • 本当はチーピン?

フック持ちは叩けている証拠?

ゴルフ仲間内では、フックが出るということは、しっかりと叩けているということだという認識があったりもします。飛ばせる=フックが出る、叩ける=フックが出る そんな感じです。

ただ、私の場合はフックが出るというのは、右腕が強く入っているだけであり、アウトサイド軌道になっているだけなのだろうと思います。アウトサイドからクラブヘッドが入って、ヒール側にボールがヒットして、左方向へ低くく飛び出します。そういった時に限って、強弾道だったりもしますから、けっこうドキっとしてしまうこともあります。

つまるところ、フックが出るというのは、スイング軌道がアウトサイドになっていることが多いように感じます。

スポンサーリンク
 

持ち球がフェードボール

持ち球がフェードというゴルファーは実は多いです。ボールの打ちだしは少し左なのですが、ボールが右へ曲がってきます。つまり、スライスボールです。フェードとスライスボールの違いというのは見た目には判断し難いのですが、フェードを打とうと思って、打てるゴルファーは少ないというのが現実です。つまり、フェードを打っていると思っていても、実は単なるスライスボールであることが多いです。

スイング軌道はアウトサイドインのカット打ちとなりますから、ボールは左へ飛び出して、途中から右へ曲がってくるというスライスボールとなります。

スライスボールというのは、飛距離が出ません。ボールが着地してからも、あまりランが出ません。ただ、距離が出ないショットだからこそ、ゴルフ場で助かることは多くありますので、必ずしもスライスボールが悪いというわけではありません。

上級者であれば、フェードボールを打つ場合でも、ボールを捉まえてコントロールをすることができます。コントロールできないフェードは、スライスボールです。スライスボールを打っているうちは、飛距離アップができません。スライスを修正して、出来る限り真っ直ぐに飛ばすことができれば、飛距離アップにつながります。

持ち球がフェードボール・・・だけど本当は?

  • 本当はスライス?
  • 本当はアウトサイドイン軌道のカット打ち?

真っ直ぐ打つのがいちばん飛ぶ

ドローボール、フェードボールなど、ボールを曲げるのではなくて、真っ直ぐ打って、真っ直ぐ飛ばすことがいちばん飛ぶのだろうと思います。理由は簡単で、ボールは飛球線に向かって、真っ直ぐに飛びますし、ボールが着地してからも真っ直ぐに転がるからです。ヘッドスピードが遅くても、パワーの無いスイングだったとしても、曲がらないボールこそが飛びますし、飛距離が出なくてもフェアウェイキープがしやすくなります。

自分の本当の持ち球を知る ことは飛距離アップにつながるだろうし、OBを予防できると思いますので、勘違いしないようにしていきたいなと考えています。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
SNS シェア