身体の捻転 肩を入れる誤解

ゴルフというスポーツは身体を捻転させます。その捻転具合を左の肩がアゴの下に入れるとか、右肩を引っ張るとか、色々な言葉で表現をします。私が以前に陥ったことのある誤解としては、左の肩をアゴに入れるです。

スポンサーリンク
 

肩はアゴの下に入っているのですが、身体が捻転をしていない状態となっていたのです。つまり、肩だけが回転しているというか、上半身だけを捻転させようとしていたという、悲惨な状態でした。上半身だけが捻転しているので下半身のパワーがまったく伝わらない非力なスイングとなってしまいます。

本当ならば、腰、腹部、胸、そして肩が捻転しなければいけません。捻り戻すときには脚力で蹴ることが大切ですね。なかなか、こういったことに気付くまでに時間を要するものです。

 
肩をアゴの下に入れるということだけを考えて捻転をさせると、上半身だけが捻転している形となります。下半身は捻転(回転)をしないので、おへそ も お腹も腰も正面を向いたままとなっています。自分自身では肩がアゴの下に入っているので、強烈な捻転が生まれていると思ってしまう誤解。捻転が出来ていると思っているけど、捻転が出来ていないので、捻り戻りのパワーはあまりないので、結局は手打ちのようになってしまう。

私がとった改善策としては、おへそ お腹を右に向けるというイメージで捻転をするようにしています。すると、自然と肩がアゴの下に入るか、肩がアゴに触れるようになります。捻転したときに本当に捻転が出来ているのかを自分の感覚でチェックするようにしています。また、左足の踵が少し浮くようにしています。

捻転をするときに気を付けていること

(1) おへそを右に向ける
(2) お腹を右に向ける
(3) 胸を右に向ける
(4) 股関節に圧を感じる

両足の内側にチカラを入れて股関節の間で身体を回転をするという感覚を持つようにしています。肩がアゴの下に入れるのではなくて、自然と肩がアゴの下に入ってきます。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
ストレッチを続けて捻転が深くなった 【 老化防止 】... ストレッチ強化を続けてそれほど時間は経過していないのですが、既に身体の柔らかさを感じています。もうすぐ春ですからね。しっかりとストレッチをして身体をつくっておこうと考えています。 そして、ストレッチに関しても短...
ヘッドスピードを上げるトレーニング... ヘッドスピードを上げるトレーニング 先日、レッスンの先生とヘッドスピードを上げることに関して色々とお話をしてきました。 実際のところボクのヘッドスピードは40程度です。フルスイングをしてHS41程度です。 です...
周辺視力のパッティング 【 ゴルフトレーニング 】... ゴルフをするうえで視力のことを知っておくと、色々な場面で役に立つことがあります。とくに周辺視野は、ゴルフスイング、パッティングには大切です。ゴルフというスポーツだけではなく、他のスポーツでも視力というのは、とても大切です...
強い捻転 と 上半身を支える強い下半身のゴルフ... 先日のゴルフラウンドで気付いたことがいくつあり、備忘録的に記載します。ドライバーショットは問題なし、ユーティリティー、フェアウェイウッドも問題なし、アプローチもまずまず、パターは・・・いつもアレですが。 そして...
ゴルフのためのストレッチ 【 身体がカタイ 】... 私は身体がカタイです。本当にカタイです。久しぶりに整体に行ったのですが先生もびっくりするほどのカタさです。自慢ではありませんが、前屈をして手が地面に届きません。本当にガチガチです。身体がカタイことを自慢しても何も良いこと...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ