飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アダム・スコットのアイアンショットから学ぶこと

更新:

 

アダム・スコットのアイアンショット

イケメンなアダム・スコットですが、昔はホワイト・タイガーとか呼ばれている時期がありましたね。その由縁としては、スイングがタイガー・ウッズに似ていたからです。その後はアダム・スコットがスイングを変えていき、今のスイングになりました。今現在のアダム・スコットのスイングは美しいですね。アドレスも美しいし、スイングも澱みがありません。

アダム・スコットのアイアンショットはターフをあまり取らないスイングをしますね。ボールだけをクリーンに打っているような感じがします。そのスイングはモダンであると何かの雑誌で紹介されていたのを憶えています。私はアイアンショットはあまりターフが取れないようなショットをしたいと考えています。ターフが取れるとか取れないというのはあまり問題ではなくて、ボールを確実にヒットさせたいということです。

PGATOUR の YouTubeチャンネルにアダム・スコットのアイアンショットの動画が投稿されていましのでシェアします。

 

アダム・スコットのアイアンショット動画a

アダム・スコットのアイアンショットです。こちらの動画では、けっこう芝生が取れてしまうようなショットになっていますが・・・よく見るとボールをクリーンに打っていることが判ります。アイアンクラブがボールにヒットしてから、クラブが地面に接触するというお手本の様なスイングです。

 

アイアンでボールをヒットしたところ

アイアンのフェース面がボールにヒットして、既にボールが離れていく(飛んでいく)ところの映像です。ボールをクリーンに打っていることになりますね。ゴルフクラブは芝生には接触していませんね。ボールをクリーンに打っていますから、フェースがボールを捉える時の良い音がしそうですね。

 

アイアンが芝生を剥ぐところ

ボールを打った後にアイアンクラブが芝生に接触して、芝生が剥がれていきます。ターフが取れる・・・という場面の映像ですね。芝生の取れ方もそれほど多くないという感じがしますね。

 

イメージ図で分析すると

アイアンクラブが下りてきて、フェース面がボールを捉えて、ボールを打ったあとにアイアンクラブが芝生に触れる・・・という感じですね。ですから、ボールを打ったあとにクラブが芝生に触れる。ボールを打ったあとにターフが取れるということになりますね。ターフが取れるというか、取れてしまうというか、それが自然な動きです。

 

アダム・スコットのアイアンショットは本当に美しい

アダム・スコットのアイアンショットは本当に美しいですね。とても参考になります。美しいスイングから美しい弾道が打ち放たれるというお手本のようなスイングですね。アダム・スコットのスイングをそのまま真似することは難しいかもしれませんが。

ターフを取るスイングというか・・・結果的にターフが取れるようなスイングが出来るということは素晴らしいことなのですが、けっこう身体に衝撃がくるんですよね。私の場合は首と背中が痛くなることがあります。自分の身体のことを考えると、ゴルフクラブが芝生に接触しないようなスイングの方が良いなと思うことがあります。また、ターフを取ってしまうと目土もしてあげなきゃいけませんからね。ターフを取らないアイアンショットは自分の身体とゴルフ場に優しいということかもしれませんね。

冬になって、ゴルフ場の芝生が枯れてきました。芝生が枯れてくると、アイアンが難しいと感じてしまいます。それは、芝生が枯れてしまってボールが芝生の上に乗りきっていないからですね。枯れた芝生の上だけど、芝生が枯れているから地面が見えたりしているような状態ですね。もうすこしボールをクリーンに打てるようになれると良いなと思っています。

アイアンショットでターフを取らない(あまりターフが取れない)ショットをするゴルファーというのはけっこう多いんですよね。例えば、リディア・コーもターフがあまり取れないタイプですね。スティーブ・ストリッカーもターフがあまり取れないショットをしていましたね。

 

アダム・スコット ウォームアップ動画

 

アダムスコットというゴルファー

アダム・スコットといえば、容姿端麗、紳士的でイケメン、ナイスガイという言葉がぴったりな選手ですね。そして、とてもスタイリッシュというかセンスが良いというか、ユニクロのウェアもアダム・スコットが着用をすることで、ウェアの素晴らしさが引き出されます。

 

アダム・スコットとユニクロ

ユニクロは日本のブランドです。ある程度の年齢に差し掛かった人であれば、1990年代のユニクロのことをご存知の人も多いかと思います。私もユニクロというブランドが日本で店舗展開を始めつつある時代のことを覚えています。安いだけ・・・というイメージがありました。ですが、今現在は世界的な有名ブランドとなりました。ユニクロと契約をしているプロゴルファーは世界でアダム・スコットのみです。選ばれた人と言えますね。ゴルフ技術だけではなく、スタイリッシュな容姿を含めて選ばれたのだろうと思います。

アダム・スコットとユニクロの関係の凄いところというか、軌跡というか・・・アダム・スコットとユニクロが契約をしたのが4月1日(正式には4月8日 or 9日)と言われています。アダム・スコットがマスターズで優勝をしたのが4月14日です。あっという間に、アダム・スコットとユニクロは世界が知る有名な選手とブランドになりました。アダム・スコットが優勝をするのを知っていたかのような・・・・

なにか持ってますよね・・・凡人には無い何かを持ってますよ。

ユニクロというブランド(企業)もアダム・スコットという選手も、どちらも世界的に有名であり認められていますからね。 何か持っているんだろうなと思います。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン