アイアンでショットするときの構え方【 フェース面の合わせ方 】

ゴルフレッスンの先生とアイアンのフェース面の合わせ方で色々とお話をすることが出来ました。共にレッスンを受けている人たちも混ざって、どのようにしているのかを知ることができたのは大きな収穫でしたね。

スポンサーリンク
 

アイアンショットをするときには、ボールとフェース面を合わせてアドレスをします。フェース面は自分が打ちたい方向に向けたりします。フェース面を合わせるだけではなく、スイングの問題もありますが。スイングの起動とフェース面で、飛び出すボールの種類が異なってきますから、フェース面だけを考えるのはナンセンスかもしれません。

私は左へのひっかけ、チーピンがどうしても嫌なので、少しフェースを開いてスライスしてくれたほうが精神衛生面的には楽なんだけどなと思っているほうです。ですから、フェース面をボールに対して真っ直ぐにしてから、少しだけフェースを開くようにして合わせていました。

どうやらアイアンのフェース面の合わせ方は大きく2種類あるようですね。

1つはリーディングエッジ、スコアラインをボールに対して真っ直ぐに合わせるという方法。そして、もう1つはトップブレードを真っ直ぐに合わせて、少しフェースを左に向けさせるという方法です。どちらが良いとかではなくて、自分のスイングによって異なると思います。

アイアンのフェース面の合わせ方

 
上の図でいくと、私の場合は左側のフェース面をボールに対して真っ直ぐにしているタイプに部類されるそうです。このタイプは、フェースがボールにヒットをしたときに衝撃に負けてしまうとフェースが開いてしまい、スライスをする可能性があるらしいです。適切なスイング、適切なリストターンが出来なければ、フェースが開いてしまう可能性があるので、あまりオススメではないとのこと。

上の図の右側はトップブレードを合わせていますので、自然とフックフェースとなります。適切なスイングが出来れば、自然とドローが打てるとのことです。

共にゴルフレッスンを受けている人たちのアイアンのフェース面の合わせ方を教えてもらったのですが、5人中3人がトップブレードを真っ直ぐにするようにして合わせているとのこと。共にレッスンを受けている人達は私よりも少し年上で、かなりお上手な人達です。

ひとつ勉強になりましたね。

私の場合はフェースを少し開いているので、自然とボールが高く上がりやすいのと、スライスをしてしまうので、飛距離が落ちてしまうということが言えます。

共にレッスンを受けている人たちのアイアンの構え方というか、フェース面の合わせ方を知ることも出来たし、いろいろと試してみようと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
1メートルのパットは1打だけど、3センチのパットも1打... 8月に入って暑さが増してきました。夏ゴルフは暑さとの戦いという面もありますね。熱中症には注意しなければいけませんね。最近のラウンドはショットは、まずまずなのですが距離の短いアプローチと距離の短いパットが思うようにならず、...
ショートホールが難しいと感じるとき... ショートホールが難しいと感じるときというのは、ショートホールでスコアがまとまらないときであり、実はアイアンの調子が悪い時だったりもします。 距離の長いPAR3であれば、難しそうだなと感じることもありますが、ウッドで...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される... ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、と...
ドライバーの飛距離が190ヤード前後からの飛距離アップは簡単?... 私から見たら飛ぶゴルファーに分類される、先輩たちと茶をしながら談話をしていたのですが、そのなかで飛ばしの秘訣というか、先輩達が努力してきた内容を聞くことが出来ました。 とても興味深いです。先輩たちのドライバーショッ...
ビリー・ホーシェルの練習から学ぶこと... 2014年にフェデックスカップ年間王者となったことから、一躍有名選手となりました。ですが、その後は思うような成績を残せていませんでした。不調だったのかもしれませんね。ですが、今年 2016年 バレロテキサスオープンでは4...
スポンサーリンク