飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

高いフェード(スライス)と低いドロー(フック)

高いフェードと低いドローという弾道の勘違いの紹介です。

 

思い通りのボールを打ちたい

ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。

というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。ですが、真っ直ぐ飛ばすということが最も難しかったりもします。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

低いフェードが打ちたい、高いドローが打ちたい

低いフェードが打ちたい、高いドローが打ちたいと言っている間は、真っ直ぐ飛ばせないようです。ゴルフレッスンの先生、曰くスイング軌道とフェース面が狂っているから無理でしょうとのこと。スイング軌道の線 と フェースの面 という この2つが重なり合って弾道が決定されるとのこと。

 

高いフェードは実はスライス

フェードということは、スライスボール。つまり、アウトサイドイン軌道でフェース面が開いてインパクトしているから、ボールは左に飛び出して、高く上がって右に曲がってくるというスライスになっているだけ。実は、フェードじゃなくて、単なるスライスボール。

高いフェードということは、フェースが開いて、ロフトが大きくなってインパクトしているので、高弾道で大きなスライスとなっています。ですから、高いフェードということになりますが、実はスライスです。

勘違いフェードの特長

  • 軌道はアウトサイドイン
  • フェース面は開いている
  • 高弾道で大きなスライス

 

低いドローは実はフック

ドローということは、フックボール。つまり、アウトサイドイン軌道でフェース面が閉じてインパクトしているから、ボールは真っ直ぐに近いか少し左に低く飛び出して、左に曲がるというフック。チーピンに近い弾道になってしまいます。実は、ドローじゃなくて単なるフックボール。

勘違いドローの特長

  • スイング軌道はアウトサイドイン
  • フェース面は閉じている
  • フェースが被ってチーピンに近いフック

 

アウトサイドイン軌道は悪?

私の場合、アウトサイドイン軌道となっており、フェース面が開いているのか、閉じているのかの違いで、打ち出される弾道が違ってくるだけとなっています。

アウトサイン軌道でフェース面が開いていれば、フェード(スライス)
アウトサイン軌道でフェース面が開いていれば、ドロー(フック)

 

最も良いのは真っ直ぐ

どうしてもボールは曲がります。ですが、最も良いのは真っ直ぐ(スクエア)に打つこと。ボールが真っ直ぐ打ち出されて、落ち際に少し左にいったり、少し右にいったりというような打ち方ができるようになるのが必要とのこと。ただ、真っ直ぐ(スクエア)に打つのが最も難しいんですけどね。

日々、精進
がんばります

 

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン