飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ストレッチを続けて捻転が深くなった|老化防止

ストレッチ強化を続けてそれほど時間は経過していないのですが、既に身体の柔らかさを感じています。もうすぐ春ですからね。しっかりとストレッチをして身体をつくっておこうと考えています。

そして、ストレッチに関しても短期間で詳しくなりました。私が身体がカタイから前屈が出来ないと言っていた原因はタイトハムだったようです。脚の太ももの裏側、膝の裏側には脚の動きや下半身の動きに大きな影響を及ぼしていると言われているハムストリングスがあります。そのハムストリングスがとてもかたくなっていたことが原因のようです。ハムストリングスとは筋肉の総称です。しかもハムストリングスは鍛え難いらしいとのことです。

前屈をすると脚の裏側、太ももの裏側が引きつったような感覚になります。それが、ハムストリングスであり、ハムストリングスがかたくなってしまって前屈が出来ないということです。この症状をタイトハムと言うそうです。人間の身体は不思議でハムストリングスは腰の方の筋肉にもつながっています。ハムストリングスが硬くなってしまうと腰も硬くなってしまい腰痛になりやすいようです。

そしてストレッチを続けていて判ってきたのがハムストリングスが伸びるようになって柔らかくなると股関節にも良い影響を与えるようです。つまり、股関節の可動域が広がってくるようです。骨盤と呼ばれる骨の集まりは股関節の間に挟まれるようにあります。ゴルフスイングで必要となる腰の回転というのは、腰周りの骨が回転するのではなくて、股関節が可動するというような動きになります。

もちろん前屈、長座前屈だけではなく股関節の柔軟も必要となりますし、上半身の柔軟も必要となってきます。ゴルフというスポーツは身体を捻転しますので、身体が硬いよりも柔らかい方が良いはずです。身体が硬いとゴルフというスポーツでは何が不利かと言うと、やはり深い捻転が出来ないということです。捻転が出来ないということは、バックスイングでエネルギーを蓄積することが出来なくなります。捻転という言葉が誤解を招きやすいのですが、上半身だけを捻るわけではありません。腰が回転して、上半身・胸・腕が回転をしますから、やはり腰の回転、股関節周りの柔軟性が重要になってきます。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

ストレッチをして股関節周り、腰周りを柔らかくすることで今まで以上に深い捻転が出来るだろうと思いますし、股関節に乗る という言葉があるように股関節には捻転で発生する負荷が掛かります。松山英樹選手も股関節が痛いと言っておりましたが、負荷が掛かりすぎると負傷することもあります。実際には腰を回転するのではなく股関節を可動させるというか股関節を廻旋させるというのが適切な表現なのかもしれまんね。

いつまでも若いままだと思っていたら大間違いですね。年齢と共に身体が老化をしているのだろうと思います。その老化を少しでも遅延させるにはストレッチが必要不可欠だということを痛感しました。

中部銀次郎さんもストレッチをすることがサラリーマン・ゴルファーにとっては飛距離アップにつながる簡単なトレーニング だと書籍に書いていましたからね。

肩甲骨と股関節を柔軟にする ストレッチハーツ

ストレッチハーツは、肩甲骨と股関節の柔軟性を取り戻すことができる健康器具です。使い方は、とても簡単です。下の肩甲骨のイラストを見て判るように、ストレッチハーツで肩甲骨の可動域を広げて、柔軟性のあるゴルフスイングが実現できます。トップスイングが低いのは、肩甲骨が硬くて、上がらないというゴルファーに向いています。ヘッドスピードが遅くなったと思って、トレーニングをしても、イマイチ変化が無いと思ったら、柔軟性が失われている可能性があります。ストレッチハーツで、柔軟な肩甲骨と股関節を取り戻しましょう!

BEFORE AFTER
肩甲骨周囲筋を柔軟になったときのメリット

  • 下半身と上半身の捻転差を大きく作れる
  • 深い捻転ができる・肩がアゴ下に容易に入る
  • トップスイングが高くなる
  • 肩と肩甲骨がスムーズに動く
  • アドレスが綺麗になる

 

自宅で簡単に腰痛改善ストレッチ

自宅で簡単に腰痛改善ストレッチができる、中川式ストレッチングベンチプラスの紹介です。圧迫されて椎間板が狭くなって腰痛となってしまいます。また、ハムストリングが硬くなると、前屈がし難くなり、腰周りの動きに負担が掛かってしまいます。ゴルフスイングが悪いとか打ち方が悪いのではなくて、筋肉が硬くなってしまったことが原因となっている腰痛が多いです。

日々、精進
がんばります

関連投稿記事
ドライバー飛距離アップを目指すと悩みだすこと
views 175
ドライバーの飛距離アップを目指すと、色々な壁にぶち当たります。そして、解決ができないと、余計に悩んでしまって、迷走してしまうこともありますの...
ドライバーの苦手意識を克服する
views 248
ドライバーの苦手意識を克服する 目次 自信喪失が原因 練習場では打てるけど、ゴルフ場では打てない 苦手意識を克服する 技術向...
飛ばすために鍛える3部位 体幹・上腕・脚力 | ゴルフトレーニング...
views 80
飛ばすために鍛える3部位 体幹・上腕・脚力 | ゴルフトレーニング 飛ばすために鍛える3部位 体幹・上腕・脚力 ドライバー飛距離アッ...
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離
views 95
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離 飛距離アップするために柔軟性が必要 ゴルフのストレッチと股関節の柔軟性 ゴルフのストレッチと肩甲骨...
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング
views 63
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング 下半身より手が使いやすいからゴルフで飛ばせない 下半身を鍛えておくことで、下半身から動かせ...
ゴルフスイングで力を入れる場所
views 154
色々な打ち方、ゴルフ技術書を読んでみたけど、なかなか飛距離アップができない、手打ちになってしまう、ヘッドが加速する感じがしないという場合は、...
ベン・ホーガンの提唱するインパクトの形
views 118
フェースローテーション、アームローテーションは必要なのかどうかという話題は、昔ほど議論になることは、少なくなってきた感じがします。私は、ロー...
ゴルフスイングでクラブを加速させるタイミング
views 1161
ゴルフスイングでクラブを加速させることが出来れば、もうすこし飛距離が伸びるような気がしますので、クラブを加速させるタイミングや方法を追求中で...
ドライバーの飛距離が180ヤードしか飛ばない理由と原因
views 115
ドライバーの飛距離が180ヤードしか飛ばない理由と原因 ドライバーが飛ばない原因 ドライバーの飛距離が飛ばないのは、スライスボー...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ