飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アイアンでボールをクリーンに打つ練習

アイアンでダウンブローで打つとか、払いうちで打つとか、色々な考え方による打ち方がありますが、最近はアイアンでボールをクリーンに打つ練習をしています。練習場のマット(地面)にアイアンのソールが触れないように打つ練習です。

スポンサーリンク
 
 

 

アイアンでボールをクリーンに打つ

実際は、ほんの少しだけですが、アイアンのソールがマット(地面)に触れていますが。アイアンの場合は、ボールをクリーンにヒットすることが出来ればとても良い打音がしますし、スピン量も増えてボールがとても高く上がってくれます。良い音の打音を聞くためにボールをクリーンに打つわけではなくて、クリーンに打つことで番手通りのスピン量、ボールの高さ、そして飛距離を打つことが出来ると思います。

今までは、アドレスをする時には、ボールの横にアイアンヘッドを置いて、ソールをさせてから、スタンスを決めて、グリップを決めていくという流れでしたが、最近はアイアンのヘッドをソールさせないようにしてアドレスをするようにしています。ヘッドを少し浮かせてアドレスをするようにしています。

スポンサーリンク
 

理論としては、ヘッドを浮かせた場所にヘッドが戻ってくれば良いのですが、やはりヘッドが少しだけ地面に触れてしまいます。まったく地面に触れさせずに打つというのはとても難しいとは思うのですが、ヘッドを浮かせていてもボールのヒットする時には、クラブヘッドが地面に触れてしまいます。ですので、アドレスの時よりもクラブヘッドが下がっているということになります。

 

スイングの始まりと終わりを意識する

アイアンでボールをクリーンに打つ練習をしていて気付いたのが、ゴルフスイングで本当のインパクトを目指す場所とスイングが終る場所がなんとなくわかってきました。

今までは、自分の身体の正面、真ん中に置かれたボールを狙っていたので、クラブヘッドがボールにヒットする前(身体の右側)にスイングが終ってしまっていたように感じます。つまり、スイングそのものがボールの置いてある位置で終わってしまっていたということです。そして、ボールの手前を少しダフったり、トップしたりということになります。スイングをしたときにクラブが空気を切る音が身体の真ん中、または身体の右側で鳴っていました。

ですが、自分の身体の左側というか、ボールの左側まで振り抜いていこうとすると、振り抜く手前でクラブがボールにヒットをしてくれます。ボールの手前でのダフリなどを防ぐことが出来ます。自然とクラブと腕が自分の身体の左方向へ振られていき、気持ちの良いフォロースルーをとることが出来るというのを発見しました。そして、クラブが空気を切る音が身体の左側で聞こえるようになってきました。

スポンサーリンク
 

つまり、ボールをクリーンに打つために、ヘッドがソールをしないようにと合わせれば、合わせるほどボールをクリーンに打つことが難しくなっていたということに気付きました。つまり、自分の腕(手)で合わせにいっているからです。そして、スイングで目標としているインパクトをする場所、フォロースルーを意識することで、クリーンにボールを打つことが出来るようになってきました。

アイアンでボールをクリーンに打つメリット
(2) 芝生が枯れてしまっている状態の時
(3) バンカーからのアイアンショットの時
(4) ダフらない・トップしない
(5) 番手通りの飛距離を飛ばすことが出来る
(6) ボールが高く上がる

 

練習の仕方

練習場ではボールを少しだけティーアップをして打つという練習をしています。ティーアップされたボールをアイアンで打つのはなかなか難しいです。地面から浮いているボールを打つわけですから、クラブヘッドがボールをクリーンに捉えられなければ、クラブヘッドがボールの下に潜ってしまったりします。クラブヘッドがボールの下に潜ってしまい、高いボールが出る場合は天ぷらと同じような症状の疑いがあります。

 

ゴルフはミリ単位で繊細

アイアンでボールをクリーンに打つ練習をしはじめてから、やはりゴルフミリ単位で繊細なスポーツだということを再認識しました。アイアンショットで1センチでもクラブヘッドが下がればダフリ気味になってしまいますし、芝生を狩ってしまうようなショットとなってしまいます。アイアンでボールをクリーンに打つには、クラブヘッドが芝生に触れるというか、撫でるような感じとなりますし、大きく芝生が取れることはありません。
微妙で繊細だけど、エネルギーを蓄えたスイングをしなければいけません。ゴルフの精度を高めるには、繊細さが必要だと感じました。

アイアンでボールをクリーンに打つことが出来れば、グリーンで止めやすいボールが打てそうな気がしますし、どのようなライであってもしっかりと、ボールを捉えるショットが打てそうです。
キム・ハヌルちゃんのクリーンに打つアイアンショット参考 という記事や、アダム・スコットのアイアンショットから学ぶこと という記事では、ボールに対してクリーンにコンタクトしている動画などが見られます。

日々、精進
がんばります

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
2017/9/16 1:38