CONTENTS MENU
 

アイアンが打てないから・・・結局は練習あるのみ

練習量を増やして、時間の許す限り練習をしているのですが、やはりアイアンの精度が悪いですね。打てるようになったと思えば、直ぐに打てなくなるという・・・繰り返し。

スポンサーリンク
 

練習場の平らなライにも関わらず、良い当たりがあまり出ないという情けないショットを連発しています。フェース面でボールをしっかりと捉えたときの、バチンという心地よい音がまったくしません。微妙なトップみたいなショットになってしまい、パッカーン! という音からしてミスショットしているという感じです。微妙なトップというのは、ボールはある程度は上がるけれど、上がりきっていないという感じの弾道で、大きな放物線を描くことがありません。 明らかにグリーンで止めることはできないような弾道です。そんなアイアンショットでグリーンを狙っても、グリーンをこぼすに決まってます。

ショートウッドを使おうか

アイアンが打てないのなら、11番ウッド、13番ウッド などのショートウッドを使ってみようかという考えが頭を過ぎりました。ショートウッドを使えば、アイアンが上達するわけではありません。アイアンを必要とする距離を、ショートウッドを使っていこうという考えなのですが、上達を妨げてしまう可能性もあります。

ショートウッドというのは、どうしてもシニアゴルファーが使うクラブ、女性ゴルファーが使うクラブというイメージがあり、40歳代の男が使うクラブじゃないだろう、まだ早いだろうという意見もあったりします。

今からショートウッドを使っていたら、自分が本当にシニアゴルファーになったときに、何を使うのか? ということになります。つまり、ショートウッドを使うことで、それよりも楽なゴルフクラブが見当たらなくなりますから。

ということから、ショートウッドよりもユーティリティの方が良いのだろうかと考えたりもします。片山晋吾選手のセッティングは、6番アイアンからしか入れていません。あとはユーティリティを代用しており、とても参考になるセッティングです。

結局のところは、クラブを替えても、芝生の上から打つ という動作は変わりませんから、アイアンでもしっかりと打てるようにならなければいけないということです。やはり、芝生の上からのアイアンショットは難しいです。ゴルフ場では平らなライは殆どありません。微妙に左足下がりになっていたり、つま先上がりになっていたりすることもあります。併せて、これからの時節は芝生が枯れていきますから、ますます難しくなってきます。

アイアンの微妙なトップ?

ダフっていたかと思えば、最近のアイアンショットは微妙なトップになっているような感じです。リーディングエッジでボールを打っているような・・・ボールがフェース面に乗ってこない感じというか・・・でも、それなりにボールが上がって、飛んでくれるのですが、フェース面に乗っていないから、ボールがランディングしてから、とても転がります。トップしているのですから転がって当然なのかもしれません。

アイアンショットでトップをしているということは、ボールの置く位置が左足寄りになっている可能性がありますね。ドライバーに近い打ち方で、アッパーブローみたいな打ち方になっているのかもしれません。または、インパクト瞬間で身体が上に伸びているかも。身体が上に伸びるということは、踏ん張っている脚を伸ばしているのかもしれません。つまり、膝の位置が上下しているということですね。

スポンサーリンク
 

理想のアイアンショット

理想的なアイアンショットは、アイアンのリーディングエッジがボールと芝生の間に入って、ソールが芝生に触れるかどうかというくらいの入り具合が良いのではないだろうかと考えています。ボールの重心よりも少し下の辺りにエッジが入れば、自然とボールはフェース面を伝って、ずり上がってきますから、自然とバックスピンも発生して、高い弾道が打てるはず・・・だと勝手に思い込んでいます。ターフを取るというのは、結果的に取れるだけであって、ターフが取れることが必ずしもナイスショットではないと思います。

ターフを取るということを考えると、アイアンのエッジを深く入れようとしてしまいますし、ダフってしまう可能性もあります。ダフるというのは、アイアンのエッジが芝生に接着したときに、芝生の茎や根っこに引っ張られて、余計に下の方向へクラブが持っていかれてしまいます。ウェッジなどでもよくある症状です。

ということを考えると、やはりクリーンに打つことが最善。クリーンにボールを拾って(打って)、結果的にアイアンが芝生に接着するという感じでしょうか。

イ・ボミのスイングを徹底分析!アイアン編【プロのスイングデータから見えた!上達の近道】

イ・ボミちゃんのアイアンショット動画があるのですが、とても参考になります。去年の動画なのですが、撮影された季節がちょうど冬のようです。芝生の薄いところから、しっかりとしたアイアンショットを披露してくれています。

アイアンショットがスゴイというよりも、アドレスが綺麗ですね。ナイスショットしか打てないようなアドレスです。ボールの位置、手元の位置も参考になります。

アイアンが打てないのであれば、アイアンが打てるようになるまで練習あるのみですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
SNS シェア