CONTENTS MENU
 

身体の捻転 肩を入れる誤解

ゴルフというスポーツは身体を捻転させます。その捻転具合を左の肩がアゴの下に入れるとか、右肩を引っ張るとか、色々な言葉で表現をします。私が以前に陥ったことのある誤解としては、左の肩をアゴに入れるです。

スポンサーリンク
 

肩はアゴの下に入っているのですが、身体が捻転をしていない状態となっていたのです。つまり、肩だけが回転しているというか、上半身だけを捻転させようとしていたという、悲惨な状態でした。上半身だけが捻転しているので下半身のパワーがまったく伝わらない非力なスイングとなってしまいます。

本当ならば、腰、腹部、胸、そして肩が捻転しなければいけません。捻り戻すときには脚力で蹴ることが大切ですね。なかなか、こういったことに気付くまでに時間を要するものです。

 
肩をアゴの下に入れるということだけを考えて捻転をさせると、上半身だけが捻転している形となります。下半身は捻転(回転)をしないので、おへそ も お腹も腰も正面を向いたままとなっています。自分自身では肩がアゴの下に入っているので、強烈な捻転が生まれていると思ってしまう誤解。捻転が出来ていると思っているけど、捻転が出来ていないので、捻り戻りのパワーはあまりないので、結局は手打ちのようになってしまう。

私がとった改善策としては、おへそ お腹を右に向けるというイメージで捻転をするようにしています。すると、自然と肩がアゴの下に入るか、肩がアゴに触れるようになります。捻転したときに本当に捻転が出来ているのかを自分の感覚でチェックするようにしています。また、左足の踵が少し浮くようにしています。

捻転をするときに気を付けていること

(1) おへそを右に向ける
(2) お腹を右に向ける
(3) 胸を右に向ける
(4) 股関節に圧を感じる

両足の内側にチカラを入れて股関節の間で身体を回転をするという感覚を持つようにしています。肩がアゴの下に入れるのではなくて、自然と肩がアゴの下に入ってきます。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
衰えないゴルフスイングを身につける 【 ゴルフトレーニング 】... 年齢を重ねるごとになんとなくスイングにパワーが無くなってきたなとラウンドをするごとに思います。昔であればアイアンショットでダフったとしても、チカラ任せに振りぬく事も出来たのですが、最近はダフってしまうと、ダフったときの衝撃が身体に伝わり、よろけてしまうこともあります。そして、斜面からのショットではフ...
練習は嘘をつかない 練習は嘘をつかないですね。本当にそう思います。常に頭の中にイメージしている自分のショットを具現化できるように、練習場でボールを打ちながら、自分の身体に覚えさせるようにしていくのですが、何度も繰り返すことで、どのような状況にあったとしても、再現されるようになると実感しています。今まで出来なかったことが...
歩くということを考えてみた 【 ゴルフのためのウォーキング 】... 以前にゴルフのために下半身を強くする 【 ゴルフ トレーニング 】という記事を書きました。 もういちど、歩くということを考えてみました。 いつ頃からでしょうか、歩くということ、ウォーキングをするということが一般的になってきたのは。昔はウォーキングをしていたり、ジョギングをする人は少なかったよう...
捻転差を感じて打つゴルフ 【 飛ばすスイング 】 ゴルフスイングには捻転が必須。そして、上半身(肩)と下半身(腰)の捻転差を作ることで強烈なエネルギーを蓄積したスイングをすることができます。ただ、それが出来るようになるには強い体幹も必要になります。 股関節に乗るということが出来るようになって来ると、強烈な捻転が出来ていると自分でも判るようになって...
SNS シェア